大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人には人の、自分には自分の、戦い方がある

   

チャンスを求めて、日夜、必死にがんばっていると、折に触れ、
「この人に会ってみない?」とか、「あの人に紹介するよ」みたいな、
ありがたいお話をいただくようになります。

大手、中小、さまざまなレコード会社のディレクターさん、
プロダクションの社長さん、
放送局のお偉いさん、新進気鋭の作家さん…etc.etc.

そんな人たちの肩書きやお名前を聞くたびに、
なんともドキドキ、ワクワクして、
これで人生変わっちゃうんだわ、などと、
おめでたい空想で胸を膨らませながら、
おめかしして出かけては、

面と向かって、ひっどいこと言われたり、
とんでもなく軽く見られたり、
あからさまに興味なさそうにされたり…

そうやって、ちぎっては投げ、ちぎっては投げされても、
今度こそ、と信じては、また裏切られ。

どれだけ繰り返しても、
開けないときは、全然開けません。

白馬の王子さまなんか・・・なんだ、どこにもいないんじゃん。

そうして、また練習と制作とバイト、
そして、自己嫌悪の日常に戻っていく。

 

こんなことを繰り返してきて、つくづく、
人には人の、自分には自分の、戦い方があるんだと学びました。

世の中には、もちろん、
ディズニープリンセスよろしく、
一瞬で白馬の王子さまの心を奪って、
その馬の背にフワリと乗せられて、
素敵なお城に連れ去られ、
幸せに暮らしましたとさ、めでたし、めでたしな人だって、
はい、はい、たくさんいるでしょう。

 

しかしね。
まずは、自分を見る。

そもそも、プリンセスキャラでもないし、
無条件に王子さまの言うことを聞いて馬に乗っかるタイプでもない。
お城に閉じ込められたら、さぞかし退屈で、
幸せの価値なんて、自分で決めたい!とばかり、
すぐに脱走を試みるに違いない・・・。

そんなキャラの人間のもとに、白馬の王子さまなんか、くるわけもないし、
よしんば来たって、なんにも起こらないに違いない。

 

他人のストーリーの主人公にはなれないんです。

他人が決めた「幸せのステレオタイプ」と自分を照らしあわせて、
一喜一憂したり、コンプレックスを抱いたりするなんて、

あー。だっさい。
意味がない。

 

自分はどんなストーリーを生きているのか。
どんなストーリーを生きたいのか。

そこをね、
頭の皮が痛くなるくらい考える。
思いつくことは片っ端からやってみる。

すると、少しずつ、自分のストーリーが軌道に乗って、
展開していく。
ちゃんと、自分のために準備されているサプライズに
どんどん出会えるようになる。
人生、そんな印象です。

あなたは、どんなストーリーを生きていますか?

 

*写真はあくまでも、「戦う女」のイメージです。戦争も、銃所持も、私は反対です!

◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022
リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。
ご登録はこちらから。

 

 - B面Blog, 夢を叶える

  関連記事

「ウソ」と「おしゃれ」と「身だしなみ」

「俺って正直だから、ごめんね。」と言い訳しながら、 言いたいこと言い放題という人 …

選ばれるミュージシャンであるための3つの資質

長年、音楽業界で優れたミュージシャンたちと たくさんのお仕事をさせてもらってきて …

ダメな時はダメ。それでいいのだ。

一昨日から、 書いても書いても仕上がらない記事がありまして。 どうやってもアップ …

心のノイズを打ち消して、ただがむしゃらに進むのだ

こんなこと、やってみたい! こんなこと、やったらどうだろう!?   そ …

ライブって、本当にすごいんだ。

人にライブの思い出を語るときは、 ついつい、大きなホールで歌った話や、 テレビの …

「バンマス・マニュアル」〜ライブ編〜

メンバーがあつまったら、さっさとライブを決める。 いや、なんなら、メンバーは集ま …

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

18才のとき、夢は無限大でした。 自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なん …

結果が出るまで、やる。~SInger’s Tips #14~

高い声が定着しない。 声量がいまひとつ上がらない。 ピッチがなかなか安定しない。 …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

「歌がうまい」って、なんなのよっ!?

歌なんか、習うもんじゃない。 ウンザリするほど聞いたことばです。 正直、私もずっ …