大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ノドを痛めるのは「大きな声を出すから」ではなく「出し方が悪いから」

   

「大きな声=ノドを痛める」と思っている人が、
あまりに多いことに、いつも驚かされます。

何年か前、
定期的にレッスンをしていた、
実にデリケートな声の女性シンガーがいました。

はじめて私がお手本で声を出したときのことです。
彼女はショックを受けたように、
え〜〜!?とため息をついて、

「先生、そんな大きな声、いきなり出して、おノド大丈夫ですか?」

などと言うので、
こちらが反対にショックを受けてしまいました。

ちなみに私が歌った声は、
通常私が歌う音量の15%程度だったと記憶しています。

また、べつの女性シンガーがカウンセリングに来た時のこと。

インタビューをしていた時は、
ごく普通のティーンエイジャーの声でしたが、

歌い出したとたん、
蚊の鳴くような声量になって、
思わず耳をそばだててしまいました。

歌のテクニックは十分なレベルなのに、
なぜこんなに声が小さいのだろうと不思議に思い、

 

「ずいぶん小声で歌うのね」と言うと、
「え?」と驚いた彼女は、こう言いました。
「だって、先生、大きな声なんか出したら、
ノドを痛めてしまいますもの」。

いやいやいやいや。

断言します。

ノドを痛めるのは、
「大きな声を出すから」ではなく、
「出し方が悪いから」です。

人間のカラダは動物たちと同様に、
なかまに危険を知らせたり、
「愛してるよ〜」と伝えたりするために、
大きな声が出るようにできています。

自然に、あるがままにノドを使えば、
ちゃんと、十分な大きさの声が出るのに、

緊張したり、
自信が持てなかったり、
力まかせにふんばったりするから、

声は大きくなるどころか、

ひっくり返り、
ガラガラになり、
キンキンし、もしくは、こもり、
カツゼツが悪くなり、
どんどん聞き取りにくくなって、
やがて声が枯れてしまう。

最悪の時には、
そのまま声帯様=ノドを痛めてしまうわけです。

声量を大きくしたかったら、
やるべきことは3つです。

1. 呼吸を強く吐く癖をあらためて、
いい感じの一定の呼吸をキープする。

2. 自分にとっての適正音量で、
まずは、心地よい音色の、
響く声を出せるように練習する。

3. 心地のよい声が乱れないように、
自分にとってのフォルテシモを
毎日少しずつ、更新していく。

これしかありません。

コツと、筋トレです。

しかも鍛えるのは、
声帯様そのもののめちゃくちゃデリケートな筋肉であって、
腹筋でも、肺でもありません。

雑に鍛えちゃだめなんです。
声帯様との関係性を深めながら、
ちょっとずつ、ちょっとずつ鍛えるのです。

まずは、自分のカラダを信じる。

発声は、そこからですよ。


◆ 一から歌を学びたいという方にも、基礎を見直したいというプロの方にも。オンラインのお得なBasic3パック

 - B面Blog, カラダとノドのお話, 声のはなし

  関連記事

「あたり前」を極める

「自分があたり前にやっていることで、 他の人が絶対にマネできないことに注目しなさ …

値切らないっ!

アジア圏のとある国へ旅行に出かけた時のことです。 あれはどこの国だったか。。 「 …

「心」じゃなくって、「耳」で聞くのだよ。

こんなことを書くと、また誤解されそうですが・・・ 音楽ファンや愛好家はともかく、 …

ヴォイストレーナーという仕事

自分にできないことは教えられない。 いろいろな考え方があるでしょうが、 私は、歌 …

練習するのは、全てを忘れるため

「テクニックなんかどうでもいいんですよ、歌は。」 ピッチだ、リズムだ、表現力だと …

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

「音楽」という流れをつかむ~Singer’s Tips #15~

一音にこだわる。 1ポーズにこだわる。 歌も踊りも、 重箱の隅をつつき倒すように …

歌詞が覚えられない?~Singer’s Tips #22~

「歌詞なんか、よく覚えられるね。」 と言う人がいます。 「そこまで真面目にやる必 …

体重計に乗っていますか?

先日亡くなった、お友達であり、ボイストレーナーの小島恵理さん。 ヤマハ音楽院のレ …

地上で最も完璧な楽器

ピアノ。アコースティックギターやヴァイオリン。 管楽器たち・・・ 歴史ある楽器た …