大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

音楽を仕事にできる人

   

「音楽なんて仕事にならない」
「音楽で食べていくのなんて無理」

音楽を志し、日夜修行に励む若者たちに、
こんなことばを投げ掛けるおとなに、よく出会います。

「バブル期ならともかく、もう今は音楽の仕事なんかないよ」
「CD売れないしね−」

そうですよね。
そうそう。
ものすごい正論です。

しかしね。

バブル期だって、
おとなたちは似たようなことを言って、
若者たちが足を踏み外さないように、
まっとうな仕事につくように仕向けていたよね。

「誰だってカッコいい横文字の仕事、つきたいわけよ」
「楽しいことばっかりやって、お金稼ぐのなんか無理でしょ」
「そんなの、才能のある一握りの人間しか成功しないよ」

今なんかより、
ずっとずっと音楽業界にお金があって、
ずっとずっとお仕事があった時代です。

それでもね、20代の若者の数は、
今より25%も多かった。

物価も高かったし、景気がよかったから、
学生もみんな贅沢で、
もっともっとお金が必要だ、って気持ちになった。

 

前提条件が全然違うんだから、
「こういう時代だから」と決めつけて、
音楽の仕事なんかとか、音楽はお金にならないとか、
ネガティブな論理展開をしてもはじまらないと思うわけです。

正直、どんな時代だって、
音楽業界でもの凄くたくさんお仕事して、
もの凄く稼いでいる人はいます。

才能があるから?
ラッキーだから?
コネがあるから?

そうやって片付けられる人は、それでいいでしょう。

しかし、もう少し、じっくり、
成功している人たちの経歴に目を向ければ、

必ずと言っていいほど、
人生のターニングポイントとなるような、
キャリアや出会いがある。

その瞬間まで、
とにかくポジティブに、
可能の発想で自分のキャリアをとらえ、
学び続け、
周囲を俯瞰し、

いるべきところにいる、
会うべき人に会う、
そして、常に準備をしている。

これができる人こそが、
チャンスを呼び込み、
チャンスに気づき、
確実にチャンスをつかめる人なのではないか。

信念を持って、大胆に行動すること。
貪欲に学び続け、求め続け、じっと堪え続けること。

どんな世界でも、
成功するために必要な資質はおなじです。

 

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にする唯一無二のメソッドMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。よろしかったらチャンネル登録をぜひ!
さらにディープに学べるメルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。 https://bit.ly/3ilnz46

 - B面Blog, プロへの突破口, 夢を叶える, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

人は「声の高低」でワクワク、感動する。

全っ然、キャラじゃないんで、 あんまり言わないんですが、 こう見えても、 ディズ …

スーパーファルセット(すんごい高い声)出したい?

スーパーファルセット、 ホイッスルヴォイスなどと聞いて、ピンとくるでしょうか? …

サポートミュージシャンを目差す人が取り組むべき、最も大事なトレーニング

一流のアーティストたちと大きなホールをツアーして回る、 いわゆる、サポートミュー …

ロックは毛穴で聴くんである。

誤解なきように言っておくと、 私自身はそれほどラウドな音楽が 好きだというわけで …

「へたくそな自分」を楽しむ

一昔前までは、 『NHKのど自慢』に登場するような、 歌好きのひとたちって、 も …

BPM1目盛りの職人芸

BPMということばが普通に使われるようになったのは、 いつの頃からかわかりません …

本気でやりたいなら、「なんか」やれ。

アーティストやタレント、声優の、 新人育成を担当させていただく機会が多々あります …

「憧れのあの人は持っているのに、私は持っていないものリスト」

音楽に目覚め、 「いつかビートルズになる!」と頭の悪いことを真剣に夢見ていた中学 …

「知ってる」だけで「わかった気」にならない。

「知識欲」こそが「学び」の基本。 「知りたい!」という気持ちが湧かなければ、 あ …

「そこにいること」の大切さを語りすぎることは、たぶんない。

長年、音楽の仕事をしていると、 「そこにいること」の大切さが、しみじみわかります …