大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌の「点」、ビートを意識する。

      2017/10/10

ドラムにビートがあるように、歌にもビートがあります。

ビートの意味は、いろいろな解釈がありますが、
ここでは、wikiでいうところの
「基本的な時間の単位の始まり、つまり時間の中のある1点。これは足が床を踏むほんの一瞬の点である。」と思って下さい。

つまり、ドラムでいうところの、打点です。

楽器演奏と違って、メロディは呼吸に乗って流れるように歌うので、
歌い手はついつい、この「点」をおろそかにしてしまいがちです。

しかし、ポップス、ロックなど、リズムのある曲を歌う場合、
この「点」がおろそかになると、歌そのものが、
「なんか、ノリが悪い」
「どうもルーズだ」という印象を与えてしまいます。

スピード感のある、心地よいグルーブを感じる歌は、
この「点」をしっかりとおさえられている歌なのです。

たとえば、歌い出し、小節の頭など、
要所要所はかっちり合わせられても、
途中の8分音符や、16分音符の点の置き方が適当だと、しゃきっと聞こえません。

ドラムやギターは、その8ビートや16ビートの点を、
カチッと押さえて演奏しているものです。

必ずしも、16分を均等に歌うことがいいというわけではありませんが、
この「点」意識を磨くだけで、圧倒的に歌のグレードがあがります。

人は、ピッチのぶれよりも縦、すなわち、ビートのぶれに敏感だからです。

ハイハットや、スネアとビートがバチッとあった小気味良いボーカルは、聞く人をスリリングな感覚にしてくれます。
なにはともあれ、ビートの表現は、
自分の歌うメロディの譜割りをきちんと把握することからはじまります。

小節の何拍目なのか、音符の長さはどうか、休符は?
付点なのか、シャッフルなのか・・・?

特に、音符が細かい16ビートの曲などでは、
細部が曖昧になりがちです。

本人は気持ちよく歌えているつもりでも、
なんか、しゃきっとしない、いまいちな歌に聞こえてしまうのです。

譜割をきっちり把握する。

裏拍を感じる。

楽器の、特にドラムのビートを聞きながら、呼吸を合わせて歌う。

練習方法はいろいろありますが、

まずは、これらを意識するだけでも、ずいぶん歌のグレードは上がると思います。

10732552_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

ギターの「早弾き」 vs. ボーカルの「高い音」

ボイトレというと、高い音ばかり練習している人がいます。 実際に、スクールなどでも …

「左脳で感じる」練習法

「おとなは左脳で感じる」。 私の持論です。 ある程度成長すると、 こどものように …

ヴォーカリストがリハーサルの前に最低限準備すべき3つのこと

昭和音大では『アンサンブル』という授業を受け持っています。 アンサンブルというと …

「曲を知らなければ演奏できない」

「曲を知らなければ演奏できない」   当たり前のことのようですが、 こ …

「迷い」に耳を貸さない覚悟

「これだ!」と閃いて、 ワクワクはじめたはずなのに、 なぜかうまくいかない、 こ …

「どうやったらできるか」じゃなくて、「どうやったらなれるか」。

「どうやったらできるか」が知りたいのは、 真面目に学ぶ気のある人のお話です。 た …

「バンマス・マニュアル」を作成せよ! <バンド結成編>

音楽好きの仲間と集まると、 「バンド組みたいよね〜」と、やたら盛り上がるのに、 …

伸び悩む人にする10の質問

「キミ、ホントにうまくならないなぁ。」 今日は、そんな風に言われた時、 または、 …

「曖昧なこと」「わからないこと」を放置しない

歌や楽器の上達のために必要不可欠なことは、 「曖昧なこと、わからないことを排除し …

「長期記憶のゴールデンタイム」にあなたは何を記憶しますか?

「受験生といえば、まずは『でる単』」。 『でる単』、すなわち、『試験に出る英単語 …