大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「がんばるのが好き」なんてヤツが世の中にいるのか?

   

私に関するひどい誤解のひとつに、
「MISUMIはがんばるのが好きだから」というのがあります。

ずいぶん昔。
チームで仕事をしようと、私が先頭に立って必死に準備を進めていたら、
いきなり仲間に呼び出されて、
「私たちはあなたみたいに、がんばるのが好きなわけじゃないから」と
あっさり首を切られました。

以来、ことあるごとに自分の胸に手を当てます。

「私はがんばるのが好きなのか?」

そして、そのたびに、「んな馬鹿なことあるかいっ!」と大きく否定します。

私がそんな風に見えるのは、
がんばらざるを得ない状況に置かれることが多いから。

つまり、才能ある人なら軽々とやれることができないからに過ぎないんですね。

自然に、スマートにやってるだけなのに、
「うまいね」とか「魅力的だね」とちやほやされる人たちや、
ひらりひらりとキャリアをトリップしていく人たちに、
どれだけ憧れてきたことか・・・。

けど、そうはならない。

石にかじりついて、めっちゃドロドロになって、
超カッコ悪い、もう死んだ方がマシくらい苦しい匍匐前進を続けて続けて、
や〜〜っと薄明かりが見えてくる、みたいなことの繰り返しです。

「がんばるのが好き」的な誤解を受けるのは、
単に、そういうことを延々と続けているからに他ならない。
なんとか一山越えたと思うと、次の山が見えてきて、
あ〜あと、また泥行軍をはじめざるを得ないから、
なんか、「すっごいがんばる人」みたいなイメージがついているのだと思います。

そういえば、その昔から、「まだそんなことやってるの?」とか、
「よく辞めないで続けてるね」なんてことをいわれることもしばしば。

うん。そうも思うんだけどね。

本当に、これはもう本当に、そうなのだけど、
「あきらめ方」というのがよくわからない。
もうそろそろこの辺でいいよね、という見切りが、本当につかない。
実現したいと思うことが、実現できない理由が、どうしてもみつけられない。

頭悪いんだよなって、心の底から思います。
けど、これはもう生まれ持った地頭の問題なのでどうしようもない。

だから、気付いたら、また匍匐前進です。

そうやって匍匐前進を続けていると、
やっぱり、どか〜んと景色が変わる瞬間というのを折に触れ経験するわけで。

だからなおさら、やめられない。

私は、そんな景色が見たいだけです。

ぐいぐい高みに登っていくうさぎさんチームには、一生追いつけないかもしれんけど、
人間、やっぱり最後まで立ってたヤツが勝つんだと、
かなり説得力のある年齢になってきた今も思うわけです。

やれやれ。

■一流のトレーニングノウハウを、あなたも。第2期MTLトレーナーズメソッド、7月開講です。
■パワーアップしたメルマガ『声出していこうっ!』。ブログから、さらに1歩進んだお話をしています。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。ご購読はこちらから。

 - Life, My History

  関連記事

ネガティブ・スパイラルを抜け出す。

私たちが日常的に心の中で繰り返していることばが、 自らのセルフイメージをつくり、 …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

この歌、どうして知らないの?

MTL定番の、 (そして、私自身が「ドS」と認定されるきっかけのひとつとなった) …

「自分の常識は他人の非常識」

「私なんて、ごく普通だから・・・」 という風に言う人は、本当にたくさんいますが、 …

「所詮同じ人間」という前提に立つ。

誰かにできて、自分にできないことを、 生まれや育ちの違いのせいにしてしまうのは、 …

「ツボ」をはずした練習は、単なる自己満足であり、時間の無駄。

実は私、とっても足が遅いのです。   いきなり、しかもB面で何を言い出 …

「自慢話」してますか?

謙虚な人が好まれるのは、別に日本だけではありません。   欧米でも、 …

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …