大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

   

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった?
パイロット〜?それとも、プロ野球選手〜?」
先日、通りがかったスポーツ施設の前で、
小学生のこどもが体育の先生とおぼしき人に、
熱く質問していました。
そういえば、小学校の卒業文集の『将来の夢』の欄には、
プロ野球選手、宇宙飛行士、電車の運転手、パイロットなどなど、
男の子たちが夢見る、さまざまな職業が書かれていたっけ。

小学生は、やがて中学生になり、高校生になり・・・

そんな夢は、いったい、いつの間に忘れ去られ、
あきらめられていくのか。
何を根拠に、「昔は○○になりたいと思っていたんですけど、
それは無理だってわかってるんで」などと、言い切るようになるのか。

 

「大学って、夢をあきらめるためにくるところなんだって、
先輩が言っていました。」

少し前、大学の学生が、こんなことを言っていました。

 

一所懸命勉強して、練習して、
世の中というものを学んで・・・

学びとは、夢を叶えるため、夢に少しでも近づくためにあるはずなのに、

 

自分と夢との間に境界線を描く、

気の遠くなるような距離感をカラダに刻みつける、

そして、夢に「無理」「不可能」とタグ付けをする・・・

 

そんな学びのために、人生の一番素敵な時間を費やすなんて、

なにか間違っていると思えてなりません。
「もっと現実的で安全な仕事につくべきだ」というけれど、

世の中がめくるめくように移り変わっている、こんな時代。
「現実的で安全な仕事」ということばの方が、
よほど、非現実的に聞こえるのは私だけでしょうか?

 

純粋であると言うことが、一番強力なパワーです。

知恵や知識は、もちろん大切な財産ですが、

心を惑わすだけの余計な情報なら、シャットダウンする勇気も必要です。

 

いくつになっても、夢に近づいていくための学習に、
時間を、エネルギーを、集中して使っていきたいものです。

31782680 - happy kid playing with toy wooden airplane against autumn sky background. retro toned

【Day-to-day】
マジカルトレーニングラボ(株)のHP、とても素敵にリニューアルしていただきました!
可能性が思いきり広がる、ワクワクのHPです。
http://magicaltraininglab.com

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「生みの苦しみ」

作品をつくり出すことは、非常に苦しい作業です。     例え …

とにかく歌う。毎日歌う。それを続ける。

生まれて初めて包丁を持つときは誰だって、 なんのことはない作業、 例えば、単に「 …

「なぜ創るか」、「何を造るか」と同じくらい、「どう魅せるか」にこだわる

名曲といわれる歌は、 それを演じていた歌手たちのイメージやパフォーマンスと共に蘇 …

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

変化することは人間らしさ、自分らしさの一部

すべては、時と共に変化します。 変化しないものは、死んでいるもの。 後は腐敗する …

直感に突き動かされて、崖から飛び降りる

行動のきっかけは、いつだって、 ちょっとした思いつき、衝動、閃き、出来心。 即断 …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

ウソをつくなら、自分を騙せ!

ウソはダメだとわかっているのに、人は時々ウソをつく。 いや、時々じゃなく、意外に …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …