大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

   

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった?
パイロット〜?それとも、プロ野球選手〜?」
先日、通りがかったスポーツ施設の前で、
小学生のこどもが体育の先生とおぼしき人に、
熱く質問していました。
そういえば、小学校の卒業文集の『将来の夢』の欄には、
プロ野球選手、宇宙飛行士、電車の運転手、パイロットなどなど、
男の子たちが夢見る、さまざまな職業が書かれていたっけ。

小学生は、やがて中学生になり、高校生になり・・・

そんな夢は、いったい、いつの間に忘れ去られ、
あきらめられていくのか。
何を根拠に、「昔は○○になりたいと思っていたんですけど、
それは無理だってわかってるんで」などと、言い切るようになるのか。

 

「大学って、夢をあきらめるためにくるところなんだって、
先輩が言っていました。」

少し前、大学の学生が、こんなことを言っていました。

 

一所懸命勉強して、練習して、
世の中というものを学んで・・・

学びとは、夢を叶えるため、夢に少しでも近づくためにあるはずなのに、

 

自分と夢との間に境界線を描く、

気の遠くなるような距離感をカラダに刻みつける、

そして、夢に「無理」「不可能」とタグ付けをする・・・

 

そんな学びのために、人生の一番素敵な時間を費やすなんて、

なにか間違っていると思えてなりません。
「もっと現実的で安全な仕事につくべきだ」というけれど、

世の中がめくるめくように移り変わっている、こんな時代。
「現実的で安全な仕事」ということばの方が、
よほど、非現実的に聞こえるのは私だけでしょうか?

 

純粋であると言うことが、一番強力なパワーです。

知恵や知識は、もちろん大切な財産ですが、

心を惑わすだけの余計な情報なら、シャットダウンする勇気も必要です。

 

いくつになっても、夢に近づいていくための学習に、
時間を、エネルギーを、集中して使っていきたいものです。

31782680 - happy kid playing with toy wooden airplane against autumn sky background. retro toned

【Day-to-day】
マジカルトレーニングラボ(株)のHP、とても素敵にリニューアルしていただきました!
可能性が思いきり広がる、ワクワクのHPです。
http://magicaltraininglab.com

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ことばに体温を宿す

「じゃ、とりあえずバランスチェック兼ねて、一度つるっととお願いします。 単独は1 …

「ミュージシャン同士のカップルってどうなんですか?」

ミュージシャン同士に限らず、同業者同士のカップルは、 なかなかうまく行かないもの …

憧れを現実に変える力

中学に入学して、 生まれて初めて部活動というものをはじめた時、 同じ部活の高校生 …

とりあえず、「ムカついたら怒る」

音楽のお仕事をしていると、実に数多くの人と接する機会があります。   …

どうせやるなら「ザ」のつくプロフェッショナルを目差せ!

先日、とある販売店でのこと。 まだまだ新米臭のある若者が、私たちの担当になりまし …

なにをハンディとするか、 なにをチャンスと考えるか。

「やっぱなぁ〜。東北人は、生まれながらにハンデ背負ってんだなぁ〜」 カツゼツとビ …

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …

「今に見ていろこのヤロー」

フリーターで、アマチュアで、 仕事もお金も彼氏もなくて、 地を這うどころか、 地 …

人間関係は「見極め」と「覚悟」なのだ。

最近、「あぁ、なんでこの人は、わかんないんだろう。」と、 苛立つことが立て続けに …

逆境に感謝を。逆境に陥れようとする「そいつ」にはリベンジを。

「絶対に、あいつの方が、オレより可愛がられてる。」 「なんで、あの子ばっかりチヤ …