大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人と人とは、100%はわかり合えない。

   

「ねえねえ、コサカさん、ちょっと野球のメンツ足りないから、入ってよ」

放課後、大学のキャンパスを歩いていたら、
同級生の男子にそんな風に呼び止められました。
コサカは私の旧姓です。

私は、野球は全く知らないし、運動音痴だしと、
なんとかその場を逃れようとしましたが、
後1人いないと試合ができないから、
ただバット持って立っててくれるだけでいいからと、
半ば強引に仲間に入れられ、
気づけばバットを持ってバッターボックスに立っていました。

「ボールが来たら、振れるなら振って」と言われ、
なんとなくバットを出して振ってみたら、
あら、打てちゃったじゃありませんか。

盛り上がる男子たち。
びっくりしたのは私です。
「え〜〜!?どうするの?どうしたらいいの?」
男の子たちは口々に
「走って!走って!」と腕を回しています。

頭が真っ白な状態で、私は必死に走りました。
左へ。
そう。三塁方向に、です。

その時の男の子たちの呆れた顔。
ぼけてんのか?馬鹿なのか?
まさか、本当に知らないのか?

だってさ、
生まれてこの方、ただの一度も野球というものを見たことがなく、
中高も女子校で、野球の授業などもちろんなく、
友だちにも家族にも、野球などというものを話題にする人はひとりもいなくて、
あげく、あの、騒々しい、プロ野球中継の音声が大の苦手だった私。

試合が終わって、同級生たちは呆れたように言ったものです。

「ねぇ、本当に知らなかったの?打ったら走るの、常識じゃない?」

野球では、バットを振ったら一塁に走る。
そして、一塁は右側にある。

私は、そんな「常識」を、その時初めて知ったのでした。

常識というのは、人の数だけあるものです。

映画音楽のプロデューサーアシスタントとして、
俳優さんたちに楽器のアテぶりの指導をしていた時のことです。

キーボード担当の男の子に、
「コードは弾かなくていいから。
とりあえず、ドレミって弾いてみて。」というと、
「ドって、どこですか?」と言います。

「え〜!?学校でドレミくらい習ったでしょ?」
と言うと、
「高校工業科だし。中学じゃ楽器なんかやってないし・・・_」
という答えが返ってきました。

その瞬間まで、私は、「ド」が鍵盤のどこにあるかということが、
世の中の誰もが知っている常識だと思い込んでいたのでした。

共通言語を持っている人としか付き合わなかったら、
人は成長できません。
違う常識で生きる人たちを自分のまわりから排除すれば、
世界は狭まるばかりです。

人と人とは、100%はわかり合えない。

自分の常識は他人の非常識であることを前提に、
さて、どんなことばを選んで話していくのか。
どこまでが、相手に容易に理解できることで、
どこからが、マニアックな情報か。
伝わらないことを、どうやって伝えるか。

自分の常識を人に押しつけない。
理解を超えた他人の常識を、見て見ない振りを決め込まない。

コミュニケーションは忍耐と努力です。

◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。
ご登録はこちらから。
◆ 4月16日(土)“歌える声とカラダをつくるリアルセミナー〜Awake〜”
歌いたい、いい声になりたい、すべての人へ。目からウロコが二度落ちる、最新メソッド満載のスーパージェットコースターセミナー。

 - B面Blog, Life

  関連記事

自分が自分であることの奇跡

今日はお誕生日でした。   いくつになっても、誕生日はとてもワクワクし …

キラキラ✨してなんぼ。

最近あんまり聞かなくなりましたが、少し前まで、 SNSで自分の毎日の生活が充実し …

「は?マスクって、なに?」

数年前にロンドンにひとり旅をしたときのこと。   そもそも旅の準備は周 …

「プロ」「アマ」という線引きは、 もうそろそろ卒業したい。

「俺なんか、ただのセミアマだからさー」。 高校時代に、 一緒にバンドをやっていた …

声を伝えるのに必要なのは「デリカシー」。「気合い」じゃないんですよ。

音の波形ってみたことありますか? 音は空気の振動。 特殊な装置をつかうと、 その …

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、 「リビドーですよ」と答えたア …

「能書きが多いヤツ」は上達しない。

「歌って何才までうまくなるんですか?」 実によくされる質問ですが、 こればかりは …

人を感動させる力の秘密は”HOW”じゃなく、”WHY”にある。

ピカソやゴッホをお手本に、 「この青は何番をつかって」 「ここの線はくっきり描い …

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …

「嫌い」なものは「嫌い」

人の好みはいろいろです。   納豆が大好きな人もいれば、あの匂いには我 …