大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分自身こそが「最も手強いオーディエンス」だ

      2019/08/17

「観客のことは意識しないことにしている。
クリエイトするときはいつもそうだ。
まず、自分のことを考える。

作品を通して喜びを与えたければ、
自分が楽しまないと人には伝わらない。

存在しない喜びでは観客を魅了できない。
存在してこそ伝わるんだ。

だから創作するとき、最初に思い描く観客は私自身だ。」

世界的に有名なシューズデザイナー、クリスチャン・ルブタンが、パリの老舗キャバレー「クレイジー・ホース」のゲスト・クリエイターとして、ステージの振り付けなどをサポートしたときの、インタビューでのことばです。

 

音楽なり、演劇なり、ダンスなり、
もちろん、芸術でも、書くことでも、
自分自身を何らかの形で表現している人たちは少なからず、

人に評価されたい、
誉められたい、
尊敬されたい、
愛されたい・・・etc.
という願望があるもの。

少なくとも、嘲笑されたい、黙殺されたいという人は、
ひとりもいないはずです。

 

しかし、基準が「他人の目線」になってはいけない。

ルブタンのことばを私なりに解釈すれば、

表現者、送り手が、
自分自身の作品やパフォーマンスを楽しみ、
感動と興奮を感じながら、それを世に送り出すから、
その感動と興奮が受け手に伝わるのだ。

だから、まずは自分自身を喜ばせる、
感動、興奮させる作品、パフォーマンスを創り出す。

自分自身こそが、最も手強いオーディエンスなのだ。

ということになるでしょうか。

 

しかし、これは、なかなか難しい。

結果が出ないとき。
伸び悩むとき。
人々の関心が自分から離れていったと感じるとき。

人は、ついつい、受け手の気持ちを先回りして考えます。

なにがいけないんだろう?

どうしたらウケるだろう?

どうしたら評価されるだろう?

どうしたら「いいね!」がいっぱいついて、
どうしたらフォロワーが増えるんだろう?

どうしたら売れるだろう・・・?

 

そんなことを考えて、あの手この手でがんばるほどに、
本当の感動や興奮から遠ざかってしまう。

自分自身が心の底から楽しむということを、
いつの間にかどこかに置き去りにしてしまう。

 

力のない作品、コンテンツを、人は賞賛しません。

人は、いつだって、「エネルギー」に感動するのです。

 

最初のオーディエンスはいつだって自分自身。

自分自身を心の底から楽しめるものを生み出せないなら、
まだまだ準備はできていないということなのですね。

 

*************************
新年おめでとうございます。
いつも『声出していこうっ』を読んでいただいて本当にありがとうございます。

2018年も心を込めて精一杯綴っていきます。
メルマガ共々、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

*************************

【メルマガ”ヴォイトレ365″ 配信中】
声について知るべきことのすべてを毎日お届けしています。バックナンバーも読めますので、ご登録がまだの方はぜひ、こちらから。

 - Books, Movies, Art, Music...etc., The プロフェッショナル

  関連記事

人は生涯に、何曲、覚えられるのか?

優れた作曲家、アレンジャー、プレイヤー、 そして、ヴォーカリストの多くが、 びっ …

You can never have too many guitars?

“You can never have too many guita …

100万人と繋がる小さな部屋で。

デビュー前からヴォイトレを担当している、 アーティストのライブに行ってきました。 …

勘違いか?わかってないのか?はたまた、なめてるのか?

ライブでもレコーディングでも、 いや、リハーサル、または実技の授業などであっても …

失敗も含めて「ライブ」なんだ。

どんなに、どんなにがんばって準備をしても、 ライブやコンサートには、失敗やアクシ …

口コミしたくなる仕事をするのだ

ミュージシャンでも、著者でも、セミナー講師でも、 フリーランスとして仕事をする人 …

「一点集中力」vs.「俯瞰集中力」

ミュージシャン、アクターに限らず、 スポーツマン、タレントから、講演家まで、 人 …

準備せよ。そして待て。

道が開けないとき。 ツキがやってこないと感じるとき。 過小評価されていると思える …

「自分のことば」になってない歌詞は歌えない!

役者さんがしばしばつかうことばに「セリフを入れる」というのがあります。 この「入 …

「自分の音域を知らない」なんて、意味わからないわけです。

プロのヴォーカリストというのに、 「音域はどこからどこまで?」 という質問に答え …