大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「音の立ち上がり」を正確にとらえる

   

歌い出す瞬間の音。

音を移動するとき、音の階段を上った、その瞬間の音。

その瞬間をいかに的確に、正確にとらえることができるか。

 

一流と言われるシンガーは、
いや、もちろんプレイヤーも、
この「音の立ち上がり」「音の点」の大切さを
本当によくわかっていて、それを的確に、正確にとらえます。

だから、音の輪郭がくっきりとし、音が抜けてくるのです。
一方、イケてないシンガー、プレイヤーは、
この「立ち上がり」、「点」の感覚が非常に甘い。

実際の「音の立ち上がり」から、
目差す音を出せる瞬間まで、タイムラグが生じるのです。

このタイムラグが大きければ大きいほど、
メロディラインやリズムはぼんやりと、
クリアさを失ってしまいます。

また、歌の場合は特に、
ライムラグだけでなく、
音の揺れも同時に起こるため、
まだ声が不安定でピッチも音色も揺れている最中に、
メロディ的に、次の音に移行しなくてはいけなくなる。

そして、その次の音がまだ不安定なうちに、
また次の音に・・・

これではいつまで経っても、
音程を正確に刻むことはできません。

 

音が出る瞬間は「点」です。

 

音量の大小はともかくとして、
無音状態に対して、
「音が立ち上がる瞬間」というのは「点」。

そして、ある音からある音に移動するときも、
例えそれがポルタメントのように、
音を引きずって上げ下げするときでも、
必ず、その音をとらえる瞬間、「点」があります。

この刹那、
いかに正確なピッチを出すか。
いかに正確にビートを捉えるか。
いかに安定感のある音色を出すか。

 

ピッチが悪いといわれる人は、
ピッチが悪いんじゃなくて、
タイミングあっていない、
「点」を捉えられていないのかもしれません。

 

「音の立ち上がり」。

大きな課題ですが、これを正確に捉えられるようになるか否かで、
圧倒的に実力に差がつきます。

 

勇気を出して、一度、じっくり向かい合ってみてください。

◆近日発行予定のヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』では、「音の立ち上がり」を正確にするためのヒント、トレーニングなどをご紹介いたします。購読はこちらから。
 
◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。
次期受付開始は10月末頃の予定です。今しばらくお待ちください。
 
◆10月29日(日) 鹿児島にて【MTLワークショップ in 鹿児島】を開催します。

 

 - The プロフェッショナル, イケてないシリーズ

  関連記事

そのボイトレで本当にいいんですか?

かつて某大手プロダクションの新人育成を任された時のことです。 レッスンにやってき …

「今日はノドの調子が悪くて・・・」

誰にだってのどの調子の悪いときというのはあります。 どんなに気をつけていても、あ …

最後は「自分の声」を聞くのだ。

「MISUMIサンはね、 もっと、自分じゃ恥ずかしくって赤面するくらい、 下世話 …

誤解だらけの「ロック声」。そのシャウトでは、危険です。

ハスキーで、ひずんだ感じの、 いわゆる「ロック声」には、いろいろな誤解があります …

「ど〜せ私はイケてない・・・」からの脱却法

学年にひとり、ふたり、いや、クラスにひとりくらいはいたでしょうか? 誰が見ても可 …

スタジオ・ミュージシャンって何するの?

私のプロフィールには、 「500曲以上のレコーディングに参加した」と書いてありま …

ハスキーボイスには2通りある

ハスキーボイスといわれるシンガーは、その発声の特徴によって、 実は2通りに分かれ …

no image
オトナなんて怖くない。〜アーティストたちの「大物」エピソード〜

これまで、たくさんのアーティストやその卵たちの指導をしてきました。 関係者の方た …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

『ライブ前に自分に問うべき10のことば』

ライブ直前、自分のブログを読み返していると、 なんだか胃が痛いような気持ちになり …