大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「あ、あれ、まだ書いてない」

   

「MISUMIさんのブログって、声や歌の話、ほとんどないですよね。」
そんな風に言われることが多々あります。

このブログ、『声出して行こうっ』は、
私のレッスンでメソッドにならない部分、
つまり「私」というコンテンツを、
すべて文字化して残そうという気持ちからはじまった、
いわば、自分丸ごとコンテンツ化プロジェクトの一環でした。
(何でも大げさですみません)

 

このブログを今のスタイルにした当初、
“MTL Complete”という、
現在のMTL12、そして、
インストラクタ−養成コーステキストの原型を、
毎日コツコツ、カリカリと、
手書きで書き綴っていました。

自分がレッスンや授業で伝えてきたメソッドを、
片っ端から言語化し体系化して、書き綴るほどに
私のレッスンで、
一番受講生に影響を与えているのは、
メソッドそのものではなく、
私という人間が経験したこと、
考えていること、
取り組んでいることそのものなのではないかと感じられ、

それならと、メソッド作りと平行して、
ブログに力を注いだのでした。

「自分丸ごとコンテンツ化」ですから、
ネタが尽きたら、
ブログはさっさとやめようと思っていましたし、
メソッドの方も”Complete”と名付けたくらいですから、
とにかく持っているもの、
知っていることを全部注ぎ込んだつもりでいました。

しか〜し。

人間というのは、面白いもので、
書きたいこと、語れることは、
書いても書いてもなくならない。

いや、たぶん、同じことを何回も書いたりしているんでしょうが、
それでも、自分でもあきれるくらい、
書いても書いても、
まだ「あ、あれ、まだ書いてない」があるわけです。

まぁ、死んじゃった人の回想録というわけじゃなく、
生きているもんですから、
ネタが増えるのはあたり前なのでしょうが、
それにしても面白いものです。

 

メソッドに所感を加えて、
365日書き綴った『メルマガ365』、

ビジネスコンテンツがたまってきたところで、
昨年はBizLab、
Youtubeにビデオレター・・・

 

今日は、昨年末から構想のあった、
中上級者向けメソッドを組み立てていたのですが、

「これ、ちゃんと伝えてないわ」のオンパレードで、
いやはや、まだ当分、
書き続ける、語り続けることになりそうです。

 

今年はこのブログ『声出していこうっ!』でも、
メソッドを語っていきますね。

◆いよいよMTL2020。ワークショップ&セミナーがはじまります。一足早いお知らせは、メルマガで。(ほぼ)週1回ブログ記事からさらに1歩進んだお話をお届けしています。『メルマガ365』のバックナンバーもすべて読めますよ。無料登録はこちらから。

 - B面Blog, Life, My History, ボイストレーナーという仕事

  関連記事

素直じゃない人

「ハイという素直な心」。 女子校時代、朝礼の訓示で、 時の校長先生が必ず唱えた『 …

「嫌い」なものは「嫌い」

人の好みはいろいろです。   納豆が大好きな人もいれば、あの匂いには我 …

おとなってのは「なんか」言うもんなんです。

自分がなかなかにナイス・エイジなおとなになって、しみじみ、 おとなってのは「なん …

「らしくない」を排除すれば、「らしい」が見つかる

情報がどんどん入って来るこの時代に、 自分のアイデンティティ、つまり個性を見出す …

「教える者」であるということ

学生時代。 先生が生徒をジャッジするより、 生徒が先生をジャッジすることの方が圧 …

アチチュードが、結果をつくる。

なにから始めたらいいかわからないなら、 憧れの人がやっていることを観察して、マネ …

けなし上手 vs. 誉め上手

「MISUMIは音痴だからさぁ。」 「ほら、あんたって、お勉強はできるけど人間的 …

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …

小さな選択の連続がやがて大きく流れを変える。

人生にはいわゆるターニングポイントというのがあります。 それがいつ訪れるのかはわ …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …