大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌っちゃいけない時。

   

私のレッスンでは、声出しの真っ最中に、「今日は、もうやめようか」と、レッスンをいきなり切り上げる、「MISUMIストップ」というのがあります。

MISUMIストップを発動するのは、
本人の声がカスカスしている、枯れているなど、声の使いすぎ、または風邪の症状が見られる時。もしくは、本人の体調不良や寝不足が疑われる時。

そんなときは、声を聞いた瞬間に、まず「おや?」となるもの。
明らかに、いつもと声の艶が違う。響きが違う。
カラダに不必要に力が入っていたり、顔色が悪かったりする時もあります。

どうしても、その日仕事で歌わなくちゃいけないとか、近々仕上げなくちゃいけない曲があるとかなら、丁寧にウォーミングUpをして声を立ち上げるお手伝いをしたり、声をつかわなくてもできるようなメロやハマリの確認をしたりもしますが、そうじゃない限りは、「おとなしく家に帰って寝た方がいいよ」と帰し、後日その日の分のレッスンのリスケをします。

こんな時にレッスンをすると、ノドを壊したり、悪い癖をつけたり、かえって体調を悪化させたり。ロクなことがないからです。
なにより、声を聞いているこちらが、大丈夫かな?などと不安になって集中してレッスンできないのです。

実際、強制送還された後、熱が出たとか、寝込んだという人も多々いますし、
耳鼻科に行ったらノドのトラブルが見つかったなどという人もいます。

いきなり中止を宣告されると、具合が悪くてもレッスンに来ようなどという熱心な子ほど、「いや。大丈夫です!やらせてください!」とムキになるのが常です。
体調管理ができてなくて、本当に申し訳ありませんと、平謝りする子もいます。

いいのいいの。
どんなに気をつけてたって調子の悪い時や、疲れがたまってしまうときはあるもの。
レッスンてのは、調子を上げるためにやるものだからね。
無理して調子悪くしてどないすんねん。

こうやってみんな少しずつ、自分のカラダの声が聞けるようになり、体調管理がうまくなっていくものですから。


 

■「歌いたい!」を「歌える!」に変える、MTLシンガーズLab. いよいよ9月スタート!

■無料メルマガ『声出していこうっ!』。
ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。バックナンバーも読めますのでぜひ。ご購読はこちらから。

 

 - MISUMIの日記&メッセージ, カラダとノドのお話, 今日のレッスンから

  関連記事

声が届かない3つの原因

先日、4年半ぶりに「話す」がテーマのワークショップ、 BizLabをスタートいた …

自分の行動には自分で責任を持つ。

コロナウィルス問題、 本当に大変なことになっていますね。 影響を受けている方、対 …

ROCK、来てます?

昨日の朝のこと、 切らしてしまったオーツミルクを買いに近くのスーパーに行くと、 …

no image
会社を設立して5年が経ちました

2008年8月8日。 マジカルトレーニングラボという会社を作って、 丸5年が経ち …

「奥さんのとこ、まだテレビ、白黒なんですか?」

先日、生徒さんと話していたら、 「え?先生、Youtube、まだパソコンで見てる …

くちびるに歌を持て!

心に太陽を持て。 くちびるには歌を持て。 ふと、こんな詩を思い出し、ググってみた …

コンプレックスは、がんばれない言い訳。

人間のコンプレックスってのは、いやもう、他の人が見たら、本当にどうでもいいことで …

「とにかく、ゆっくり」から、はじめよう。

以前、書道家の方に自分の名前の書き方というのを習ったことがあります。 先生が繰り …

やっぱり私、変態でした。

ちょっと前から自分が、 いわゆる”変態”なのかも?と、 うっすら自覚 …

「死ぬほどへたに歌う」をやってみる

世界中の人が、来る日も来る日も、 次から次へと流れこんでくるニュースに胸を痛め、 …