大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

      2016/11/01

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」

「こいつ、こんなんで有名になってるけど、全くおんなじこと、
オレだって考えてたよ。」

「この子、たいしたことないのに、自分を売り込むのがうまいのね〜」

 

人は、自分の手の届く範囲、もしくは格下と思える人が、
飛び抜けて成功することをおもしろくないと感じます。

「ツイてやがるな、あいつ。」
「人に取り入るのが上手なのよね。」

 

 

非凡な人なら、成功するのも納得できるけれど、
なんで自分じゃなくて、あいつ?

 

まぁ、そうした場合、客観的にみて、冷静に理由をあげれば、
100くらい楽勝で出てくるのが常ですが・・・

 

今日の答えはシンプルです。
 

その気になれば何曲でも書ける曲を、「書かなかった」。

実行すれば有名になることを考えついていたのに、「やらなかった」。

そして、認められたければ、最も大切なのは、
人に知ってもらうことなのに、「売り込まなかった」。

 

「やるのは簡単だ。」というかもしれません。

本当にそうでしょうか?

 

頭の中で思い描くのと、実際に行動に落とし込むのとでは、
雲泥の差があります。

誰にも頼まれていない、期待されてもいないことを、
ただ一人、スタートし、継続し、
さまざまな困難に打ち勝って、形にして行くことは、
想像を絶するほどのエネルギーを必要とします。

 

周囲に馬鹿にされたり、
揶揄されたり、
裏切られることも多々あります。

あきれられたり、
軽蔑されたり、
疎んじられたり。。。

その度に、傷つき、自信を失い、挫折しそうになりながらも、

それでも、ただ、やる。

やり続ける。

 

成功できるのは、そんな、ほんの一握りの、「行動し続ける人」だけなのです。

 

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

4828204 - young woman making rude gesture on a bad date

 

 - Life, イケてないシリーズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

幸せと。寂しさと。そして嫉妬もちょびっと。

自分の仕事の評価を何で計るか? 稼いでいる金額? メディアで取り上げられた数? …

年齢を重ねることは「変化」であって「劣化」ではない。

「今さら」、「この年で」、などとということばを聞くたびに、 本当にいらっとします …

「気になる人」。

これから有名になろうという人、 活躍する人に共通の資質は、 「気になる人」である …

Never say Never! 「できない」って言うなっ!

「あなたはコーラス向いてないから、やめといた方がいいわ」 「君は声出さないで、口 …

「奥さんのとこ、まだテレビ、白黒なんですか?」

先日、生徒さんと話していたら、 「え?先生、Youtube、まだパソコンで見てる …

”想い”を形にする

ゆりかもめに揺られてお台場をながめるとき、 いつも、いつも、心によぎる思いがあり …

「あの頃は不便だったのよ」自慢

兄弟や友人に音楽通がいる人ならともかく、 昭和の時代に、 たったひとりで音楽を学 …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

前途洋々な若者に思わずアドバイスしてしまう5つのこと

時間は年齢とともに加速する。   噂には聞いていたけど、 そして、20 …