大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

Keep on Dreaming!〜夢を叶える決意

   

エアロスミスのヴォーカリスト、
スティーヴンタイラーがステージでこう叫びました。

“みんな、夢を見ているかい?
俺にもまだ夢はある。
夢を見続けようぜ!”

そのことばを聞きながら、

スティーヴンタイラーほどの人になっても、
まだ夢があるんだなぁ。。。
一体どんな夢なのかなぁ。

ふと、そんな風に考えたことを覚えています。

グラミー賞を受賞して、
栄光の絶頂にいたはずのエイミー・ワインハウスは、
その3年後にドラッグとアルコールの過剰摂取で、
27才という若さでこの世を去りました。

成功もお金も才能も、
人を幸せにすることはできない。

むしろ、成功や名声やお金、才能、
そして周囲の期待に押しつぶされたスターもたくさんいます。

ホイットニーしかり、ジャニスしかり、ジミヘンしかり。

どんなに家族が健康で、なかよしでも、
十分なお金がないことで不幸や挫折を味わう人もたくさんいます。

なに不自由ない生活をさせているのに、
「お金じゃないの!」と奥さんに泣かれたという大スターもいました。

家族は円満、仕事も順調。
それでも、ずっと自分の中に閉じ込めてきた夢をあきらめ切れなくて、
悶々としている人もいます。

 

なにが自分自身を幸せにするのか。

その答えは自分にしかわかりません。

 

もっと自由自在に演奏出来る実力が欲しいのか。

自分が満足するいい曲を書きたいのか。

ファンや友達にちやほやされたいのか。

ルックスがカッコよくなってモテたいのか。

単にプロになって、すごいといわれたいのか。

すごいプレイヤーに認められたいのか。

メジャーデビューしたいのか。

イベントやフェスに出たいのか。

とりあえずCDを作り続けられればそれでいいのか。

大スターになってテレビに出たいのか。

じゃあ、そのすべてが叶ったとして、
そこがゴールで、自分はいいのか…etc.etc…

 

実際に自分の身に起こらないことは、
人は、絶対に、理解出来ません。

100回説明されたって、
1回の経験にまさるものはありません。

 

人生はたった一度きりの、
リハーサルのないステージ。

夢を描いて、
夢にカラダを沿わせるように生きる。

ひとつひとつ、夢を叶えては、
また違う夢を見る。

ずっと、少しだけ熱に浮かされているように生き続けられたら、

それを幸福な人生だったと言うのではないか。

 

夢は、叶ったその時よりも、
叶えようとするそのプロセスが、
最も人に勇気を与え、幸福を感じさせるものだから。

まだ、夢の途中です。

【MTL Online Lesson12 12月生の募集は25日まで】
時間や場所の制約なく、繰り返しレッスンできる【MTL Online Lesson12】 。12月生の募集は25日まで。詳しくはこちらです。

【”ヴォイトレ365″ 毎日配信中】
365日間、声とヴォイトレを語り倒します。
バックナンバーも読めますので、ご登録がまだの方はぜひ、こちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

直感に突き動かされて、崖から飛び降りる

行動のきっかけは、いつだって、 ちょっとした思いつき、衝動、閃き、出来心。 即断 …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

no image
Think big!

最近、学生たちと話していて、気になることがあります。 これからどうなりたいの?と …

「僕、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」

「僕(私)、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」 という質問に、即座に「も …

このレースに勝ちたいか。 そもそもレースに出たいのか。

以前、 「最近の運動会では徒競走の順位がわからないようにしていて、 昔のように着 …

どんなに優れたアイディアも、 形にならなければ存在しないも同然

昔読んだ本に、「完璧主義のぐず」ということばがありました。   とにか …

起きて見る夢 vs. 寝て見る夢

常日頃、道に迷う若者たちに問いかけていること。 「ぜんぶ可能だったら、なにがした …

だから、嫌いなものは嫌い!

人の価値観はそれぞれです。 高くても、無理しても、 お気に入りのバッグを買いたい …