大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ステレオタイプ!!

      2020/06/19

買い物先でショップの店員さんに話しかけられることが苦手です。

理由はいろいろあるのですが、
大きくは2つ。

プライベートで買い物をしている時は、
頭の中でグルグルいろいろなことを考えていて、
その連想や自問自答に、
いきなりカットインされることが心地よくないこと。

そして、
(なに?この服?)
(いやー。これ着たら笑われるわねー。)
と思いながら物色している私の背後から忍び寄っては、

「それ、かわいいですよね。」とか、
「髪型素敵ですね」などと、
マニュアル通りなことばからはじまって、

最後に必ず、一番されたくない質問、
「お仕事なにされてるんですか?」を投げ掛けられること。

なにが苦手って、
こういう質問に、
「なんだっていいじゃない」と答えれば、
(なんつー感じの悪いおばはん)と、
後で噂されるに決まっています。

そこで「音楽関係です。」などと曖昧に答えれば、
「事務所のスタッフさんとかですか?」とか、
「ヘアメイクさんとかですか?」などと、
また会話が面倒な方向に行くので、

たいがいは仕方なく、
「歌のお仕事をしています。」と答えるわけですが、

まぁ、そんな答えをする人は、あんまりいないのでしょう。

今度は、私を上から下まで値踏みするようにスキャンしては、

「え〜?声楽の先生ですか?」だの、
「ジャズ歌手ですか〜?」だの、
「ゴスペルやってるんですか?」などと、
結局会話が長引きます。

「いや、ロックです。」なんて言おうものなら、
さらに大変なことになります。

「えーーっ!意外ですね!」からはじまって、
「もしかして、バンドとかやってるんですか?」となり、

極端なときは、
「私もバンドやってるんです!」だのと、
妙に連帯意識を出して来る人、
「鋲打ちの革ジャンとか着てライブやっちゃうんですか?」などと、
とんちんかんなことを言ってくる人もいます。

私は、まぁ、
ロックを歌うタイプの顔じゃないですし、
いわゆるミュージシャンぽい服装もしないので、
きっとまったくイメージできないのでしょう。

たいがいは、めんどうくさくなって、
途中で適当に、洋服のことや閉店時間など、
反対に質問をすることで、その場をやり過ごしています。

その点、わが家のジェフ夫さんは違います。

早20年以上一緒にいますが、
どんなお店でも、
いや、海外の旅先でも、
必ず「ミュージシャンですよね?」、
「ギターリストですか?」と話しかけられます。

わかりやすいもんです。
うらやましい。

 

人は、自分のステレオタイプでものごとをジャッジする傾向があります。
私だって、もちろん、同じです。

こんなことがありました。

うちは基本ご紹介者のいらっしゃらない方は、
レッスンをお受けしてないのですが、
いきなり「レッスンに興味がある」と、
ご連絡をくださった方が、
とある地方のお寺の住職さんとおっしゃるので、
一応、住所やお寺の名前をググらせてもらった上で、
カウンセリングをお受けしました。

さぞ紳士な、清楚な、
頭のつるっとした方がいらっしゃるのだろうとお待ちしていたら、

なんと、いらしたのは、
しばらく床屋さんはご無沙汰ではないかと見受けられる、
(失礼!)
もじゃもじゃ頭で、

色とりどりの派手なセーターを着込んだ、
イカツイ男性。

われながら、自分の固定概念を後悔したものです。

さまざまなステレオタイプを参考にすることで、
知らない領域でも、
ある程度のイメージを膨らますことができ、
安心を感じるのが人間というもの。

しかし基本、人生は例外だらけ。

自分の理解の範疇なんて、
本当に限られているのだという、
「無知の知」が大切ですね。

背後からショップ店員さんに近づかれるようなことは、
当分なさそうな昨今、
次回はにっこり笑って、優しく応対しましょっと。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。
◆ 一から歌を学びたいという方にも、基礎を見直したいというプロの方にも。オンラインのお得なBasic3パック

 - B面Blog, Life

  関連記事

旅に出よう!

「外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない。」 と言ったのは文豪ゲ …

一瞬一瞬を大切に、大切に生きる。

ブログを書くようになって、 日々、自分の過去の記憶をたどっています。 ところが、 …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「ミュージシャン同士のカップルってどうなんですか?」

ミュージシャン同士に限らず、同業者同士のカップルは、 なかなかうまく行かないもの …

自分の意見を口に出すことを恐れない

最近、若者たちがお互いに対して優しすぎる、と感じています。 バンドのリハーサルを …

「知ってる」だけで「わかった気」にならない。

「知識欲」こそが「学び」の基本。 「知りたい!」という気持ちが湧かなければ、 あ …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …

今さら知りたい?「いたずら電話撃退法」

“Hello, Maria?”(ハロー、マリア?) ひと …

数字じゃなく、「ひとりひとりの顔」に想いを馳せる!

ご存じのように、昨年12月から、 「365日毎日メルマガ宣言」をし、 毎朝10時 …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …