大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

本当の声。好きな声。売れる声。

   

私、「自分の本当の声」がわからなくなっちゃって・・・。
私の「本当の声」って、どんな声なんでしょう?
どんな声を出したらいいんでしょう?

そんな悩みを聞くたびに、
日本人って、どれだけ「ひな形文化」に毒されているんだろうと、
残念な気持ちになります。

今ある声が、自分の声。
どんな色も、どんな音も、どんな形も、全部含めて自分自身。

こんな悩みを持つ人のほとんどが、
本来出るはずの声が、
緊張や自意識で押しつぶされ、押し戻され、
声を出すという行為に
「こんなはずじゃない」と、
無意識のフラストレーションを感じています。

「本当の声」がわからないんじゃなく、
気持ちよく声が出ていないから違和感を感じているんですね。

 

「自分の声が嫌い」という人に、
「じゃ、どんな声なら好きなの?」と質問すると、
たいがいの人は、「え?」と黙ってしまいます。

嫌いなのは、「自分の声」じゃない。
「自分が出す声」。

つまり、自分が出している声だから嫌いなんです。

そうした場合、変えるべきは声そのものではなくて、
自分自身に対する態度である場合がほとんどです。

自己認識や自己評価を変えれば、
声に対する意識も変わっていくものです。

 

業界では、こんな、「好きな声」「嫌いな声」「ホントの声」、
などというカテゴリーの他に、
「売れる声」というカテゴリーがあります。

 

「キミの声は売れないって言われたんです」。

デリカシーのない人間の心ないことばに振り回されて、
歌うジャンルを変えたり、
自分自身の歌い方のスタイルを変えたり・・・

そんな不毛で、悲しい努力をしてしまう人がたくさんいます。

 

じゃあ、どんな声なら、売れるのか?

 

答えを知っている人は、誰もいません。

 

「売れた人の声」というのはある。

でも、「売れた人の声」に似た声だったら、
「あぁ、○○みたいな声だね」と言われ、
一段価値が下がるのが業界というもの。

二番煎じやキャラかぶりはNGだからですね。

 

「ぐっとくる声」というものある。

でも、「ぐっとくる声」は人によってみんな違う。

ハスキーなロック声にぐっとくる人もいれば、
限りなく透明な、滑らかな声がたまらないという人もいる。
初音ミクの声に萌える、なんて人もいる。

ぐっとくる声の売れてない歌手なんて、
ごまんといるじゃありませんか。

 

仮に、「売れる声」という声のジャンルがあったとして、
そんな声のシンガーばかりが登場したら、
あっという間に飽きられて、
それは「売れない声」になってしまう。

「なに?この声?」が、やがて時の声になるときもある。

 

声は人なり。

自分自身を愛するように、
自分の声を愛したい。

自分の声を信じたい。

タグ付けなんか、どうでもいいんですよね。

 

◆ ビジネスマンのためのヴォイトレ・ワークショップBizLab(ビズラボ) 開講!詳細はこちら。◆2019年7月7日(日)MTLワークショップ in 鹿児島 vol.3
『ボヘミアン・ラプソディー』開催!

 - 声のはなし, 謎の質問シリーズ

  関連記事

「お前、練習してんのか?」

先日、とある忘年会で、大先輩のミュージシャンに、 「MISUMI、ビジネスはいい …

no image
ボイトレHacks!?

昨日のブログでご紹介した8月3日のクリニック。 下記のような、3つのステップを踏 …

出音=声にこだわるべ〜し!

出た瞬間の「音」が勝負。 いろいろなところで、そう書いてきました。 一流は「音」 …

「あの人、ノド大丈夫かな?」

仕事柄、お芝居やミュージカルなど、さまざまな舞台にお招きいただきます。 レッスン …

飲み会で声が枯れる理由

昨日お仕事納め、そこから忘年会だったという方も、 たくさんいらっしゃるのではない …

no image
声の老化は隠せない

「うっそぉ〜〜。ほんとにぃ〜〜?」 30年以上も前でしょうか? 女子中高校生たち …

声の不調症状ランキングno.1 「痰がからむ」

レッスンで、教え子やクライアントの声の状態が悪いと感じると、 いつも本当にドキリ …

「一般の人は声に興味なんかないんですよ。」

もう何回言われてきたんでしょう。   「一般の人は声に興味なんかないん …

声帯様、ごめんなさい。

“鉄のノド”、MISUMIです。 いや、”鉄 …

「声ってなんだろう?」

「声ってなんだろう?」 この疑問の明確な答えを、ずっと追い求めています。 &nb …