大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

譜面台を立てる時のチェックポイント〜プロローグ〜

   

こちらのブログで繰り返し語っているように、

「ヴォーカリストたるもの、
人前で歌うなら歌詞を覚えるのは当たり前。」

その考えは今も変わりません。
カラダに入っていないものは表現できないのです。


そんな信念を貫くために、
これまでどんなに不安な時も、苦しい時も、
意地になって譜面台を立てず、
歌詞カードをおかず、を貫いてきました。

 

しかし・・・です。

一昨年くらいからギターを弾きながら歌いたいステージが続きまして。

それなりに練習を積んでも、
ギターのコードだけはどうやっても覚えられない。

いや、正確に言えば、
「これで覚えた!よっしゃ!」とステージに立ったはずなのに、
きれいさっぱりすっぽ抜けてしまう事件(?)が何度か続きました。


前回のDazy’sライブなどでは、
自信満々だった曲のコードが、文字通りひとつも思い出せず。
最初から最後までギターは、
単なる「でっかいアクセサリー」となってしまったりもしました。

これには相当がっかりしました。

いや、実際、
ギターに関しては本当にブランクも長いし、
自信があるわけでもないので、
難しい曲はパスするし、
難しいコードはカポつけて簡単にする。

そうやって、工夫に工夫を重ねながら、
ギターのあるときは歌よりギターを練習するくらい。

それでも、「あーあ」となる。

こういうのは脳の経路の問題らしく・・・。
どうやら若い頃にちゃんと習慣化すれば、
脳の経路はしっかりできるらしい。

もちろん、大人になっても、
経路をつけることはできるのだけど、
それなりに時間と努力がいるらしいのです。


練習のときはなんとかなっても、
目の前を大量の音や視覚情報が飛び交う本番は、
いやはやびっくりするくらい吹っ飛ぶ。

そうやって、明らかに間違ったコードを弾いて、
肝心の歌がボロくなったり、
言い訳して、諸先輩方に叱られたり・・・。

もう、完全にダメなアマチュアです。

 

こうなると、三択を迫られます。

1. ギターを弾くのを諦める←絶対にいや

2. 自分のギターの音を一切出さないでもらう
←音が出ないとなおさら酷く間違えるし、単なるご迷惑。

3. カンペを貼る。もしくは譜面を見る。

特に先日のMaybe’sのライブのように、
サウンド的に大事なパートを担当することになると、
もう選択肢は<3>以外にはありません。

 

そこで、今回のMaybe’s ライブでは、
何十年ぶりかで譜面台をドカンとステージの真ん中に据え、
勇気を出して全曲分譜面を準備してライブに挑みました。

 

ところがです。

ここで予想外の気づきがたくさんありました・・・

 

というわけで、前置きが長くなりすぎて、
肝心の内容にたどり着かないうちに結構な長さになったので、
この続き、『譜面台を立てる時のチェックポイント』本編はまた明日!

◆【ヴォイトレ365】プロからアマチュアまで声と歌に興味のある方必見のマニアックな情報を365日間毎朝配信中。バックナンバーも読めます。ご登録はこちらから。
【第5期 MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12】 受講受付中!

 - Live! Live! Live!, My History, The プロフェッショナル

  関連記事

「見せ方」にこだわる

Honda ZのCMのお仕事で、ZZ topのボーカルレコーディングに立ち会うた …

「これ、誰がOK出したの?」

仕事柄、たくさんのアーティストや、その卵たちから、 自主制作音源や、インディーズ …

価値は受け手が決める 受け手は送り手が選ぶ

他に認めてもらうことで、はじめてその価値が生まれるというものがあります。 誰かの …

そのパフォーマンスはレコーディングに耐えうるか?

レコーディング・クオリティというと、 通常、録音のクオリティを差すことが多いので …

「そういう素人臭いのじゃなくて、ちゃんとフレーズ歌って!」

「声くださ〜い」   音楽の現場に長くいるので、 この「声ください」と …

「そんなこと、基本の「き」だろう!!?」

某ビール会社のCM制作のお仕事で、 ある著名なボーカリストが歌うイメージソングに …

歌は1人で歌うものではなく、チームプレー

「歌は1人で歌うものではなく、チームプレー」 今日、週末に大きなライブをひかえた …

一生OKの出ない地獄

「あ〜、今のとこ、ちょっと音取れてないみたいなんで、 もう1回お願いします。」 …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

「時間を忘れて夢中になる人」だけが、プロフェッショナルとなる

「ボクね、コーヒー飲もうと思って口に入れるでしょ。 で、そのまま機材の調整はじめ …