大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

Never Too Late!今しかない!

   

大好きな英語表現に”Never too late”があります。

直訳すると「〜するのに遅すぎるということはない」。

「だから、やりたいと思ったら、やればいいじゃん。」
ということだと、勝手に拡大解釈しています。

「今さら、こんなことやって、ものになるのか?」
「この年になって、一体なにバカなことやろうとしてるんだろう。」

誰もが一度は悩んだことがあるでしょう。

 

実際、人生の折り返し地点を過ぎる頃になれば、
理性的に考えて、
「今からじゃ無理」と思えることは山のようにあります。

オリンピックで金メダルを取りたい。
バレリーナになりたい。
スーパーモデルになりたい。
オーディションを受けて、スターになりたい。。。

「今、そんなことを言い出したら、まわりに物笑いの種にされるよね・・・」

そう考えて、ひっそりと日々を過ごしている人、
いっぱいいるかもしれません。

しかしです。

世界最年長のオリンピック・メダリスト、オスカー・スバーンは64才で金メダル、72歳で銀メダルを取りました。

今年1月英国のロイヤルアカデミーオブダンスで世界最高齢のバレリーナとなったバーバラ・ピーターズは80才。
3年前から独学でバレエを再開したと言います。

世界最高齢のスーパーモデル、カルメン・デロリフィチェは85才です。

こうなると48才でオーディション番組からスターになったスーザン・ボイルなんか、単なる若輩者じゃありませんか。

人生100才時代を迎えました。

「この年じゃ無理」は、単なる逃げ口上にしかなりません。

他人のやることに「そんな年で、今さら?」とケチをつけるような、
暇を持て余している奴らに構っている暇はないんです。

 

始めなければ、一生夢は叶いません。

やってみなければ、できるかできないか、誰にもわかりません。

やりたいと思うのは、自分にその才能があるから。

できるかできないかの確率は、いつだって50%です。

 

諦めなきゃ、一生挫折も失敗もありません。
いや、失敗したって、挫折したって、
はじめないより100倍マシです。

 

今日がこれからの人生で一番若い日。

10年後、20年後の自分にとって、
今の自分は「若くてピッチピチ」です。
(いや、実際)

あの時、なんで始めなかったんだろうと、
どうして頑張らなかったんだろうと、
100才まで後悔し続ける人生はごめんです。

 

最後に、もう一つの、大好きな英語表現を。

“Now or never”!(今しかない!)

◆ 超少数精鋭。『第2期インストラクター養成コース』募集中。
締め切りは5月末日、残席は1です。詳しくはHPをご覧ください。

◆【メルマガ365】では「完コピ」について連載中。
「バックナンバーまとめ読み」もお勧めです。ご登録はこちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

やりたいことは、「今」はじめる。 10年続ける。

無条件に何かを「楽しい」と感じられるようになるまで、 人は何かしらの学習を積み重 …

毎日が勝負パンツ!?

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。 もちろん、言わず知れた、 …

期待される人であれ。

ニューヨーク時代のこと。週1回、ジャズダンススタジオでレッスンを受けていました。 …

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、 「リビドーですよ」と答えたア …

人生のベストタイミングは「やりたい」「やらなくちゃ」と、ひらめいた時

“Never too late”は私の信条のひとつでもあ …

「気になる人」。

これから有名になろうという人、 活躍する人に共通の資質は、 「気になる人」である …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

オトナとコドモの線引き

コドモの頃、オトナは特別な存在だと思っていました。   コドモとオトナ …