大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「変」なのか?才能なのか?

   

先日、とある会社にお勤めの、
才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。

「MISUMIさんは、ホントに才能のある方ですよね。
ボクなんか、なんにもないから、羨ましい・・・」

はぁ?何言っちゃってるの?
キミこそ、こんなことも、あんなことも、
そんなことも、できるじゃない?
私から見たら、羨ましいことばっかりだわ。

「いやいやいやいや。
ボクができることなんか、当たり前のことばっかりですから。
ちょっと勉強すれば、誰でもできますから。」

そこからいろいろ彼のバックボーンを聞いていると、
いやはや、なにが「普通」なものですか。

「ちょっと勉強すれば誰でもできる」というけれど、
みんなその「ちょっと」ががんばれないから困っているわけです。

 

「自分の常識は他人の非常識。
自分自身が「当たり前」と思うことにお宝が眠っているんだ。」
とは、出版の師匠のおことば。

胸に手をあてて自分の過去を振り返れば、
誰にだって、ユニークなバックボーンがあって、
他の誰もしていないような経験をしているわけです。

どんな人にとっても、
自分くらい当たり前の存在はいないのですから。

 

たとえば、

現在メルマガで大展開中の私の完コピヒストリーですが・・・

私自身は、歌を志している人なら、
完コピなんて、絶対にやっていることだと思っていました。

みんな、きっと、もっとがんばってる。
こんなんじゃダメだ。
まだまだだ。

そんな風に思って、完コピに完コピを重ね、気づいたら300曲。

自分にとって「普通」すぎて、
それが、人様に語りぐさになるような「特別な」ことだなんて、
数年前まで思ったこともありませんでした。

 

出版の勉強をするようになって、

「寝ても覚めてもそのことばかりを考えてしまうくらい大好きで、
誰よりも得意で、
他の人にできないことを探せ」

というお題をもらって、

そういえば、完コピ、好きだったなぁ。
何曲くらいやったのかなぁと、

ボロボロになった歌詞カードの山を引っ張り出して、
曲数を数えたら300曲は優にあった。

まわりのヴォーカリストたちで、
私ほどのしつこさで完コピをしたという人は、
滅多に出会わないし、

学生たちを見ていると、
その完コピ精度の低さにがっかりするばかり。

それではじめて、
「あたしって、もしかしたら、オタクなのかもしれない」と、
気づいた訳です。

 

メルマガでも、ブログを書くこともそうなのですが、
私は、一度決めたことはやり通せる体質です。

それは、誰にとっても、普通のことだとばかり思っていました。

でも、どうやらその辺も「オタク」と呼ばれるゆえんらしい。

 

さて。

「この人、変な人」と、私のことを指さしている場合ではありません。

みんな、自分の「変さ」に気づいていないだけなんです。

そして、その「変さ」の中に才能の種がきっと眠っている。

普通の人なんか、ひとりもいないのです。

 

自分の中の「変な人」と向き合う。

それが自分を変える大きな一歩になるんですね。

◆【メルマガ365】。大好評だった「音域が広がるプロセス」もバックナンバーからまとめ読みできます。ご登録はこちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

予定調和をぶっ壊せ!

どんなにイケててカッコいい人にだって、 だっさい時代やダメダメな瞬間は絶対あった …

「悔しい」「うらやましい」「憎たらしい」がパワーの源

自分が叶えたくて仕方のない夢を、 身近にいた人があっという間に実現してしまったと …

ノドをウィルスから守るためできる10のこと

東京の冬場の平均湿度は40~50% 。 そこまで低い数字と感じないかもしれません …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

【自己評価を上げるためのチャレンジ】

「あなた、ホントにきれいよね〜」 「キミって、カッコいいね。」   そ …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった? パイロット〜?それとも、プロ野球選 …

やっぱ、近道はないのよね

「おとうさんの知り合いにレコード会社の人がいるんだけど、会ってみる?」 「仕事関 …

「自分が嫌い」の爆発的エネルギー

思うように行かないことは、いつだってあります。 自分が望むような方向に人生が流れ …

「今の自分」を信じられないなら、「未来の自分」を信じる

「音楽学校って、夢をあきらめるためにくるところだって、先輩が言ってました」 &n …