大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

“Be present.” (今、この瞬間を味わって)

   

昨夜、往年のセクスィー男優リチャード・ギア主演の、
『嘘はフィクサーのはじまり』という映画を見ました。
(原題:Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer/邦題のセンスのなさに失神しそう・・・)

実によくできた面白い映画だったので、
機会があったらぜひ見て欲しいのですが、

今日のポイントはリチャード・ギアの演技。

二枚目のイメージが強ければ強いほど、
どうやって年を重ねていくか、
どんな役どころを狙っていくかは、
俳優生命を左右する大きな問題になるでしょう。

いくつになっても二枚目を演じ続けられる、
ホンモノのスターもいれば、

そろそろモテる役とか、無理でしょ?
と突っ込みたくなる俳優もいる。

ルックスの衰えを逆手にとって、
性格俳優を通り越して、
怪優みたいになっちゃう人もいるし、

いつの間にか、コメディ専門の、
面白い俳優になっちゃっている人、

長いこと名前を見ないなぁと思っていたら、
いきなり中高年の役者としてカムバックする人・・・

本当にいろいろで、
カラダ資本の仕事、
人前に立つ仕事を続けることの難しさ、
諸行無常を感じずにはいられません。

しかしね。

昨夜の映画のリチャード・ギアは違いました。

「今」を受け入れ、
最大限に楽しんでいるんです。

「俺、リチャード・ギアだけど」っていう匂いをさせない。
がんばって新しいことをしようとしている感もない。
あーあ、劣化しちゃって・・・という悲壮感もない。

リチャード・ギアレベルの俳優さんで、
これができるって、すごいことだよなぁと、
感じ入りました。

誰にだって、
自分の人生に対するプライドはあります。

振り返れば、過去はどんな瞬間も輝いて見えるし、
絶え間なく変化して行く自分や、
日に日に、終わりに近づいていくキャリアに、
不安や恐れを感じない人はいないでしょう。

しかし、

今、この瞬間の自分以外の自分は、
どこにも存在していない、ただのゴーストです。

この瞬間を徹底的に味わう。
今の自分を最高に楽しむ。

そうやって、「今」の最高を生きるなら、
人生ってのは、どの時点でも、
「絶頂期」なんじゃないか。

毎朝やっている、
ヨガのYoutube”Yoga with Adrien”中で、
インストラクターのAdrienが繰り返し言います。

“Be present.”
(今、この瞬間を味わって)

今を受け入れる。
今を味わう。
今を楽しむ。

人として、
アーティストとして、
パフォーマーとして、
どんなときも大切にしたいことばです。

 

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 

 - Books, Movies, Art, Music...etc., B面Blog, Life

  関連記事

「ブログ」って、すごいんだなぁ。。。というお話。

「MISUMIさん、ブログ、読んでますよ!」   以前から知っている人 …

キーは、歌えりゃいいってもんじゃないんですよ。

カバー曲を歌うとき、 無条件にオリジナルのキーで歌っている人は多いはず。 私自身 …

努力賞はない。そんなものはいらない。

「努力賞はないからね。」 音楽業界で仕事をするようになって、 一体何回このことば …

バンド仲間の悪口は言わない

もう何十年も前のこと。   大好きなメンバーと、かなり楽しくやっていた …

「打たれ強い人」になる唯一の方法

世の中には先天的に打たれ強い人というのがいるものです。   ガラスのハ …

成長痛を抱えて走れ。

今年前半は、 とにかくいろんなことが重なって、 頭の中がパツパツな状態が続いてい …

折り紙と「完コピ」。

腎臓病という病気は何にも食べられない。蛋白も塩気もいけないのだ。これは子供の身に …

リスペクトくださいっ!

私の通った女子校には、なんとも不思議な風習がありました。 学校のある駅を降りた瞬 …

「結局、誰よりも渇望した人間が・・・」

「なんで歌の学校なんか行くの? 歌なんか、習うもんじゃないでしょ?」 大学4年の …

「いいおとながトラウマと向き合う」

思い出すのもぞっとする、 考えただけで嫌な気分になるようなことが、 人にはいくつ …