大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

音楽を仕事にできる人

   

「音楽なんて仕事にならない」
「音楽で食べていくのなんて無理」

音楽を志し、日夜修行に励む若者たちに、
こんなことばを投げ掛けるおとなに、よく出会います。

「バブル期ならともかく、もう今は音楽の仕事なんかないよ」
「CD売れないしね−」

そうですよね。
そうそう。
ものすごい正論です。

しかしね。

バブル期だって、
おとなたちは似たようなことを言って、
若者たちが足を踏み外さないように、
まっとうな仕事につくように仕向けていたよね。

「誰だってカッコいい横文字の仕事、つきたいわけよ」
「楽しいことばっかりやって、お金稼ぐのなんか無理でしょ」
「そんなの、才能のある一握りの人間しか成功しないよ」

今なんかより、
ずっとずっと音楽業界にお金があって、
ずっとずっとお仕事があった時代です。

それでもね、20代の若者の数は、
今より25%も多かった。

物価も高かったし、景気がよかったから、
学生もみんな贅沢で、
もっともっとお金が必要だ、って気持ちになった。

 

前提条件が全然違うんだから、
「こういう時代だから」と決めつけて、
音楽の仕事なんかとか、音楽はお金にならないとか、
ネガティブな論理展開をしてもはじまらないと思うわけです。

正直、どんな時代だって、
音楽業界でもの凄くたくさんお仕事して、
もの凄く稼いでいる人はいます。

才能があるから?
ラッキーだから?
コネがあるから?

そうやって片付けられる人は、それでいいでしょう。

しかし、もう少し、じっくり、
成功している人たちの経歴に目を向ければ、

必ずと言っていいほど、
人生のターニングポイントとなるような、
キャリアや出会いがある。

その瞬間まで、
とにかくポジティブに、
可能の発想で自分のキャリアをとらえ、
学び続け、
周囲を俯瞰し、

いるべきところにいる、
会うべき人に会う、
そして、常に準備をしている。

これができる人こそが、
チャンスを呼び込み、
チャンスに気づき、
確実にチャンスをつかめる人なのではないか。

信念を持って、大胆に行動すること。
貪欲に学び続け、求め続け、じっと堪え続けること。

どんな世界でも、
成功するために必要な資質はおなじです。

 

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にする唯一無二のメソッドMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。よろしかったらチャンネル登録をぜひ!
さらにディープに学べるメルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。 https://bit.ly/3ilnz46

 - B面Blog, プロへの突破口, 夢を叶える, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

レコーディングでうまく歌えない原因と対処法。

先日メルマガのお便りフォームに、下記のような質問をいただきました。 (一部プライ …

リミッターをぶっ壊せ。

「MISUMIさんがこれまで味わった挫折ってなんですか?」 先日、とある方にこん …

no image
音楽のプロは、まだまだ肩身が狭いのだ。

プロのボーカリスト、ミュージシャンとひとことで言っても、 その収入、グレード、仕 …

「マネをする」という選択も、自分のオリジナリティの一部なんだ。

人に習うと、自分のスタイルが確立できないとか、 人のマネをすると、オリジナリティ …

「所詮同じ人間」という前提に立つ。

誰かにできて、自分にできないことを、 生まれや育ちの違いのせいにしてしまうのは、 …

デビューを夢見る若者は「白馬の王子さまシンドローム」?

白馬の王子さま。   苦しい人生を一転させてくれる、素敵な男性の代名詞 …

テリトリーを広げよ。

学校に通うため上京してきた子たちにとって、 しばらくの間は、東京=自分の通う学校 …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

自分の「サイズ」に合った声を出す

管楽器ほど、 一目見ただけで音色の想像がつく楽器もないでしょう。 大きさ通り、見 …

「うちの子、音楽で食べて行かれるのでしょうか?」

まもなく成人式。 今年、新成人となる前途洋々の若者たちも、たくさんいることでしょ …