大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

   

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、
「リビドーですよ」と答えたアーティストがいました。

 

認められたいのに、認められない。
欲しくて欲しくてたまらないのに、手に入らない。

悔しくて、情けなくて、苦しくて、

あぁ、目を背けて、忘れてしまえたら、
どんなに楽だろうとどれだけ思ったかわからない。

 

そんな押さえられない衝動や欲望のエネルギーで、

ひたすら文字を書き殴り、
叫ぶように曲を書き、
極彩色の絵の具でキャンパスを塗りたくる。

 

音楽は、文学は、アートは、
そうやって生まれるんですね。

 

これまで数限りないアーティストやミュージシャンに出会ってきました。

一見して、恵まれた状況にいる人も、
なに不自由ない境遇にいるはずの人でさえ、

心に満たされない想いを抱え、
孤独と向き合って、
目に見えない何かと、ひたすら戦っていました。

 

理由なんかない。
言い訳もしない。
たまらなく、ただ、たまらなく求めて止まないから。

苦しくたって手を伸ばして、
突き進んで行くしかないのですね。

 

満たされない想いが強い人ほど、
素晴らしい作品を生むのです。
素晴らしいパフォーマンスをするんです。

 

理屈じゃない。
根拠もない。
できるかどうかなんて、誰にもわからない。

最早これまでと、心が悟るまで。
ただただひたすらクリエイトし続ける。

クリエイターというのは、きっと、そういうもの。

 

創りたい、表現したい、という衝動から逃れるためには、
納得するまで、ただただ、ひたすら創り続けるしかないのです。

「表現したい」という欲求は、
それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

そう信じて、進ムノダ。

◆【メルマガ365】連載もいよいよ後2週間。
ご登録は無料で、バックナンバーも読み放題です。ご登録はこちらから。

◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「一部」は「全部」 

足の薬指を骨折したことがあります。 発熱まではいきませんでしたが、 一日中、なん …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

「何言ってやがんでぇ」と吠えてみる。

かれこれ10年近く前のこと。 さる著名な文筆家が主催する食事会に参加させていただ …

ハードでもソフトでもなく、「ヒューマン」ですね。

現在、マジカルトレーニングラボのサイトのリニューアルで、 才能あふれるデザイナー …

「振り返ればいつも若造」reprise

「振り返ればいつも若造」。 何年か前から使っている、お気に入りの言い回しです。 …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

情熱に心捕まれて。

生まれて初めてバンドの「まねごと」をしたのは中学1年でした。 掃除用具入れから取 …

「妄想」は所詮「妄想」です。

小学校1年の終わりに急性腎炎で、2ヶ月ほど入院し、 (今となっては理由は定かでは …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …

起きて見る夢 vs. 寝て見る夢

常日頃、道に迷う若者たちに問いかけていること。 「ぜんぶ可能だったら、なにがした …