大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

まだなんにも終わってないし、これからはじまることだって、たくさんある。

   

ここのところ、本当にいろんなことがあって、
しょげたり、凹んだり、疲れ切ったり。

でまた、そんなときほど、
負の念を拾いやすいというか、
スピ系の人に言ったらなんか言われそうなくらい、
なーんか、どーんと気が重くなることがあったりして。

そんなときは、我が心の友と、チャットしたり、
ジェフ夫さん相手にうだうだ言ったりするのが常ですが、

今日はバリバリ仕事モードにも関わらず、
そんな余計なノイズに悩まされて、
今ひとつ集中できなかったので、

普段、仕事の時に歌詞やリズムのある音楽を聴くことは、
まず、ないんですが、
(逆に音楽に集中しちゃうので)
実にひっさびさに、サイモンとガーファンクルのベスト盤を流してみました。

えーと、お若い方のために解説しておくと、
サイモンとガーファンクルは、
映画『卒業』のテーマ”Sounds Of Silence”や”明日に架ける橋”など、
数々の世界的なヒット曲を世に送り出したアメリカのフォークデュオです。

いやー、音楽って、すごい。
ほんっとにすごい。

“Sounds Of Silence”のイントロが流れはじめた瞬間に、
一瞬にして、中学・高校時代の感覚が蘇ってきました。

記憶じゃないの。感覚。
いつもなんだかすっごい淋しかったこととか、
それでも、希望と夢に胸がはち切れそうだったこととか、
アメリカとかイギリスとか、
遠い遠い世界に死ぬほど憧れて、憧れて、
いても立ってもいられなかったこととか。

若さ以外なんにも持ってなかったあの頃の、
野望とかエネルギーとか。
やり場のない思いを、
ひたすらギターやピアノの練習にぶつけていたこととか。

そんな、感覚が一気にカラダの中に蘇ってきたら、
「なーんだ」って思えたんです。

なんにもなくしてない。
時間さえ、失ってない。

あの頃夢見ていたことを、いっぱい叶えて、
経験と出会いをそりゃもうとんでもなくたっぷり貯金した。

まだまだなんにも終わってないし、
これからはじまることだって、たくさんある。

自分以外のなにものも、
自分からなにかを奪うことはできない。

そして、得意の、
日本語で言うと、そうね、「ばかやろー」的な、
Fではじまる、例の英語のことばを心の中で叫んだら、
(あ、けして、サイモンとガーファンクルはけして、そういう音楽じゃありません)

なんか、一気に勇気が湧いてきました。

人に負けるんじゃない。
敗北ってのは自分にするんだ。

ティーンエイジャーの頃、
ノートをびっしり埋め尽くした青臭いセリフがいっぱい思い出されます。

まだまだ突っ走ります。
どうやらそういう生き物です。

あなたも一緒に、走ってください。

■無料メルマガ『声出していこうっ』。プライベートなお話からマニアックなお話まで、ポップな感じで綴っていきます!(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - Life

  関連記事

メイクに目覚める年齢 vs. あきらめる年齢

大学4年の頃、よく遊んでいた同級生の男子に、いきなり、 「っていうかさぁ、コサカ …

オトナとコドモの線引き

コドモの頃、オトナは特別な存在だと思っていました。   コドモとオトナ …

音なき音楽をキャッチする

歌や音楽を学びたい、極めたいと思うとき、 ついつい、音楽のことばかりを考え、 ま …

本質で語れ!

ヴォーカリスト、作詞家、歌の先生とキャリアを重ねて、 なかなかの「いいお年」にな …

「前提はなにか?」を見極める

どんなことにも、原因があります。 大事なのは、「前提はなにか?」を見極めることで …

Now or never, my friend.(今を生きるのだ、友よ!)

大学生くらいの年頃の子たちと話していると、実によく、 「今しかできないんで」と言 …

「初めて」の恐怖を克服する

初めて出かける場所。 初めて会う人。 初めて挑戦すること。 人間は「初めて」にワ …

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか? &n …

Never Too Late!今しかない!

大好きな英語表現に”Never too late”があります。 直訳すると「〜す …

あたりまえ過ぎて、今さら言えない10のこと

あまりにも、あたりまえのことすぎて、 最早、口にすることさえはばかられるようなこ …