大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

歌の「点」、ビートを意識する。

      2017/10/10

ドラムにビートがあるように、歌にもビートがあります。

ビートの意味は、いろいろな解釈がありますが、
ここでは、wikiでいうところの
「基本的な時間の単位の始まり、つまり時間の中のある1点。これは足が床を踏むほんの一瞬の点である。」と思って下さい。

つまり、ドラムでいうところの、打点です。

楽器演奏と違って、メロディは呼吸に乗って流れるように歌うので、
歌い手はついつい、この「点」をおろそかにしてしまいがちです。

しかし、ポップス、ロックなど、リズムのある曲を歌う場合、
この「点」がおろそかになると、歌そのものが、
「なんか、ノリが悪い」
「どうもルーズだ」という印象を与えてしまいます。

スピード感のある、心地よいグルーブを感じる歌は、
この「点」をしっかりとおさえられている歌なのです。

たとえば、歌い出し、小節の頭など、
要所要所はかっちり合わせられても、
途中の8分音符や、16分音符の点の置き方が適当だと、しゃきっと聞こえません。

ドラムやギターは、その8ビートや16ビートの点を、
カチッと押さえて演奏しているものです。

必ずしも、16分を均等に歌うことがいいというわけではありませんが、
この「点」意識を磨くだけで、圧倒的に歌のグレードがあがります。

人は、ピッチのぶれよりも縦、すなわち、ビートのぶれに敏感だからです。

ハイハットや、スネアとビートがバチッとあった小気味良いボーカルは、聞く人をスリリングな感覚にしてくれます。
なにはともあれ、ビートの表現は、
自分の歌うメロディの譜割りをきちんと把握することからはじまります。

小節の何拍目なのか、音符の長さはどうか、休符は?
付点なのか、シャッフルなのか・・・?

特に、音符が細かい16ビートの曲などでは、
細部が曖昧になりがちです。

本人は気持ちよく歌えているつもりでも、
なんか、しゃきっとしない、いまいちな歌に聞こえてしまうのです。

譜割をきっちり把握する。

裏拍を感じる。

楽器の、特にドラムのビートを聞きながら、呼吸を合わせて歌う。

練習方法はいろいろありますが、

まずは、これらを意識するだけでも、ずいぶん歌のグレードは上がると思います。

10732552_s

 - 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

  関連記事

リズム感が悪いと言われたら「発声を見直す」!

「リズムが悪い」と言われたら、 誰もが真っ先に試みるのは・・・ 1.ドンカマやド …

英語の歌詞を完璧に覚えるオタッキーな方法

歌詞を覚えることの大切さについては、 もう、口が酸っぱくなるほど言い続けているの …

歌の上達に大切な3つの力

大好きな曲と出会う。 歌ってみたくて仕方がなくなる。 毎日聴く。何度も聴く。 そ …

歌詞が覚えられないのは、意味をわかっていないから。

「歌詞って、覚えられないんですよね。 どうしても、カンペ貼っちゃうんですよ。」 …

苦手な「リズム感」や「タイム感」を徹底的に磨く3つのポイント

「リズムが悪い」「タイム感が悪い」と自覚している人や、 「自覚はないけど、人にそ …

お前の主観はいらんのじゃ。

人が音楽や歌をジャッジするポイントは、 大きく分けて3つあります。 1つめは「正 …

アドリブ上達の唯一の方法

「音程感のないアドリブをやるくらいだったら、 素直にストレートメロディだけ歌って …

no image
「リズム感がない」なんてことばをつかわない!

レッスンの話をもっと書きたいと思っていても、 なんだか、生徒やクライアントさんの …

「同じに出す」が一番難しい。

同じ音を連続して弾くとき、 ピアノという楽器の完成度の高さを、 しみじみと感じて …

「歌われているように書く」で英語の歌は劇的にうまくなる

ちょっと怪しいタイトルですが、 今日はタイトルだけ読んでいただければいいくらい、 …