大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「エアギター」のススメ

   

ギターリストになりたくて、
明けても暮れても練習していた時代があります。

今やこれを語るときはネタ扱いですが、
当時は、本当に真剣に練習し、
ちっとも上達しないことを、本気で悩みました。

ジェフ・ベックみたいに弾きたいのに、
どうやって弾いたらジェフ・ベックになるのか、
まったくわからないわけです。

音量を大きくしてみました。
→苦情が来た。

手当たり次第エフェクターを繋げてみました。
→音がぐっちゃぐっちゃでわけわからなくなった。

ジェフ・ベック奏法の本を買って、練習してみました。
→”ジェフズ・ブギー”とか”グリーンスリーブス”とか、
とにかく教本見ながら弾ける曲の、弾けるとこだけ練習したけど、
結局一番弾きたいギターソロは手も足も出なかった。
(後年、ぼろくそに言われた、あの、教則本です)

ジェフ・ベックとおんなじ弦を張ってみました。
→太すぎて、全然うまく弾けなかった。
(後年、そういうウソな情報鵜呑みにしてたんだ。。と言われた弦です。)

ジェフベックのギターっぽくするために、
ギターをあちこち削ってみた。
→シロウトがやりがちな愚行。

そうして、なにをやっても弾けなかった私は、
ロック好きの若者なら、
絶対密かにやったことのあるはずの、
例の行為に没頭します。

 

そう。エアギターです。

一応、ちゃんとギター持ってやるんですよ。
気分は弾けてるんです。
弾けるとこだけ、ちゃんと一緒に弾く。
でも、基本はエア。

まぁ、思い出すだに、
小っ恥ずかしい行動ですが、
お話はここからです!

このエアギター、
よりちゃんと弾けてる気分になるためには、
指の動きとか、右手の動きは、
シンクロしなくちゃダメなんです。

だって、気分はジェフ・ベックですから、
ジェフ・ベックが「くぃーん」するときには、
チョーキングして、
「ガガガガガガ」するときには、
一緒にピッキングして、
「てぃらり りらり りらり」するときは、
一緒にハンマリングやプリングやスライドしなくちゃいけない。

だからめっちゃ音源聞くんですね。

で、この細かいフレーズを覚えるのに、
最も手っ取り早いのは、口コピでした。

ジェフ・ベックのギターを口でコピーして、
その自分の口コピーにあわせて、
エアギターをやるわけです。

おかげで、自慢じゃないけど、
今でも「あ、そのフレーズ違う」とか、
すぐわかっちゃう曲が、結構あります。

さて。

実はこの、
「あんた、なにやってんの?」みたいな行動が、
歌の練習に、もの凄くよかったらしい。

エレキのバッキングでビートを刻む感じ。
ドラムやベースとシンクロしていく感覚。
ロック的なグルーブ感。
1音1音を立てる感覚。
バイオリン奏法のように、音をフェイドイン&アウトする方法。
速弾きを口でリズムよく、ビートよく再現するコツ。
高い音から、低い音まで、メロが移り変わっていく感覚。
そして、コード進行の中で、
自由自在に繰り出されるフレーズの動き。

聞くたびに発見と驚きの連続だったインスト曲を
とにかく夢中になって聞き込んだことで、
さまざまな楽器の音、
ロックのグルーブを全身で感じられるようになった気がします。

およそ、歌の練習とかけ離れた、
ギターの口コピとエアギター。

まぁ、人様にオススメするようなことではありませんが。
(恥ずかしいし)

なんでも楽しんで、夢中で取り組むことは、
無駄にならないんだよなと、
今でも時々こっそりエアギターをしながら思うのです。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。
◆ 一から歌を学びたいという方にも、基礎を見直したいというプロの方にも。オンラインのお得なBasic3パック

 - B面Blog, My History, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

歌も演奏も一瞬で上達する華麗なる方法

長年にわたり、音楽学校や音楽大学で、 学生のアンサンブル授業を担当してきました。 …

カバー曲の歌唱にオリジナリティをプラスする3つの方法

「オリジナリティ」と「クセ」は紙一重です。   「オリジナリティあふれ …

no image
なくて七癖、カツゼツ編

自分の発音のクセ、知っていますか? 方言やアクセントの話ではありません。 50音 …

no image
人はアウトプットすることで成長する

「学ぶ」といえば、本を読んだり、音楽を聴いたり、人の話を聞いたりと、 インプット …

「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …

ことばに「自分の匂い」をしみつける

ことばには、話す人の匂いがあります。 同じことを言うのにも、ことばの選び方や言い …

「そこまでやる?」がオーラになる。

「そこまでやらなくても・・・」 思わず、そんな風に言いたくなるほど、こだわりの強 …

熱意とか、負けん気とか、激しさとか、悔しさとか。

MTL Live2017、大盛況の元に終了いたしました。 ご参加いただいたみなさ …

『きみ、ホントに、よくプロになれたよねぇ。』①

『コーラス上達法』の続きを書こうと思ってつらつら思い巡らせているうちに、 自分の …

バブル期のカラオケ制作現場は、めっちゃすごかった!

「わかってんの? プロのミュージシャンとかいうのは、歌謡曲のカラオケつくったり、 …