大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「動画、まだヨコで撮ってるんすか?」

   

まわりにナマイキなことを言う「若者」が増えてきました。
いや、正確に言うと、かつての教え子たちが、最近ドンドン、ナマイキなことを言うようになってきました。

それもそのはず、「若者」とかって言ってるけれど、聞けば、もう30代半ばから、40代の前半。
いわば、社会の中心でバリッバリに活躍している世代。
それなりのキャリアを積み上げて、それなりのポジションで、部下とかもいるような年頃です。
多くが、ボコボコにしごき倒した学生時代、レッスン生時代から10年〜20年経っても私みたいなハイパーな人間に会いに来てくれるような人たちですから、それはそれは、みんなとんがってます。

そして、私は、そういうナマイキでとんがっている、デキるヤツらが大好きなんで、定期的に、彼らと会っては、ナマイキなことを、あれこれ言われております。

時代のど真ん中にいる世代が強いのは、その情報力です。
実体験で手に入れた一次情報やリアルタイムで経験している生の情報を常に豊富に持っているから、ついついダイノソーに陥りがちな私たちに、猛烈な刺激と学びを与えてくれるわけです。

どんなに経験や知識があっても、どんなに日々、学んでいるつもりでも、「今」をど真ん中で生きる人たちのような情報のアップデートは起こり得ません。
私自身、ITリテラシーはまぁまぁ高い方だと自負していますが、「今」のセンスで活用でいているか否かは、はなはだ疑問です。
そういう意味では、生きた情報がなければ、テクノロジーはないも同然です。

先日も、ナマイキな教え子のひとりに、
「動画のSNSをはじめたいと思っているんだけど、プラットフォーム含め、どうも、しっくり来る形が見つからなくて」と相談したら、いきなり、
「MISUMIさん、もしかして、動画、まだ、ヨコで撮ってません?」
といきなり言われ、「はぁ〜?」と大きな声を出してしまいました。

そこ?ヨコ?なに?
完全にダイノソーです。
「だって、リールとか、ショートとか、TIKTOKとか、うるさいから見ないもン」
と言えば、
「だから、みんな、音消してみるんすよ」
と、もっとわけのわからないことをおっしゃる。

新しいコンセプトが頭の中に流れこんで来た時に、私たちダイノソーが経験するのは、ある種の嫌悪感と違和感です。
これね、脳が怠惰になっている証拠らしいです。
つまり、理解しようとがんばったり、新しいことを学習したり、そういうことを全部拒否して、省エネモードに入ろうとするときの合図らしい。

だから、まだ進化を続けたかったら、一旦、嫌悪感をぐっと飲み込んで、新しい情報浴びてみるしかないのです。
取捨選択はその後です。つまり経験してから。

まぁ、若いヤツらにまかせるわ、と思うことも多いのですが、
はじめてみたら、バカみたいにツボにはまって、楽しめることもあります。

そんなわけで、YouTube、Shortはじめました。
TIKTOKや、instaにも、同時に投稿するようにと言われたので、お好きなプラットフォームでごらんください。
週1〜2本の感じでゆるっとやっていきます。

つくるのが楽しくて、困ってます。

 - Life, クリエイト, 質問にお答えします

  関連記事

バンドマンって、大変なんだ。

はじめて「フライヤー」ということばを聞いたのは、ニューヨークで初ライブをやったと …

ぶち切れない生き方

もんのすんごいむしゃくしゃイライラしていることがありまして。 ってやんでぇ、馬鹿 …

群れない

まわりにいる人を見ると、その人のことが分かると言います。 同じような空気感の、 …

「リハーサルって何回くらいやるんですか?」

ライブに来てくれる学生たちによく聞かれる質問のひとつに、 「リハーサルって何回く …

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、 「リビドーですよ」と答えたア …

「へたくそな自分」を楽しむ

一昔前までは、 『NHKのど自慢』に登場するような、 歌好きのひとたちって、 も …

「謙遜しない」という生き方

「私はただのシロウトなので」 「下手のよこずきで」 音楽やっているんですか?と聞 …

「自分が嫌い」の爆発的エネルギー

思うように行かないことは、いつだってあります。 自分が望むような方向に人生が流れ …

no image
書くことについて、思いきり語ってしまった。

昨年秋から「ことばの断捨離」と位置づけて、 ブログを綴っているわけですが、 書く …

自分自身を幸せにすることなんて、 本当はめちゃくちゃシンプルなことなんだ。

ロンドンに長期滞在したい、という思いは、 もう何年も前からあります。 最低でも半 …