大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

期待される人であれ。

   

ニューヨーク時代のこと。
週1回、ジャズダンススタジオでレッスンを受けていました。

世界中からプロダンサーが集まるスタジオです。
中級以上のクラスは、いつもショーを見るような迫力で、
ただただ、見とれるばかり。


私が取っていたのは「踊るのためのカラダづくり」が目的の、
初心者向けクラスでした。

全レッスン時間の4分の3以上がストレッチと筋トレで、
地味でオタッキーなレッスンが大好きな私にはぴったり。

最後にちょっとだけ曲をかけて、
インストラクターが短い振り付けをします。

 

ある日、インストラクターのレスティフォさんが、
私が完コピをしていたチャカ・カーンの曲を流しながら、
短い振り付けをはじめました。

 

振り付けというと、
いかにも華麗に踊っている風ですが、まぁ、なんちゃってです。

それでも、得意のチャカの曲。
しかもレパートリーの1曲。
たいして身体は動かないんですが、
不思議に、ものすごくエネルギーが乗りました。

 

2グループに分かれて、
交代にパフォーマンスをしていた時のことです。

イントロが流れる瞬間に、
レスティフォさんが、みんなの注意を私の方に向けながら、

「彼女の踊りを見ていて。
彼女は曲を感じて、それを全身で表現しているのよ。」

と、言っているのが目に入ってしまいました。

 

みんなの視線が一斉に私に注がれます。

テンパりました。

いいとこ見せなくちゃ、という気持ちと同じくらい、
失敗したらどうしよう、と緊張し・・・
振り付けすべてが、見事にぶっ飛びました。

私はモジモジし、照れ笑いを浮かべながら、
なんとか、その場をやり過ごすことに必死でした。

 

みんなが呆れたような、がっかりしたような顔をした、その時です。
レスティフォさんが私に向かって、こう言いました。

「自意識過剰もいい加減にしなさい!
できないからって、モジモジうじうじ踊るなんて、みっともないっ!」

私に期待し、みんなのお手本になって欲しいと思ってくれていた、

 

レスティフォさんの思いを、私は見事に裏切ったのです。

 

もうずっとずっと昔のことなのに、
私は、あの時のレスティフォさんの、
がっかりした顔を忘れることができません。

 

期待にこたえられなかったことが悔しかった。

自意識過剰になって、
モジモジ、へらへらしてしまった自分が許せなかった。

なにより、大切なシーンで、
実力を出せなかった自分が腹立たしかった。。

 

私は、あれ以来、
一度だって、人前でパフォーマンスをするときに、
モジモジ、うじうじ、へらへらしたことはありません。
あんな後味の悪い想いは、一生に一回だけで充分です。

 

実力が追いつかないなら仕方ない。
しかし、大切な場面で力を出し切れないことは、
悔やんでも悔やみきれない。

まして、自意識過剰になって、
照れ笑いや追従笑いを浮かべるなんて、
負け犬や卑怯者のやることだ。

 

いつもいつも最高のパフォーマンスができなかったとしても、
せめて、期待してくれる人の思いに恥じない、
精一杯の自己表現をしていこう。

 

そう心に誓ったできごとでした。 

 - My History, 夢を叶える

  関連記事

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、 「リビドーですよ」と答えたア …

アーティストたちの「本気度」

プロのアーティストや、その卵たちにとって、 もっとも大切なことは「結果を出すこと …

完成しない作品は、「作品」ではない

ずいぶん昔。 ユーミンがとあるラジオ番組で、 「美大で日本画を専攻していた」とい …

「選ばれる基準」

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」とは、 日本の最高額紙幣に印刷され …

「完璧」の基準が「自分」がつくる。

何年か前まで、夏休みの宿題として、 「大好きな曲を1曲だけ選んで、徹底的に練習し …

ありがとう

2017年も間もなく終わろうとしています。 みなさんにとって、2017年はどんな …

デビューにこぎ着けた若者に共通の特徴

最近、かつての教え子たちの活躍がめざましく、 SNSなど開くたびに彼らのニュース …

「そんなピッチで気持ち悪いと思わない自分をなんとかした方がいいよ」

「ああ〜〜、やめてぇ〜〜、気持ち悪いぃ〜〜〜っ」 音楽がなんとなくわかった気にな …

「強制OFF日」=ジャミーデーをつくる

命の次に大好きな音楽が仕事になった20代の頃は、 24時間音楽のことが頭から離れ …