大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

リモートはコミュニケーションのハードルを上げた。

   

最近、連日のように受ける側として、
オンラインセミナーに参加しています。

学ぶときは一気に学びたい方なので、
自宅に居ながらにして、
気になる講座を片っ端から受けられることには、
感謝感激の日々です。

しかし、たくさんの方のお話を聞けば聞くほど、
声そのものが気になってしまう、職業病の私。

ほほう、なるほどと、聴き入ってしまう、
聞きながら、思わず笑顔になってしまう、
説得力のある話者がいる一方で、

聞き取りづらい、
何を言っているのかわからない、
妙に暗い、
キンキン耳につきすぎる、
なんだか年齢を感じる・・・etc.

そんなことが気になってしまう、
残念な話者が、たくさんいるのです。

声は、聞き手の、意識する、しないに関わらず、
話者に対する好感度や親近感を左右しています。

リモートの世界では、
本来そこにあるはずの空気感やニオイのような、
人間が無意識に受け取っている情報は、
すべて削ぎ落とされてしまいます。

残るのは、
二次元化された視覚情報と、
音の情報、すなわち、「声」だけ。

声が担う役割が、
圧倒的に大きくなって、

声の好感度が人気や評判を左右する「声格差」が、
確実に広がっていくな、と、感じています。

リモートで真っ先に気をつけなくてはいけないのが、
電波状況。

電波状況が悪いと、
ことばが途切れる、声の音色が安定しないなど、
聞き手は大きなコミュニケーション・ストレスを感じます。

次が、もちろん、マイクです。

これね、もうね、もんのすんごい大事なんです。

なんでもいいやと思っている人、
ルックス重視で買っちゃった人、
ハンズフリーになればいいか、と思っちゃった人、
マイクなんかにお金かけなくていいや、と思う人。

気持ちはわかりますが、
ぶっちゃけ、
そこにお金かけないで、どこにかけるんですか、
というくらい大切なのがマイクです。

これだけは、口コミをよく読んで、
ちゃんと選んだ方がいい。
そして、必ず、本番前に、テストをした方がいい。

マイクの使い方=マイキングは、
本当に難しくて、
これに関しては、私自身もまだまだ試行錯誤の真っ最中ですが、
そのぶん、習得すればメリットは絶大です。

そして、自分の声を、
必ず、そのマイクで録音してチェックしてみてください。

声の音色は自分で選んでいるのです。
「生まれつき」と思い込むのを一旦やめてください。

「自分の声が嫌いだから」と、
聞いて聞かぬふりを決め込むのは言語道断です。
「自分が嫌いな声」を延々と聞かされる、
聞き手の身にもなりましょう。

自分の声が嫌いと思ったら、
真っ先に、どういうところが嫌いなのか、
どうなったらよいのか、
どんな声が理想なのか・・・

ちゃんと向き合う。

声は話の一部であり、全部です。
ここから目をそらしていては、
どんなにいいコンテンツをつくっても、
伝わりきらないのです。

そんなことが、
リモートの世界になって、
ぐっとクローズアップされてきました。

声は自分のブランドであり、
自分自身をプレゼンテーションしてくれる、
大切なバディ。

声をつかってお仕事をする人すべてに、
一度、真剣に考えてみて欲しいことです。

 

通販トークアドバイザーの稲垣玲子氏とのZOOMコラボセミナー、“「思わず、買ってしまう」を 演出する 心に刺さる伝え方”。知っておきたいセールス・トークの極意と、「伝わる声」のお話を圧倒的な情報量でお届けする3時間セミナーです。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ビジネスヴォイス

  関連記事

伸び悩んだらやるべき3つのこと

長い音楽人生。 「伸び悩む時期」は何度も訪れます。 技術の伸び悩み。 キャリアの …

「バンド、やりたいんですけど・・・」

「バンドやりたいんですけど・・・」 学生から、そんな相談を、よく受けました。 え …

値切らないっ!

アジア圏のとある国へ旅行に出かけた時のことです。 あれはどこの国だったか。。 「 …

何年「基礎練習」するよりも、1回の「本番」

何年「基礎練習」をするよりも、一回の「本番」がパフォーマーを上達させる。 &nb …

いい歌は左脳を麻痺させる。

ものすごくうまいのに、ものすごく退屈な歌、というのを、 たくさんたくさん聞いてき …

「オケ」じゃなくて、プレイヤーの顔のついた「音」を聞くんですよ。音楽って。

年寄り自慢をするつもりは毛頭ありませんが、 (あたりまえ) 一昔前は歌を歌いたか …

ライブって、本当にすごいんだ。

人にライブの思い出を語るときは、 ついつい、大きなホールで歌った話や、 テレビの …

ヴォーカリストこそ、もっと、ちゃんと「聴く」!

バンドのパートの中で、一番コピーしやすくて、 誰でも、そこそこやれるパートってな …

究極の正解を探せ!

カバー曲はいい感じで歌えるのに、 オリジナル曲になると精彩を欠く。 こうしたケー …

英語の歌詞が聞き取れない!?

かつて、日本で発売される洋楽のレコードには、 ジャケットと同じ大きさの、大判の歌 …