大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

確信だけが、人の心を動かす。

   

「MISUMIさん、バッチっす!OKです!」

レコーディングのお仕事では、
歌った瞬間にOKをもらうようなことも、
少なくありません。

気心知れた、
私の声を知り尽くしたディレクターさんたちは、
「OK」と「もう1度」のジャッジも早い。

プレイバックを聞かなくても、
聞いた瞬間に、「お、いいな」と感じるといいます。

スタジオで初めて聴いた曲を歌って、
一発でOKをもらうというのは、
職業ヴォーカリスト冥利に尽きることではあります。

「すごいね」などと言っていただき、
現場の雰囲気も盛り上がりますから、
いいことづくしです。

お仕事の判断は基本、
ディレクターさん、プロデューサーさんにおまかせしているので、
そう言われれば、たいがいは
「よかった〜!ありがとうございます!」と、
嬉々としてブースを出るのですが、

実は、「あ、すみません、もう一回やらせてください」と、
自分から頼むことも、少なからずあります。

これもまた面白いもので、
歌った瞬間、いや、歌っている時に、わかるのです。

感じる、という方が近いかもしれません。

ピッチやリズムという基本的な問題ではありません。

イケてる歌を歌っているときは、
なんというか、
「きた〜っ!」という感覚がある。

歌に100%集中しているはずなのに、
一方で自分自身の歌を、興奮しながら聞いている自分もいる。

ゾーンと言われる感覚と似ているかもしれません。

この感覚がない時は、
たとえOKをもらっても、どんなに誉められても、
もう1回歌うに限ります。

冷静に聞けば、確かに、歌の精度は悪くない。
声も悪くない。
でもね。なんか、腑に落ちないんです。

何度聞いてもその感覚は変わりません。

一方で、歌いながら「きた〜!」と感じる歌は、
何度聞いても、いい。

その辺のセンスが近いディレクターさんの場合、
私が歌い終わった瞬間に、
「おぉおお、そういうことですか!」と、
こちらの感覚を共有してくれるのが常でした。

この「きた〜っ!」はどこからくるのか?

いきなり降ってくる「確信」です。
その「確信」には根拠はない。
正確だとか、うまいとか、
そういう、左脳レベルでわかるようなことではありません。

ただ、わかる。

そして、この「確信」だけが、人の心を動かすのです。

歌、しかり。
文章、しかり。
話すことも、しかり。

歌いながら、書きながら、話しながら、
自分が「確信」を感じているときは、
間違いなく、受け手から好意的な、
時には感動的な反応が返ってきます。

これもまた、確信。

まだまだ道半ば。
いつもいつも、
100%の確信を抱けるわけではないのだけど、

触覚を全身に張り巡らせて、
「きた〜っ!」を求め、今日もひたすら精進です。

 

毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 

 - B面Blog, Life, The プロフェッショナル , , , ,

  関連記事

おかえりっ!「いいね」!

今年のはじめ、専門家の方に勧められるままに、 ブログのSSL化を依頼し、作業が完 …

人には、人の「道筋」がある。

学生時代、得意だった科目に『論理学』があります。 一般教養の範囲ですし、 正直、 …

苦しさも音楽の一部だから。

歌がうまくなりたい!という強い衝動は、 一体どこから湧いてくるのか? 歌に、音楽 …

起きて見る夢 vs. 寝て見る夢

常日頃、道に迷う若者たちに問いかけていること。 「ぜんぶ可能だったら、なにがした …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

最後に「正解」を決めるのは誰だ?

とあるレコーディング現場でのことです。   ブースに入って、ソロプレイ …

思い込みと勘違いで他人に意見するのは一種の迷惑行為。

何年か前、知り合いの女性ヴォーカリストに、 「私、衣装は全部ネットで買っているわ …

「夢に向かって邁進する」は美徳でもなんでもない。

学生時代、本の取り次ぎ店にバイトしていました。 バイトは朝の9時から夕方5時まで …

キャリアの節目をポジティブに旅する

「節目」というものをポジティブに捕らえるか、ネガティブに捕らえるかで、 人生のク …

本物に触れる。 本物を知る人の感性に触れる。

ずいぶん昔のことになります。 親戚の知り合いだったか、 知り合いの親戚だったか、 …