大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

リミッターをぶっ壊せ。

   

「MISUMIさんがこれまで味わった挫折ってなんですか?」
先日、とある方にこんな質問を受けました。

・・・え?

滅多に質問の答えに窮することのない私ですが、完全にことばに詰まりました。

あまりに私がことばに詰まってしまったので、
先方はそのまま話題を変えてくれましたが、
その方と別れて、真っ先に私がしたことは、
「挫折」をググることでした。

 

そういえば、これまで、
「挫折」について、考えたことは一度もなかった気がします。

少なくとも私の辞書の大事な場所には格納されていなかったことばです。

もちろん、この人生、
「なにもかもが望み通りで順風満帆」や
「才能と環境に恵まれて」などとはほど遠い。
いやさ、真逆の人生です。

解釈によっては「挫折感だらけの人生」とも言えそうなのに、
なぜ私ときたら、ただの一度も、「挫折」ということばを意識せずに、
こ〜んなに長い年月生きてこられたのでしょう?

我ながら不思議に思い、つらつら理由を考えてみるに、
やはり、いつものように、
「ばかだから」という結論に達してしまいました。

「ばかだから」挫折してるのに気づかない。
「ばかだから」あきらめどころがわからない。
「ばかだから」まだまだ行ける、と思えてしまう。

この「ばかだから病」こそが、
どうやら私の推進力になってきたようなのです。

だってさ。

どんなにうまく行かなくたって、続けるだけ。
あきらめなきゃ、
1ミリずつでも前進してれば、
いつか必ずなんとかなる。

何かを途中でやめるのは、
あくまでも自分の意志で、やめることを選び取るから。
だからそれは、挫折ではなく、学習で。

単なる解釈の違いだと言われればそれまでだけど、
少なくとも私自身は、
ずっとそう考えて生きて来たのでしょう。

「ばかだから病」は恥ずべきことでもなんでもなく、
果てしなく自分自身にパワーと自信とプライドを与えてくれる、
素敵な病というわけです。

 

誰かが決めたリミットを、
なぜ自分のリミットであるかのように、
恐れなくてはいけないのか?

あーでもない、こーでもないと理由をつけて、
「やっぱり無理なんだ」と自分自身を納得させる必要が、
どこにあるのか?

他人のメジャーで自分を計って、
自分自身がちっぽけで取るに足らない存在だなどと、
錯覚しているだけなんじゃないのか?

葛藤はあってもいい。
焦燥だって、必要な時はある。

時に自己嫌悪や憂鬱も、
無気力でさえ、
目を開かせてくれる力やきっかけをくれる。

だけど、挫折はいらない。

 

リミッターをぶっ壊して、
オーバーヒートするまで振り切っていこう。

それが幻想と言うのなら、
喜んで、幻想の中で死んでいきましょう。

Stay Hungry.
Stay Foolish.

【第7期 MTLヴォイス & ヴォーカル レッスン12】いよいよお申し込みスタート!
第7期は2019年4月6日(土)スタートです。メルマガ読者様だけの、早割受付は2月17日まで。詳しくはこちら

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

バイブレーション

人は同調し合うもの。 長いこと一緒にいると、しぐさや話し方、果ては声まで似てくる …

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …

「本を読もう!」

「本読んでる?」 なんだか国語が通じないなぁ、と感じる生徒に出会うと、 思わず言 …

自分自身を幸せにすることなんて、 本当はめちゃくちゃシンプルなことなんだ。

ロンドンに長期滞在したい、という思いは、 もう何年も前からあります。 最低でも半 …

情熱に心捕まれて。

生まれて初めてバンドの「まねごと」をしたのは中学1年でした。 掃除用具入れから取 …

常に最善を期待する

アマチュアだから。 学生だから。 新人だから。 そんな手加減がないのが、 私の、 …

音楽環境が人をつくるのか。 人が音楽環境を選ぶのか。

今はもうすっかりおとなの甥っ子が、幼稚園生だった頃の話です。 アニメ関係の仕事を …

パッションこそが推進力

「ボーカル、どうしてやりたいの?」 かつて教えていた音楽学校で、こんな質問をした …

恋するように、バンドする。

棚卸し週間にて、 これまでにやってきたバンドを ひとつひとつ思い出してみました。 …

ハリネズミのジレンマ〜「安心距離」に過敏にならない〜

そんなつもりじゃないのに・・・なんでわかってくれないんだろう? 一所懸命やってい …