大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「なんか、できちゃうかもしれない」妄想

   

ロックダウンを機にスタートした英語のレッスンも8週目。

今日も、”S.W”あらため、サラと、
最高に楽しく、テンションの上がるレッスンが終了しました。

かねてより、
「よき師に恵まれる人は、よき師になりうる」
と信じている私ですが、

サラの優秀さと人柄には、
本当に学ぶところ、見習うところが多く、
英語だけでなく、
実に得るものの多い時間を過ごしています。

声にも歌にも自信がないという彼女に、
MTLメソッドを英語でレクチャーするという設定で、
レッスンを進めてもらっているわけですが、

話が深くなるほどに、
語学の学習と、歌のトレーニングとに、
さまざまな共通点が見出されて、
毎回、共に驚き、盛り上がります。

例えば・・・

・不安や緊張を感じると、
自分自身のポテンシャルを引き出せなくなる。

・間違いや失敗をおかすことは全く恥ずかしいことではない。
怖いからと、逃げ出してしまうことの方がずっと怖い。

・完璧にできるようになるまで、
人前に出ることはできないなどと考えたら、
一生人前になんか出られない。

・完璧にできないのはあたり前。
完璧である必要なんか、ない。

・「正しい」ことが重要なのではない、
伝えたいこと、表現したいことが重要なのだ。

・・・etc.etc…

セッションのたびに、サラは私に、
「なんか、できちゃうかもしれない!」
という妄想を抱かせてくれます。

そして、それこそが、
人にものを教える人にとって、
一番大切な資質なのではないか。

あそこができない。
ここがダメ。
そこは、こうして。。。

ダメ出しに終始してしまうのは、
ダメ出しをする方が簡単だから。

有能な先生は、
生徒が持っている能力を正しく評価して、
誰もが持っている「可能性」を教えてくれます。

その上で、どうしたら、その可能性を切り開けるか、
具体的に、その方法を教えてくれるのです。

サラとセッションしたあとは、
「なんか、できちゃうかもしれない」妄想による高揚感で、
がんがん筆が進みます。

次の週のレッスン用の原稿もどんどん書き進みます。

ああ、こんな風に、可能性を見せてくれる先生で、
私もありたい。

やっぱり、高揚感をくれるレッスンこそが、
結果を出せるレッスンなんだよな。

これが、なかなか、難しいわけなんですけどね・・・。

◆ 一から歌を学びたいという方にも、基礎を見直したいというプロの方にも。オンラインのお得なBasic3パック
◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

「なに聞いて歌ってんの?」

「なに聞いて歌ってんの?」 ワークショップや授業で生徒たちの歌を聞いた後、 よく …

人には、人の「道筋」がある。

学生時代、得意だった科目に『論理学』があります。 一般教養の範囲ですし、 正直、 …

歌の上達に大切な3つの力

大好きな曲と出会う。 歌ってみたくて仕方がなくなる。 毎日聴く。何度も聴く。 そ …

「違和感」を放置しない。

私たちの脳は毎秒1000万ビット以上の情報を処理できると、 神田昌典さんが書いて …

特別なことはなにも起きない

音楽業界でお仕事をするようになって、 少しずつキャリアを積み始めた頃、 街でばっ …

人はみんな、違うのだ。だから、おもしろいのだ。

音楽というのはある種のトリガーで、 サウンドやフレーズや声が 感情とか記憶とか、 …

テンポが速い曲の練習方法~Singer’s Tips #26~

「ゆっくり目の曲はうまく歌えないんです。 テンポの速い曲の方が得意です。」 時々 …

わかりやすくうまい人 vs. さりげなくうまい人

「歌のうまい人」には2種類います。 ビヨンセやホイットニーやアギレラみたいに、 …

作業量の多さにひるまない

英語を勉強しはじめたとき。 英語の辞書の重さをずっしり感じながら、 「こんなにた …

プライベートか?グループレッスンか?

「歌はプライベートレッスンでなければ上達しない。」 長年、そう言われています。 …