大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「音の立ち上がり」を正確にとらえる

   

歌い出す瞬間の音。

音を移動するとき、音の階段を上った、その瞬間の音。

その瞬間をいかに的確に、正確にとらえることができるか。

 

一流と言われるシンガーは、
いや、もちろんプレイヤーも、
この「音の立ち上がり」「音の点」の大切さを
本当によくわかっていて、それを的確に、正確にとらえます。

だから、音の輪郭がくっきりとし、音が抜けてくるのです。
一方、イケてないシンガー、プレイヤーは、
この「立ち上がり」、「点」の感覚が非常に甘い。

実際の「音の立ち上がり」から、
目差す音を出せる瞬間まで、タイムラグが生じるのです。

このタイムラグが大きければ大きいほど、
メロディラインやリズムはぼんやりと、
クリアさを失ってしまいます。

また、歌の場合は特に、
ライムラグだけでなく、
音の揺れも同時に起こるため、
まだ声が不安定でピッチも音色も揺れている最中に、
メロディ的に、次の音に移行しなくてはいけなくなる。

そして、その次の音がまだ不安定なうちに、
また次の音に・・・

これではいつまで経っても、
音程を正確に刻むことはできません。

 

音が出る瞬間は「点」です。

 

音量の大小はともかくとして、
無音状態に対して、
「音が立ち上がる瞬間」というのは「点」。

そして、ある音からある音に移動するときも、
例えそれがポルタメントのように、
音を引きずって上げ下げするときでも、
必ず、その音をとらえる瞬間、「点」があります。

この刹那、
いかに正確なピッチを出すか。
いかに正確にビートを捉えるか。
いかに安定感のある音色を出すか。

 

ピッチが悪いといわれる人は、
ピッチが悪いんじゃなくて、
タイミングあっていない、
「点」を捉えられていないのかもしれません。

 

「音の立ち上がり」。

大きな課題ですが、これを正確に捉えられるようになるか否かで、
圧倒的に実力に差がつきます。

 

勇気を出して、一度、じっくり向かい合ってみてください。

◆近日発行予定のヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』では、「音の立ち上がり」を正確にするためのヒント、トレーニングなどをご紹介いたします。購読はこちらから。
 
◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。
次期受付開始は10月末頃の予定です。今しばらくお待ちください。
 
◆10月29日(日) 鹿児島にて【MTLワークショップ in 鹿児島】を開催します。

 

 - The プロフェッショナル, イケてないシリーズ

  関連記事

「なんとなく」や「しかたなく」でキーを決めない。

作曲、作詞、アレンジ、レコーディング・・・ 作品づくりにはさまざまな過程がありま …

毎日プレイしているだけじゃ「上達」はしない

「人生で一番練習した」と言い切れる時期はありますか? おそらく、ほとんどの人は、 …

本当に大切なことは現場が教えてくれるんだ。

某映画のバンド演奏のシーンの撮影に立ち合ったことがあります。 役回りは、出演者の …

教える人のやる気を奪う「イケてないリアクション」

生徒やクライアントのポテンシャルを引き出すのが、 トレーナーや講師の仕事。 しか …

「わ。ピッチ悪い」をどうするか。

初めて「ピッチが悪い」と言われたのは、 歌の学校に通いはじめて、しばらくしてから …

自分自身こそが「最も手強いオーディエンス」だ

「観客のことは意識しないことにしている。 クリエイトするときはいつもそうだ。 ま …

「いいね」が消えた日。

他人の評価なんか気にするな。 自分で自分をどう思うかが大切なんだ。 数字のゲーム …

「想像力の限界」を認める

「ある程度、想像がつくこと」と「想像を越えること」の間には、 「経験」という決定 …

音楽には、優劣も卑賤も上下も、な〜んにもない!

ものすごく当たり前のことなんだけど、時々、ちゃんと確認しておきたいこと。 &nb …

「機材がない」を言い訳にしない。

時折、アーティストの卵たちや、学生たちに、宿題を出します。   その時 …