大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

91センチの挫折

   

自己啓発書の普及の名作といわれる『思考は現実化する』には、

金が採れるといわれる土地で、
お金をつぎ込んで採掘設備をそろえ、何年もがんばった末、
挫折して、設備を売り払い、故郷に帰ってしまった男の話が出てきます。

ところが、男が設備を売り払った相手がその土地を再調査したところ、
彼があきらめたところから、わずか91センチ下に、
金脈が眠っていることを発見したというのです。

 

 

さて、この話を読んで、どう思うでしょう?

今、置かれている状況に応じて、人それぞれ、感じ方も違うのは当然です。

 

○ばっかだなぁ。なんで、そんなタイミングであきらめるのかな?
だったら、もっと早くあきらめた方がいいだろ?

○あぁ〜、わかるなぁ。。。ついてないやつって、こういうもんだよね。
結局、運命なんじゃないの?

○「91センチ」って、わかってたら、誰だってやめないでしょ?
なんで、あきらめる前に、もっとちゃんと調べなかったんだろ?

○あとちょっとががまんできないのが人間だ。
そもそも、たまたま91センチだっただけで・・・
91メートル進んでも見つからないようなものを、
探しあてようと粘るなんて、時間の無駄だ。。。

 

この話には後日談があります。

設備を売った相手が金鉱で大もうけをしたと知った男は、
その後、どんな試練にあってもけしてあきらめないと決心し、
やがて、金鉱脈を掘り当てたのと匹敵する財を築いたそうなのです。

 

 

 

男にとって、金鉱は、次なる成功へのステップ。
失敗や挫折は必要な修行だったのかもしれません。
それとも、失敗に懲りた男は、次の成功に向けて、
「あきらめてはいけない」ということを学習したのでしょうか?
もしくは、たとえ、男があきらめずに金鉱を採掘し続けても、
結局、男には見つけられなかった。
すなわち、それが男の運命というものだったのか。

 

それとも、それとも、
男には思い込みが足りなかった、
だから、金鉱では成功を「引き寄せ」られなかったのでしょうか?

 

 

ずいぶん昔に読んだ本ですが、

今でも、私はことあるごとに、この幻の91センチを思い、

私にとっての91センチはなんだろう?と考えます。

 

あなたの91センチはなんですか?

9272915_s

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
「情報」は量より質!

私はボイトレや声、カラダに関する本など、 気になるものを定期的にどかっと大人買い …

居心地のいい場所では一生学べないことをアウェイは一瞬で教えてくれる

「一般の人向けの本を出版したいんなら、 一般向けセミナーくらいやらなくちゃダメで …

どうせやるなら「ザ」のつくプロフェッショナルを目差せ!

先日、とある販売店でのこと。 まだまだ新米臭のある若者が、私たちの担当になりまし …

「大学って夢をあきらめるために来るところなんですよね?」

夢と希望に胸を膨らませて日本全国からやってくる学生たち。 入学の時の夢は、 「自 …

一瞬一瞬を大切に、大切に生きる。

ブログを書くようになって、 日々、自分の過去の記憶をたどっています。 ところが、 …

思い込みと勘違いで他人に意見するのは一種の迷惑行為。

何年か前、知り合いの女性ヴォーカリストに、 「私、衣装は全部ネットで買っているわ …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

「好き」を極める。

「好き」にもいろいろあります。 なんとなく好き。 どちらかと言えば好き。 結構好 …