大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ティーンエイジャーという名の憂鬱

   

プライベートレッスンでは、事務所さんやレコード会社さんから、活躍中のアーティストや育成中のアーティストをお預かりすることが、多々あります。
自らうちの存在を発掘して、自腹でやってくる中堅どころのアーティストたちと違って、基本、「送り込まれてくる」彼ら。

時には小学生や中学校低学年という子どももいますが、そのほとんどがティーンエイジャー〜20代半ばくらいの若者です。

これがね〜。めんどうくさい。

自意識が高まってくる年頃だからなのか、はたまた、ホルモンの関係か。

たとえば、具体的にどうめんどうくさいかというと….

・レッスン中にいきなり号泣する。
・やる気を見せようと、やたら早くレッスンにやって来る。
・説明している最中も、声を出したがる。
・いきなり悩み相談がはじまる。
・お菓子が主食。野菜やフルーツはゴミが出るから買わないという生活で、頻繁に体調を崩す。
・質問すると、気の利いたことを言おうと構える。気取る。カッコつける。
・他の子と自分を引き比べて、落ち込んだり、優越感を持ったりする。
・ダイエットのことで頭がいっぱいで、ずっと体重のことを口にする。
・駅から徒歩6〜7分の、弊社レッスン室まで歩けなくてと、タクシーに乗ってくる。
・ちょっとできないと、自分はダメなんです!と、落ち込む。泣き出す。
・ず〜っと鏡の中の自分を見つめている。
・レッスン中にあからさまに、別のことを考えている。

ね?めんどくさいでしょ?

スタッフさんに報告をされたら困るからか、はたまた、私を怒らせたらとんでもなく怖いぞとスタッフさんに吹き込まれているからか、あからさまに反抗してくる子は、もちろんいません。

けどね、こうした、「めんどくささ」を放置したままでは、レッスンは身につかないもの。
そもそも、声なんて、エネルギーだから、あっちこっちよそ見してたらいい声なんか出ないんですね。
お預かりするからには、少しでもいい状態にしたい。成長させたい。

そうなると、もう、がぶっと四つに組むしかありません。
徹底的にヒアリングをする。
可能な限り、自信を育む。
同情し過ぎず、突き放さずという適正距離を保ちつつ、どんどん、相手の心に切り込んでいく…。

十分なレッスン期間をいただける時は、これで、少しずつ信頼関係が築けますし、それとともに歌の実力もぐんぐん身についていくもんなんですが、まぁ、今はそんな余裕のある時代ではないので、結局心に触れられないままだったなぁという間に、レッスン期間が終了してしまうこともしばしば。
折に触れ、あの子どうしてるかなぁと、遠い目になったりします。

でもね。
そんなアーティストたちがおとなになって、いきなり連絡をくれたり、思わぬところで再会して、「あのときのレッスンのおかげで、自分はこんな風に今も歌ってます」というようなことを言ってもらったりすると、もう本当に、涙がちょちょぎれる程嬉しいものです。
先日も、そんなことがあって、あぁ、幸せな仕事をさせてもらってるなぁと冥利につきたところです。

今日は、もう長年お預かりしているティーンエイジャーのレッスンがありました。
充分めんどうくさいお年頃なんだけど、すっかり信頼関係ができているからか、よほど私が怖いのか、もう、めちゃくちゃ素直。
で、素直にされればされるほど、思いっきりしごいてしまうドSな私。

なんし、若者ってのは、鮮やかな未来エネルギーを発していて。レッスンのたびに、勇気と元気をたくさんもらってます。


■無料メルマガ『声出していこうっ!』。
ブログから踏み込んでディープなお話や、セミナーや講座、スクールなどの情報もお届けします。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。バックナンバーも読めますのでぜひ。ご購読はこちらから。

 - Life, MISUMIの日記&メッセージ, ヴォイストレーナーという仕事, 今日のレッスンから

  関連記事

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

すべては「可能」であり、「正しい」は自分が決めるのだ。

「クラシック」という音楽のイメージに、 ヨーロッパ的華やかさと優雅さを重ね、 妄 …

頭を2針縫いましてん。

3日ほど前の夜中のことです。 打ち合わせと称する飲み会からの帰り道、 ジェフ夫さ …

「たった5分」に情熱を傾けるのは不毛ですか?

高校時代のお話です。 文化祭前に来る日も来る日も練習に明け暮れる私に、 同級生の …

ありがとう

2017年も間もなく終わろうとしています。 みなさんにとって、2017年はどんな …

まだなんにも終わってないし、これからはじまることだって、たくさんある。

ここのところ、本当にいろんなことがあって、 しょげたり、凹んだり、疲れ切ったり。 …

ちょっと「なんか」言われたぐらいでって言いますけど。

大人というのは「なんか」言うものです。   親や教育熱心な先生のように …

ねつ造できない感動が、人の心を動かす。

How じゃなく、Why。 このブログでも幾度となく取り上げてきているこの命題は …

「欲しい本が見つからなかったら、自分で書け」

「わからないこと、困ったことがあったら本屋に行け。 世の中には、自分と同じことで …

成長する人。

成長する人は、心の素直な人が多い。 なんでも無反省に、 他人の言うことを聞けばい …