大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

MTL14周年〜「苦労話」は、明日へのエネルギー!〜

   

歌うこと以外の仕事をすることなど、
これっぽっちも考えていなかった私が、
断り切れずに音楽学校で教えはじめたのは1999年のこと。

1年、2年と勉強してきたはずの学生たちの、
こんなことも知らないの?え?これもできないの?
というようすに驚愕。
彼らの修行期間を少しでも短くしてあげたい一心で、
自分のカラダや歌を研究しながら、メソッドをつくりはじめました。

当時は、うるゴメでWarnerからメジャーデビューしたばかり。
Beppも盛り上がっていたし、
スタジオ中心に仕事もバリバリやっていて、
「別に仕事困ってないけど、
ま、老後のために後進指導のノウハウをためておくのもいっか・・・」
くらいの、罰当たりかつ、軽い気持ちではじめたトレーナーのお仕事でした。

やがて、レッスンが評判になり、
京都の音楽学校にも教えにいくようになり、
最初のヴォイトレ本の出版が決まり・・・

このメソッドを世に広めることが、
自分のミッションなのかもしれないと、しぶしぶ認めて、
「ヴォイストレーナー」という看板を出したとたんに、
名だたる有名アーティストたちのヴォイトレや、
大手事務所の育成事業のお仕事が次々入って来ました。

運命の後押しを感じるってこういうことなんだ。
音楽の仕事をしている時には感じられなかった、
大きな流れに乗っかったような感覚でした。

スケジュール管理をお願いしていた事務所から独立すべく、
起業の勉強をはじめ、1年後の2008年8月8日、
今もお世話になっている会計士の森安理恵先生のお力を借りて、
マジカルトレーニングラボ株式会社を起業しました。

勇気を出してご連絡したデザイナ−、ウジトモコさんに、
素晴らしいHPをつくってもらえることになったり、

手帳と電話とPCと・・・とあっちこっちで管理すると、
なにか間違いが起こりそうだし、
どうしよう・・・と悩んでいたら、
そのタイミングでiPhoneが登場したり。

まぁ、ついてました。本当に。

そうそう。
伝説の山本印店で素敵なハンコもつくってもらったなぁ。

ワクワクドキドキ起業したけど、
最初は、前事務所から仕事のバトンをなかなか受け渡してもらえなかったり、
満を持してスタートしたセミナーに、
ひとりもお客さんが来てくれなかったり、

毎日不安で、貧乏くさくて、
大泣きしたことも、そりゃあいっぱいあって。

あれから14年もの時間が経ったなんて、
いやー、ちょっとぉ、全然信じらんないんですけど。。。

そして、振り返れば、苦労したことほど、
宝物のようにキラキラいい思い出で。

コロナ禍で、これまでのやり方が通用しなくなって2年半。
くふうとか、本気度とか、ガッツとか、
いろんなことを試されている気がします。

しかしね。

振り返れば、必ず、カラカラと高笑いできる日がくる。
懐かしいね〜。あの時、大変だったよね〜。
と、また苦労ネタを自慢げに披露しまくれる時がくる。

2022年8月8日。

MTLは、ここからまた、新たなフェーズに立ち、スタートを切ります。

いつもMTLを愛してくださるみなさん。
影になり日向になり、支えてくれるインストラクターズ。
惜しみなくその力を貸してくれる、
スタッフのみなさん、関係各社のみなさん。
そして、もちろんジェフ夫さんにも。

いつも本当にありがとうございます!
そして、15年目のMTLも、
ますます、よろしくお願いいたします!

*写真は、2008年起業当初のレッスンルームと私のプロフィール写真、そして愛しの名刺です。

 

 - Day-to-day, My History, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

「所詮同じ人間」という前提に立つ。

誰かにできて、自分にできないことを、 生まれや育ちの違いのせいにしてしまうのは、 …

80sを語ったっていいと思う

少し前、学生に「最近どんなの聞いてるの?」と質問したら、 「僕、結構古い音楽が好 …

それはプラシーボじゃないのか?

いい楽器は、いい音がする。 名のある歌手は、やっぱりうまい。 高価なフルーツは、 …

おわりははじまり。

酉の市が立ちはじめると、 あぁ、もう年末よね、と感じてしまいます。 そもそも日本 …

人に会うな!

「人に会うな!」 実に強烈なメッセージです。 ミュージシャンは人に会ってなんぼの …

「教える者」であるということ

学生時代。 先生が生徒をジャッジするより、 生徒が先生をジャッジすることの方が圧 …

「彼の演奏は完璧だ。だけど、彼の演奏はEmpty(空っぽ)なんだ。」

「この歌手は”お上手”過ぎて、面白くもなんともねーな。」 …

まず、「やれます」と言ってみる。

「なんで英語で歌詞がかけるんですか?」と、 よく質問されます。 私はいわゆる帰国 …

「やりたい」と「できる」と「やる」

「音大目指すなんて、今からじゃ無理よ」 中学2年の時に、 とある音楽教室の先生に …

「完全無欠」を更新する。

「自分の頭の中にあることのすべてを文字化したい」などという、 イカれた考えに捕ら …