大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「営業」なんて、無理!

   

「あいつは営業がうまいからね」

若かりし頃、
実力もセンスもイマイチのはずなのに、
そこそこ売れているミュージシャンを、
影でそんな風に噂する人に、よく出会いました。

ツアーのお仕事が突然なくなって、
バイトを探すくらいならと、
世間話を装って先輩ミュージシャンに電話をかけ、
切りぎわに「なにかお仕事あったらよろしくお願いします」と、
勇気を出して言ったら、
「お前さ。似合わない”営業”とか、すんなよ。」
と、斬って捨てられたこともあります。

音楽メインではない、
イベントやパーティーに呼ばれて演奏をすることが多い人が、
「最近は、営業ばっかりで」などと、
卑下して言うときにも使われていました。

そんなこんなで、
「営業」ということばには、
ずっと負のイメージを持っていました。

一昔前の音楽業界では、

「名刺なんか持ち歩くミュージシャンは、
俺は売れてませんって宣伝するようなもんだ」

などとも言われていたくらい、

自分からアピールしなくちゃ、
認知されないようなミュージシャンは、
「残念なミュージシャン」という風潮が、
うん。絶対あったと思います。

起業を思い立ってビジネスを学ぶようになって、
真っ先にひっかかったのが、
この「営業」ということばです。

「営業の力さえあれば、
どんなビジネスでも成功する。」

そんなことばを耳にするたびに、
絶望的な気持ちになったものです。

人に売り込むことはダサいことだと、
思い込んで20年以上業界でお仕事をしてきたのに、
今さら、どう考え方を転換したら、
「お客様、これ、いかがですか?」
なんて、作り笑いを浮かべられるのか?

しかしです。

とある出版セミナーに通うようになって、
各界の専門家中の専門家と肩を並べて学ぶうちに、
「営業」ということばの真の意味を、
完全に誤解していたことに気づいたのです。

自分が心から感動したことは、
思わず誰かに話したくなる。

心の底から信じていることが、
今、目の前にいる誰かにとって、
絶対に必要な情報だと感じたら、
何が何でも伝えたくなる。

そんなエネルギーが相手の心を動かして、
行動に駆り立てる。

こちらが勧めたものを手に取ってくれたり、
自分の人生を変えた講座に通いはじめてくれたり。

そっか・・・

そう考えはじめたら、

高校時代に、隣の席に座った子がいきなり言った、
「えーっ!まだビートルズとか聴いてるの?ダっさい!
ゼップ聴かなくちゃ。」も、

ミュージシャンの先輩に言われた、
「真面目に音楽やりたいなら、
マトモなレコーダーとマイクくらいは買わなくちゃ」も、

コーラス時代の相方に言われた、
「マスカラはとりあえずランコム買っときゃ間違いないわよ」も、

同じことだよなと、気づいたのです。

そういえば、
スタジオでお仕事にたくさん呼ばれるようになったのも、
単に声が大きいとか、音域が広いとか、
そういうことではなかったよなと。

相手から要求されるお仕事を、
ただ、やっていただけではなくて、

「もっと高い音域のコーラス入っていた方がカッコいいですよね?」
「ここに英語の歌詞がばしっとハマったら、よくないですか?」
「最後はドカンとフェイクしたくなっちゃうんですけど。」

などなどと、
自分が信じるままに、ぐいぐい相手に語ったことで、
お仕事の現場が盛り上がったり、

「想定以上に作品の仕上がりがよくなった」
と、思ってもらえたからではなかったか?

これって、もう、立派な「営業」です。

もしかしたら私もどこかで、
「あいつ、”売り込み”うまいから」と、
噂されていたのかもしれません。

心からいいと信じることを、ものを、
必要としている人、
喜んでもらえる人に情熱を持って勧める。

大事なのは、マックスのエネルギーと、
伝える力。

すなわち、ことばの選び方。
表現力。
そして、もちろん、声の力。

コラボセミナーの準備をしながら、
そんなことを再確認している日々です。


元ショップチャンネルの人気キャストであり、通販トークアドバイザーの稲垣玲子氏とのZOOMコラボセミナー、“「思わず、買ってしまう」を 演出する 心に刺さる伝え方”。こんな時代だからこそ、知っておきたいセールス・トークの極意を圧倒的な情報量でお届けする3時間セミナーです。

 - B面Blog, Life, ビジネスヴォイス

  関連記事

みんな、孤独を戦っているのだ。

人と自分を引き比べることに意味はない。 誰かが、自分と他人を引き比べて、 「どー …

小さな選択の連続がやがて大きく流れを変える。

人生にはいわゆるターニングポイントというのがあります。 それがいつ訪れるのかはわ …

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

リズムをカラダで感じるための初歩練習~Singer’s Tips#28~

音楽にあわせて足踏みをする。 手を叩く。 小さなこどもが音楽教室に入って、 一番 …

ちゃんと鳴らす~Singer’s Tips #33~

「ちゃんと鳴らす」というタイトルの記事は、 これまでも何度かアップしてきました。 …

陰口を言うなっ!

世の中には陰口を言うのが好きな人というのが、 少なからず存在します。 こうした人 …

「心」じゃなくって、「耳」で聞くのだよ。

こんなことを書くと、また誤解されそうですが・・・ 音楽ファンや愛好家はともかく、 …

鈍才は総合力で勝負なのだ

【生まれてこの方、真面目に練習なんかしたことがない」という天才がいます。 こども …

「感覚の違い」を教えることが、一番難しい。

家の近くのチェーンで有名な定食屋さん。 最近、どうもようすが変わってきました。 …

まず、自分の出音(でおと)をちゃんとせい。

トレーナーズ・メソッド、リズム編のテキスト制作中にて、 古今東西のドラマーの名演 …