大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

   

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった?
パイロット〜?それとも、プロ野球選手〜?」
先日、通りがかったスポーツ施設の前で、
小学生のこどもが体育の先生とおぼしき人に、
熱く質問していました。
そういえば、小学校の卒業文集の『将来の夢』の欄には、
プロ野球選手、宇宙飛行士、電車の運転手、パイロットなどなど、
男の子たちが夢見る、さまざまな職業が書かれていたっけ。

小学生は、やがて中学生になり、高校生になり・・・

そんな夢は、いったい、いつの間に忘れ去られ、
あきらめられていくのか。
何を根拠に、「昔は○○になりたいと思っていたんですけど、
それは無理だってわかってるんで」などと、言い切るようになるのか。

 

「大学って、夢をあきらめるためにくるところなんだって、
先輩が言っていました。」

少し前、大学の学生が、こんなことを言っていました。

 

一所懸命勉強して、練習して、
世の中というものを学んで・・・

学びとは、夢を叶えるため、夢に少しでも近づくためにあるはずなのに、

 

自分と夢との間に境界線を描く、

気の遠くなるような距離感をカラダに刻みつける、

そして、夢に「無理」「不可能」とタグ付けをする・・・

 

そんな学びのために、人生の一番素敵な時間を費やすなんて、

なにか間違っていると思えてなりません。
「もっと現実的で安全な仕事につくべきだ」というけれど、

世の中がめくるめくように移り変わっている、こんな時代。
「現実的で安全な仕事」ということばの方が、
よほど、非現実的に聞こえるのは私だけでしょうか?

 

純粋であると言うことが、一番強力なパワーです。

知恵や知識は、もちろん大切な財産ですが、

心を惑わすだけの余計な情報なら、シャットダウンする勇気も必要です。

 

いくつになっても、夢に近づいていくための学習に、
時間を、エネルギーを、集中して使っていきたいものです。

31782680 - happy kid playing with toy wooden airplane against autumn sky background. retro toned

【Day-to-day】
マジカルトレーニングラボ(株)のHP、とても素敵にリニューアルしていただきました!
可能性が思いきり広がる、ワクワクのHPです。
http://magicaltraininglab.com

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「直感」がすべて。

「あ、この人、きらい。」 若い頃から、会った瞬間に、 相手の好き嫌いを決めてしま …

前進し続ける人に共通のキーワード

「もう」は「まだ」なり。「まだ」は「もう」なり。 私の文章によく登場するので、最 …

「アイデンティティ」と向き合う 〜from USA①〜

週明けから10日ほどの予定でニューヨークに来ています。 ニューヨークは1992年 …

「好きなことを仕事にする」

起業を志して一念発起、 いわゆる起業セミナーというところに通い始めて、 最も衝撃 …

時間は前にしか進めない。

昨日、ロンドンへ向かうの飛行機の中でのこと。 周囲の人が何度も自撮りをしたり、 …

「憧れのあの人は持っているのに、私は持っていないものリスト」

音楽に目覚め、 「いつかビートルズになる!」と頭の悪いことを真剣に夢見ていた中学 …

ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

迷ったら「続ける」、迷ったら「始める」

「今の仕事を続けていても、なんにもならないんじゃないか?」 「この人間関係を続け …

「お前は一体、どんな行動をして、今の状況を気に入らないと言っているんだ?」

週末なので、インサイドストーリー的お話を。 生まれて初めての音楽の仕事は、音楽学 …