大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ヴォイトレ自己啓発小説を書きました。

      2019/06/06

ずっとPCの中で眠っていた、この小説を、
白日の下に引っ張り出したのは、
若きプロデューサー・菊地大樹氏

雑談中、
「昔こんなの書いたんだけど、
いつか世の中に出したいのよね。」
と話したら、ぜひ読ませて欲しいと言ってくれて。

すぐに読了してくれた菊地氏から、
熱い感想と共に、
「これ、出さなくちゃだめでしょ」
という激励のお言葉が届きました。

 

ぶっちゃけ、私自身、愛してやまない小説です。
主人公たちが大好きで、
みんなの生き生きしたようすが好きで、
書き上げてからも、何回も読みました。

書き上げた当初、なんとか出版したくて、
出版社の方に読んでもらったこともあります。

「本自体はとてもよくできています。
いつか出したいですね。」

ありがたいお褒めのことばと、

「ただ、小説は単体で売るのはすごく難しいので、
まずは売れる本をつくりましょう。」

という、ごもっともなご意見をいただき、

世界初の(と勝手に私が決めている)ヴォイトレ自己啓発小説は、
いつか日の目を見ることを夢見て、
私のPCの中でじ〜っと、その時を待つことになりました。

 

しかしね。

もっともっとたくさんの人に読んでもらえる本をつくろうと、
続けている私の旅は、これ、山あり谷あり。

思っていたようなスピードでは進んでくれません。

気づけば小説”Lennon”を書いてから、
7年の時が流れました。

このまま作品のコアになるアイディア部分が風化して、
一生出せなくなってしまうのではないか、

そんな風に思い始めていた矢先の、菊地氏の登場でした。

 

まずはこっそり、弟子たちに読んでもらいました。

そして、MTLの修了生に。
さらに、メルマガ読者さんたちに・・・

 

そんな風に少しずつ、公開範囲を広げながら、
届いたみなさんからの温かい感想メッセージに、
全面公開の勇気をいただきました。

 

たくさんの反響をいただいて、
ネット上で話題になれば、
いつか紙の本になることも夢じゃないらしい。

紙の本として出版したいという想いは、
もちろん、まだまだありますが、

それより、なにより、
この物語を、声に悩む全ての人に届けたい。

ひとりでも多くの人に、
愛する主人公たちを知って欲しい。

 

だから、勇気を振り絞って、公開します。

ご希望の方はこちらのページから。

すべて、無料です。

“Lennon”

 - My History, ごあいさつ・お知らせ

  関連記事

リスペクトくださいっ!

私の通った女子校には、なんとも不思議な風習がありました。 学校のある駅を降りた瞬 …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

no image
心機一転、リニューアルスタートです!

  『シゴタノ!』大橋悦夫さんに手取り足取りご指導いただき、 『声出し …

期待される人であれ。

ニューヨーク時代のこと。週1回、ジャズダンススタジオでレッスンを受けていました。 …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …

「楽しい!」「おもしろい!」が正しい学び方。

末原拓馬くん(以下タクちゃん)と私の出会いは、 かれこれ15~6年くらい前にさか …

「道場破り」「ゲリラ戦」「修行」・・・?

アマチュア時代、ちょっとでも自分の顔を売りたくて、 いろんな人のセッションやライ …

直感に突き動かされて、崖から飛び降りる

行動のきっかけは、いつだって、 ちょっとした思いつき、衝動、閃き、出来心。 即断 …

オーディションに失敗したくらいで、いちいち落ち込んでる暇なんかないのだ。

長年業界におりますが、 いわゆる「オーディション」を受けたのは2回だけ。 2度と …

で?なにがやりたいわけ?

高校時代、多重録音というものへのあこがれが高じ、 ラジカセをふたつ向かい合わせに …