大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声帯さまってすごいんです

      2017/10/10

声帯ってどんなものか知っていますか?

声にトラブルを持ってお医者さんに行ったという経験のある人でもない限り、
自分の声帯を見たことのある人はなかなかいません。

ちょっとこちらに載せるには、あまりのルックスなので、
是非、「声帯」または「Vocal cord」で画像検索してみていただきたいのですが・・・

さて、この声帯さま(私は、そのあまりの素晴らしさに敬意を持って、「声帯さま」と呼ばせていただいてます)、一体どの位の大きさだと思いますか?

実は男性では1.7㎝〜2.1㎝、女性で1.2㎝〜1.7㎝といわれています。

こんな小さいのに、3オクターブから4オクターブの音を出すのです。3オクターブといえば、ほぼギターと同じくらい。
ピアノなら、手のひらを思いきり広げて、3つ分。

もちろん、声帯が高い音を出すときにいきなり10㎝も伸びるわけではないので、
コンマ何mmの世界で微妙に張りを調整し、音程を調節していることになります。

そんなこと、意識的にできますか?
もしも声帯の大きさの楽器があったとして、
その2㎝足らずの楽器で細かいメロディーやリズムを自由自在に刻むなんて、
どんな名人でも難しいと思いませんか??

そう。だから神なのです。声帯さまなのです。
私たちにできることは、声帯さまのお邪魔をしないこと。
ほどよい空気を声帯さまに送り込むこと。
そして祈ることだけです。

・・・声帯さま教っての、作りますか。。。

声帯さまに関する、さらにマニアックな情報を、今日のメルマガで書いています。
14時くらいに配信予定。
バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 

 

 - カラダとノドのお話, 声のはなし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「前提はなにか?」を見極める

どんなことにも、原因があります。 大事なのは、「前提はなにか?」を見極めることで …

Myマイク派 vs. Anyマイク派

最近、レッスン、ライブ、リハーサルなどに、 自分のマイク、いわゆる「Myマイク」 …

「カラダの管理」はすべてのパフォーマーの絶対的義務である

「お土産、甘い物にしちゃったんですけど、 もしかして、MISUMIさん、甘い物と …

ちゃんと鳴らす!

ヴォーカルのテクニックのひとつに、 「息混じりに歌う」というのがあります。 基本 …

カムバックを狙え!

足を骨折したことがあるでしょうか? ギブスにすっぽりと守られて、 まったく動かせ …

音楽家なら、カラダの不調を「職業病」で片付けない 

演奏や歌唱はカラダをつかうお仕事ですから、 ミュージシャンはいわば肉体労働者。 …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

ハスキーボイスには2通りある

ハスキーボイスといわれるシンガーは、その発声の特徴によって、 実は2通りに分かれ …

「お腹は凹ますのか?突き出すのか?」問題について語ってみた

「歌うときは、おへその下10~15㎝下を少~しずつ凹ませましょう。 このとき、肋 …

ビジネスマンのためのヴォイストレーニング

ただのミュージシャンだった私が突如ミッションに目覚め、 起業セミナーや出版セミナ …