大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

うまくなる人。ダメな人。

   

「歌は、誰だってうまくなる。」

20年にわたるヴォーカル・トレーニングを通じて確信した、
MTLメソッドの基礎となる考え方です。

この前提がないと、
トレーニングは前に進みません。

うまくなる人は、心が素直で、
いい意味で「暗示にかかりやすい人」。

「素直じゃない人はダメなんです」。
これは私の出版の師匠が折に触れ言うことばです。

「絶対うまくなるよ」と言えば、

あぁ、そうなんだ。
がんばれば、私もうまくなるんだ。

・・・と信じられる。

「だから、これとこれをやってみて」と言えば、

できるようになるまで、
真っ直ぐ、ひたむきに、練習をする。
そんな心身の持久力がある。

わからないこと、できないことを、
自分なりに研究し、
自分なりの解釈を加え、
突き進んでいく知力と勇気がある。

こういう人は確実にうまくなります。

 

一方で、こちらがどんなにヒントを出しても、
上達できない人というのが、一定の割合で存在します。

個人的には、そのたびに、
謙虚な気持ちでメソッドの見直しをしているわけですが、

結果の出せない人というのは、
人間的に、似かよった傾向があると感じています。

筆頭は、やはり、「素直じゃない人」。

こちらの「あなたにもできる」が信じられない。

だから、ちょっとした困難にぶち当たるたびに、
「やっぱりダメなんだ」「どうせ無理なんだ」という、
いわば「逃げ道」を用意してしまうのです。

「できる」が信じられないから、続けられない。
だから「できない」。

レッスンのたびに、
練習ができなかった言い訳と、
「がんばったけど、できなかった」という説明が続きます。

自己評価が低すぎる、
承認欲求が高すぎる、
依存心が強すぎる、
そして、知的に怠惰。

これでは結果は出せません。

どんなことも一緒ですね。

精神論でトレーニングを語るのは趣味ではありませんし、
人間教育はボイストレーナーの仕事ではありません。

しかし、
思うように行かないことが続いたら、
まずは、
自分との向き合い方、
日々の心の在り方に目を向けてみる。

最後に試されるのは人間力です。

 

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ある日のレッスンから

  関連記事

夏の価値を高める「8月いっぴっ!」の習慣

こどもの頃から、 月初めの日記には、 今月やったるで!なことを書き並べ、 最後に …

「なんでも歌える」と言わない勇気

「どんなの歌ってるんですか?」 どんなちっちゃなご縁も仕事に繋げようと躍起になっ …

ケツがむずむずするような曲、 書かなきゃ売れないよ。

PC内の断捨離&オーガナイズも佳境。 昨日、タイトルは見えるけど、 「デ …

手癖でやらない。 慣れでやらない。

ここ数年、 自分というコンテンツを最後の一滴まで、 言語化、文字化、映像化して絞 …

レコーディングでうまく歌えない原因と対処法。

先日メルマガのお便りフォームに、下記のような質問をいただきました。 (一部プライ …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話③

当初、編集は誰かに頼む予定でした。 映像編集なんてやったこともないし、 できる気 …

「譜面台を立てるか、立てないか問題」を考える。

「譜面台を立てるか、立てないか問題」は、 これまで、さまざまなところで 語ったり …

「切り際」で、歌は素晴らしくも、へったくそにもなる。

昨日、「音の立ち上がり」は、 歌い手の声の印象を大きく左右する、 というお話をし …

目一杯のインプット&勝負をかけてのアウトプット

どんな人にも、 スキルを上げるべく、目一杯インプットしたり、 勝負をかけて、アウ …

お前の主観はいらんのじゃ。

人が音楽や歌をジャッジするポイントは、 大きく分けて3つあります。 1つめは「正 …