大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「自分が嫌い」の爆発的エネルギー

   

思うように行かないことは、いつだってあります。

自分が望むような方向に人生が流れて行かなくて、
一体なんでなんだろう?
どうすればいいんだろう?と途方に暮れることだって、
数限りなくある。

やがて自分自身が無価値なものに思えたり、

他人と自分を引き比べて、
「この人に起こることが、なぜ自分には起きないんだろう」
と落ち込んでみたり。

 

凡庸で、退屈で、魅力のない自分自身に、
ウンザリして、
自己嫌悪に陥って、
もう、何もかもをやめてしまいたくなるときだってあります。

 

少し前、某アーティスト、Tちゃんのようすを見ていて、
ずっと気になっていたことを聞いてみました。

「Tちゃんって、もしかして、自分のことが嫌いなの?」

若者の間で人気のある、
露出も多いシンガーソングライターです。

声も楽曲も素晴らしいし、
テレビ映えのする美人顔の子です。

あんなルックスや才能があったら、
誰だってものすごくいい気になるに決まってるのに、
彼女は、こう答えました。

「はい。自分、イヤです。居場所がないんです。」

「自分が嫌い」と思うほど不幸なことはありません。

もがいたって、苦しんだって、
自分から逃れられるすべはないからです。

逃げ出したい、他の人になりたいと思うほどに、
自分自身の存在は、自分の中で大きくなって、
自分の嫌いなところがどんどんクローズアップされて、
居ても立ってもいられなくなる。

死にたくなることだってある。

でもね。

そんな、どうにもならない、
思い通りに行かない状態だからこそ、
とんでもないエネルギーが生まれるのではないか?

だって、苦しいから、
だって、居ても立ってもいられないから、
もがく。

自分自身を変えたくて、
ただただがむしゃらに行動する。

自分が自分であることから逃れたくて、
ありとあらゆることを吸収する。

 

そこに、爆発的なエネルギーが生まれるのではないのか?

 

Tちゃんの歌が圧倒的なのは、
どちらかといえば物静かな彼女の
「自分が嫌いエネルギー」の爆発なのではないか?

 

私自身、若かりし頃は、
音楽なんかいらなくなるくらい、
自分自身を好きになりたいと、ずっと思っていました。

音楽がなければ生きられない、
居場所も生きる意味もない、
そんな無価値な自分自身を、
誰か変えてくれ〜!
ここから救い出してくれ〜!と
叫んでいたような時期もありました。

しかし、です。

私が自分自身を大好きでたまらなかったら、
きっとなんにもがんばらない、
1ミリも成長しない人生を過ごしたに違いありません。

そして、情熱的に歌ったり、
音楽を生み出したり、
ことばを紡いだり、
ビジネスを立ち上げたり、というエネルギーのある人たちを、
どこかで羨ましいなぁと、思ったかもしれません。

人生に起きることはすべて正しい。

 

あんなに大嫌いだった自分自身を、
ここまで好きになれるまでがんばれたことを、
まずは誉めてやりたい。

それと同時に、

まだまだ納得しきれない、
フラストレーションを抱き続けている自分自身に、
「これでいいのだ」と言ってあげたい。

いつだって、若者に教わることはたくさんあります。

◆毎朝お届けしているMISUMIの書き下ろしメルマガ【メルマガ365】。
「100回歌っても同じ音が出せるようになるためのtipsシリーズ」連載中。
バックナンバーも読めますので是非。ご登録はこちらから。

 - Life, ある日のレッスンから

  関連記事

迷ったら「続ける」、迷ったら「始める」

「今の仕事を続けていても、なんにもならないんじゃないか?」 「この人間関係を続け …

オトナとコドモの線引き

コドモの頃、オトナは特別な存在だと思っていました。   コドモとオトナ …

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

バンドって、うまく行ってるときは、 「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい …

『想い』が数字をつくるのだ。

「みなさんはどんな規模のビジネスを立ち上げたいんですか? ビジネスモデルをちゃん …

自信、自信、自信。

こどもの頃から声が大きくて、 大勢で騒いでいても、 友達の話に相づちを打っている …

自分が見つけたかった音楽の興奮や感動は、今もそこにあるか?

何かを必死に追いかけ続けていると、 ふと、なぜ追いかけてきたのだったか忘れてしま …

「○年にひとりの逸材」

仕事柄か、運がいいのか、 「○年にひとりの逸材」と言われるアーティストと、 お仕 …

「ブログ」って、すごいんだなぁ。。。というお話。

「MISUMIさん、ブログ、読んでますよ!」   以前から知っている人 …

「思いきりOFF」で、効率をあげる。

「休みの日には思いきり休みなさい」と、みんなに言っています。 たまりにたまった雑 …

本当に大切なことは現場が教えてくれるんだ。

某映画のバンド演奏のシーンの撮影に立ち合ったことがあります。 役回りは、出演者の …