大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

   

バンドって、うまく行ってるときは、
「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい、
最高の仲間と過ごす最高の時間をくれます。

 

みんなで夢を見て、
みんなで飲んだくれて、

なんで今まで巡り会えなかったんだろう、
こんな仲間といられて、なんて幸せなんだろうと、
心の底から信じられて、

一緒に笑って、一緒に泣いて、
時間を忘れて語り合って、

一緒にちやほやされて、
一緒にいい気になって、
一緒に落ち込んで、

カッコいいと思えることも、馬鹿なことも、
いっぱいやって・・・

 

本当に、音楽をやっていて、
バンドをやっていて、よかったと思わせてくれる、
特別な、特別な、ものです。

 

しかし、最高があれば、最低もある。

大好きだったメンバーに、いきなり裏切られたり、
なんの予告もなく、突然フェードアウトされたり。

急に興味を失って離れていく人もいます。

残念ながら、先立たれてしまうこともあります。

 

「みんな」でなかよくしていたはずだったのに、
知らないうちに、メンバー同士が秘密でつきあっていたり、

つきあっていたメンバー同士が、
修羅場を演じるような、酷い別れ方をしてみたり、

1人の彼氏や彼女を取り合ってみたり、

自分のおかげで、バンドがうまく行っているんだと、
思いきり偉そうに勘違いをはじめるやつがいたり・・・

 

なかよく、楽しくやれていたのに、
時間と共に、みんなが違う方向を向き始めて、
お互いが思ったように動かなくていらだってみたり。。。

他のおいしい仕事に誘われて脱退するやつがいたり、
売れているバンドに引き抜かれてしまうやつがいたり・・・。

そうかと思うと、いきなり、自分だけがバンドをクビにされたり。。。

 

 

よい時期があるほど、
仲のよかった時期が輝いているほど、

うまく行かなくなったときの寂しさや、
悲しさ、
面倒くささ、

ウンザリする気持ちや、
お互いを恨みがましく思ったり、
時に嫌悪したりするような気持ちも、ひとしおです。

 

しかし、どんなに苦しくても、
最後は嫌な思いをしても、
やっぱり、バンドは素晴らしい。

たくさんのことを教えてくれる人生の先生です。

 

 

傷つくことを恐れていたら、最高の瞬間を味わうこともできません。

 

人と関わることは、時に苦しいけど、
だからこそ、喜びもたくさんあるのです。

 

いやぁ〜、バンドって、本当にいいものですね。

10747402 - rock band standing in front of graffiti

 - Life, バンド!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

はじめること 続けること やめること

なにかを始める時は直感に従うことにしています。 電気的な啓示、というか、 ビビビ …

何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …

ほんっとに「一期一会」

一期一会。 若かりし頃はあまりピンとこないことばでしたが、 年を重ね、世界を巡り …

他の誰かにとっては、 「なんぼのもんじゃい」の人生かもしれない

またひとつ、自分にとっての大きな挑戦が終わり、 静かな気持ちで休日を過ごしていま …

知的に怠惰になった時点でゲームオーバー

PCをつかって仕事をしていると、 日々、知識をアップデートする必要に迫られます。 …

「気になる人」。

これから有名になろうという人、 活躍する人に共通の資質は、 「気になる人」である …

逃した「チャンス」は本物の「チャンス」なんかじゃない。

「チャンスが来たのに、生かせなかった」と感じたことはありますか?   …

やりたいことを、「はじめるコツ」

人は「はじめられない」生き物です。   何かをはじめるということは、自 …

引き返せない場所へ、自分を連れて行け!

うるゴメ時代。 私にとっては、バンドでのメジャーデビュー作品となる、 アルバムの …

毎日が勝負パンツ!?

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。 もちろん、言わず知れた、 …