大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「謙遜しない」という生き方

   

「私はただのシロウトなので」
「下手のよこずきで」

音楽やっているんですか?と聞くと、
歌や楽器をやっているという方の多くが、
枕詞のように、そう言います。

日本人特有の謙虚さからか。

プロの前で楽器や歌が好き、
なんて言うことが照れくさいのか。

はたまた、実際に歌を聴かれる前に、
ハードルを下げておきたいのか。

それとも。。。私が怖いのか。。。。

 

そんなこと言わなくってもいいのにな。

人は何かが好きで、一所懸命やっている人が好き。
その人が楽しんでいる姿を見るのが楽しい。

基本はそこなのです。

だから、「好き!」と胸を張ればいい。

謙遜なんかしなくっていいんです。

こどもの頃から、ずっと、
「自信を持ちなさい」と教えられてきたのに、

そして、自信に満ちあふれる人に、誰もが憧れているのに、

日本人の多くは、

自信を持っているということを人に悟られないようにする。

自信を持ちそうになる自分にブレーキをかける。

ときには、
自信を持っている自分に罪の意識すら感じてしまう。

 

もちろん、これには、受け手側の問題もあります。

なんにでもラベルやランクをつけたがるのが日本人。

「プロでもないのに」
「うまくもないのに」
とわかったような顔で言いたがる。

「自信満々で、見ているこっちが恥ずかしい」
などと、意地悪なことを言いたがる。

わかってないのは、そんなこと言っちゃう人たちなんですね。

 

「謙遜」は、美徳なんかじゃない。

ちょっぴり言い訳。
ちょっぴり逃げ。
ちょっぴり媚び。

音楽を志して、少しずつ人前で歌うようになったアマチュア時代、
心に堅く誓ったのは、「絶対に謙遜しない」ということでした。

「歌を歌っているんです。」
ということばに、
「アマチュアなんですが」や「まだまだなんですけど」
という言い訳をつけるのをやめる。

自分でもうまく行ったと思ったとき、
誰かに誉められたら、素直に「ありがとう」と言う。

たとえどんな場所でも、誰の前でも、
1曲歌ってよ、と言われたら、
「いやー。わたしなんか」と言わず、マイクを受け取る。

それは、できないことを、できるふりをすることとは全然違います。

 

それが、自分が大好きなことに対する敬意であり、覚悟。
恥ずかしがることなんか、なんにもありません。

 

胸張って行きましょう!

【MTL Online Lesson12 12月生の募集は25日まで】
時間や場所の制約なく、繰り返しレッスンできる【MTL Online Lesson12】 。12月生の募集は25日まで。詳しくはこちらです。

【”ヴォイトレ365″ 毎日配信中】
365日間、声とヴォイトレを語り倒します。
バックナンバーも読めますので、ご登録がまだの方はぜひ、こちらから。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

身にまとう”匂い”はごまかせない

「E先生はセレブだから、 飲み会とか誘っちゃいけない雰囲気あるんですよ。 その点 …

「生みの苦しみ」

作品をつくり出すことは、非常に苦しい作業です。     例え …

忙しいときほど立ち止まる〜複数の仕事をきっちりこなすためのヒント〜

よほど恵まれた状況にいるミュージシャンでない限り、 いや、恵まれた状況にいるミュ …

no image
安心領域から出る

「自分の年収は親しい友達10人の年収の平均だ」という説があります。 親しい人とい …

「ときめかない」ものは、「ときめかない」。以上。

こどもの頃から、アイドル歌手というものに、 ホントに興味が持てませんでした。 友 …

音楽家として認められるために大切なこと

昨日は大学の卒業ライブでした。 終了後、旅立つ若者たちに、 「今後活動していくた …

「自慢話」してますか?

謙虚な人が好まれるのは、別に日本だけではありません。   欧米でも、 …

「思いきりOFF」で、効率をあげる。

「休みの日には思いきり休みなさい」と、みんなに言っています。 たまりにたまった雑 …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

この歌、どうして知らないの?

MTL定番の、 (そして、私自身が「ドS」と認定されるきっかけのひとつとなった) …