大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「なんでも歌える」と言わない勇気

   

「どんなの歌ってるんですか?」

どんなちっちゃなご縁も仕事に繋げようと躍起になっていた頃、
そう聞かれると、必ず、
「なんでも歌えるんですけど」と前置きしてから、
「R&Bとか、ロックとか・・・ダンスものなんかも歌います。」
などと、答えていました。

「なんでも歌える」と言えば、
お仕事にも、セッションにも、誘ってもらえる機会が増える、
可能性が広がると思っていたからです。

 

あるとき、アーティストとしてお世話になることになった事務所の社長に、
こんな風に言われました。

「で、MISUMIは、何がやりたいの?
このままじゃ、ただの、歌のうまいおねえさんで終わっちゃうよ。」

頭から水をぶっかけられたような思いでした。

便利屋みたいにスタジオやって、
思いつくままにいろんなスタイルで曲を書いて。

なんでもできるってことは、
なんにも秀でてないってこととおなじなんだ。

人はなんでも歌える人の歌が聞きたいわけじゃない。
あたしは「これ」やってます!と腹をくくった人だけが、
道を究めることができる。
人の心を動かすことができる。

職業ミュージシャンになりたいわけじゃないと思い続けてきたはずなのに、
いつの間にか、どっぷり仕事人になっていた自分に気づかされました。

 

それから、しばしの自分探しの苦悶の日々を経て、

自分はやっぱりロックだ、
ロックがやりたくて、歌っているんだ、ということが、
少しずつ、そして、決定的に腑に落ちたのです。

 

正直、当初、「何を歌っているんですか?」と聞かれて、
「ロックです」ときっぱり答えるのは勇気がいりました。

お仕事、減るだろうなぁ。それも仕方ないよなぁ。
そう覚悟しました。

しかし、です。

結果は、真逆でした。
お仕事が、増えたのです。

 

どこにでもいる「なんでも歌える誰か」じゃなく、
「ロックと言えば、あの人」と、
はじめて、わかりやすいタグがついたのでしょう。

ロックという言葉が出るたびに、
名前を思い出してもらえるようになりました。
苦手なタイプのお仕事も減りました。

これが、アーティストとして、職業ミュージシャンとして、
キャリアの大きな転機となったのです。

戦略とは、なにをやらないかを決めること。

いわゆる「すけべえ根性」は
バサッと切り捨てるからこそ、
得意なこと、やるべきことに完全集中できる。

勇気と覚悟はいつだって、
道を切り開いてくれる力です。

◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022。絶対お勧め!来てみて!
リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。
ご登録はこちらから。

 - B面Blog, My History, The プロフェッショナル, 歌を極める

  関連記事

We Gotta Get Out Of This Place!

夢中で毎日を過ごすうちに、気づけばずいぶんおとなになっていた。 あまりにもずっと …

「才能」ってなんだ?

若かりし頃から、 「恵まれた人」に対する強烈なコンプレックスを抱えて生きて来まし …

作品づくりは美意識のせめぎ合い

優秀なミュージシャンというのは、 自分がたった今プレイしたテイクが、 どんな出来 …

不満から目をそらさない。 絶対、そらさない。

大学を卒業して、今で言うフリーターをしながら、 音楽学校に通ったり、 ダンスレッ …

「生みの苦しみ」

作品をつくり出すことは、非常に苦しい作業です。     例え …

「知ってる」だけで満足しないっ!

好奇心は学習のはじまりです。 「知りたい」という欲求こそが、 人を、勉強や練習や …

居心地のいい場所では一生学べないことをアウェイは一瞬で教えてくれる

「一般の人向けの本を出版したいんなら、 一般向けセミナーくらいやらなくちゃダメで …

リズムが悪いと言われたら真っ先にすること。~Singer’s Tips#10~

「リズムが悪い」と言われた時、 真っ先に点検すべきは、 点=ビートを捕らえられて …

「アイデンティティ」と向き合う 〜from USA①〜

週明けから10日ほどの予定でニューヨークに来ています。 ニューヨークは1992年 …

「違和感」をスルーしない

「違和感」は、ふわっと舞い降りる感覚です。   レコーディング中プレイ …