大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「本気で好き」ということ。

   

「歌が好きなんです。
本気でシンガーになりたいんです。」

そんなことばを聞くたびに、正直、あぁ、またか、とげんなりします。

 

情熱的にそう語る子に限って、
その後、「でも・・・」とことばが濁るのです。

「親が反対している。」
「自分にはそんな実力はない。」
「将来が不安で・・・」

 

で、毎日どう過ごしているの?と訊ねると、
「歌っています!CD聞きながらず〜っと歌ってます。
カラオケ行ったり。お風呂とかでも歌います。」とくる。

では、何を歌っているのかと聞けば、

「いろいろです。好きな曲をどんどん歌っちゃって、
気がつくと結構時間が経っちゃってて。。。」

 

ふーん。
それって、歌が好きな人なら誰でもやることじゃない・・・?

 

こう言うと、「あなたなんてこと言うの?」的反応をされるのですが、

この世の中で、歌が好きで、
毎日のようにカラオケに出かけて、
好きな歌を友達と次から次へと歌っている子が、
一体何人いるでしょう?

もちろん、その中から、
本気でうまい子も出てきますから、
無意味だと言っているわけではありません。

ただね。

シンガーというのは特別な存在です。
そうやって「歌が好き」という、みんなの憧れです。

誰もがやっている、楽しいことしかやらないで、
いつか特別な存在になれるのじゃないかという思考回路は、
なんとおめでたいと感動してしまうわけです。

 

本気で歌が好きで、シンガーを目指している子というのは、
「本気なんです」とか、
「毎日一所懸命歌っています」的なことは、
いちいち言いません。

そんなことばを言う必要がないくらい、
本気が伝わってきます。

 

曲をつくるのが止まらない。
バンドでがんがんライブをやっている。
どんどん歌ってはSNSに投稿している。
オーディション受けまくっている。
レッスンに通ったり、人に会いまくったりしている。
デモを次々つくっている。。。。

 

彼らの身を切るような思いが、
ひしひしと伝わって来て、

すごいなぁ、本気で好きなんだなぁ、
なにか手伝えることがあれば、
何だってやってあげたい、という気持ちになる。

「本気で好き」は、人を動かす。

 

プロになっていく人って、
活躍する人って、
結局、その「本気」で人を動かす人なんじゃないか。

 

「本気なんです」って、人に言うのをやめてみる。

言い訳するのをやめてみる。

ガッツリ何かに取り組んで、
人に「本気だな」と納得させる。

誰かに、「お前、本気だろ?」と言わせてみる。

 

そのくらいじゃないと、誰も動いてくれません。

「本気で好き」って、そんなエネルギーなんですね。

◆ 超少数精鋭。『第2期インストラクター養成コース』募集中。
詳しくはHPをご覧ください。

◆【メルマガ365】では「ノドにいいもの、悪いもの」について連載中。
「バックナンバーまとめ読み」もお勧めです。ご登録はこちらから。

 - プロへの突破口, 夢を叶える

  関連記事

「無理」って言うな!

「限界」は自分が設定するもの。   これが、かれこれ、半世紀ほど人間を …

「完璧」の基準が「自分」がつくる。

何年か前まで、夏休みの宿題として、 「大好きな曲を1曲だけ選んで、徹底的に練習し …

ゴールを鮮明に描く。

「がんばっているのに、どうも成果があがらない」、 「なんかうまくいかない」という …

業界人やプロと出会うためにやるべきこと

プロミュージシャンとバンドやりたい、 業界の人とお近づきになりたい・・・ そんな …

最後は「自分の声」を聞くのだ。

「MISUMIサンはね、 もっと、自分じゃ恥ずかしくって赤面するくらい、 下世話 …

「ディレクター」や「プロデューサー」に過度の期待をしない

さて、夏休みもそろそろ後半です。   デモができたら、 オーディション …

サポートミュージシャンを目差す人が取り組むべき、最も大事なトレーニング

一流のアーティストたちと大きなホールをツアーして回る、 いわゆる、サポートミュー …

1度きり、しかも1曲だけしかチャンスをもらえないとしたら?

「ちょっと歌ってみて」   長年自分の歌を認めて欲しいと思っていた人に …

憧れを現実に変える力

中学に入学して、 生まれて初めて部活動というものをはじめた時、 同じ部活の高校生 …

才能ってなんだ?

こどもの頃から、カラダをつかって表現したり、 スポーツで才能を発揮したりしている …