大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ストリートミュージシャン」というお仕事

   

欧米では、
街角や地下鉄の通路などで、
音楽を演奏するミュージシャンに、
しばしば出くわします。

そして、これがみなさん、
なかなかに達者なミュージシャンばかり。

マンハッタンでストリートミュージシャンをしていた、
プエルトリコ出身のギターリストは、
ストリートで稼いだお金で、
なんとか生活できていると言っていました。

もちろん今のマンハッタンや、
ロンドンの家賃を払えるほど稼ぐのは相当大変でしょうが、
少なくとも90年代は、
まだまだそんなことが可能なくらいのお金は
稼げていたようです。

日本でもいわゆる「路上」は
ずいぶん定着してきたように思いますが、
それを仕事にするのは、まず難しいでしょう。

理由は3つ。

1つは、日本の「道路交通法」という法律のため。
見回りのお巡りさんにみつかったり、
誰かに通報されると、
まず間違いなく追い払われるらしい。

ゆっくり演奏できないんですね。

追い払われるままに、
ちょっと歌っては移動、
また歌って、すぐ移動・・・

取り締まりの厳しくない場所は取り合いといいますし、
オリンピックが決まってから、
お巡りさんの見回りはますます強化されたとも聞きます。

いい演奏をするのにも、
上達するためにも、
お客さんを育てるにも、

いやー、難しい。
これでは、投げ銭も思うようにもらえないでしょう。


理由の2つめは、

日本にチップ文化がないこと。

日本って、サービスや笑顔は無料の国です。
路上で音楽をやっている人は、
好きだからやっている、
こっちは聞いてあげている、
え?お金払うんなら、聞かないわ・・・という感覚。

欧米は違うんですね。
たとえばレストランで支払う代金は、
食べたものに払うお金。

注文を取りに来てくれたり、
料理を運んでくれたり、
「大丈夫?美味しい?」と、
愛想よく聴きに来てくれたりする人は、
時給じゃなくって、チップで生活しています。

チップを払わないということは、
たとえば、商品を買って、
有料の箱に入れてもらって、
綺麗にラッピングしてもらって、
郵送までしてもらうのに、
「商品代金に入ってるでしょ?」と支払いを拒否するのに近い。

そういうチップ感覚が、まだまだ日本には育ってないんですね。

3つ目は、演じる側の腕とコミュニケーションスキルです。

少し前、日本の観光地で、
とある大道芸人のパフォーマンスに、
人だかりができていました。

芸人さんも芸達者で、
みんな大うけ、大盛り上がり。
拍手喝采でした。

さて、パフォーマンスが終わろうというときです。
芸人さんがおもむろに帽子を取り出して、
お客さんたちの方に近づきながら、
こんな演説をはじめました。

「ボクたちはこれで喰ってます。
お金払ってください。
払うつもりがないなら、最初から見ないでください。」

真顔で、詰め寄るようにお客さんたちの間を回る彼に、
お客さんたちはどん引き。

あーあ、です。
あれをやられると、せっかく楽しく見ていた方も台無しです。
みんな潮が引くように去ってゆきました。

クロージング=お金をいただくまで持っていくのも芸のうちです。

ストリートで何枚もCDを売ったり、
チケットを売ったりできる子たちは、
やっぱり、コミュニケーションスキルがある。

だってさ、寅さんみたいな人が芸してたら、
レディーガガみたいな人が歌ってたら、
いや、たとえ、2人とも無名だったとしても、
コスチュームもなんにもつけてなかったとしても、
絶対に気がついたらお財布のヒモ、ほどいてますよ。
それが本物の芸。

リアルの大切さが身に染みる今だから、
日本にだって昔からある、
そんなストリート文化を、
もっともっと大切にしていきたい。

アートやパフォーマンスに対する、
自治体の理解も必要だし、
見る側の思いやりやマナーも大切。

そして、同じくらい、
パフォーマーたちにも、
見る人が思わずお金を払いたくなるような、
達者な芸と、コミュニケーションスキルを、
もっともっと磨いて欲しいなと思うのでした。

 

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

「型」か?没個性か?

日本の幼稚園の先生たちは、 「さぁ、みんなでブランコに乗りましょう。」 「次はお …

カラダを楽器に「最適化」する。

「タマゴが手の中にあるように、 そーっと鍵盤の上に指を乗せるのよ。」 中学になっ …

「失敗の記憶」をリセットする

心もカラダもリラックスした状態で物事に取り組み、 自らのポテンシャルを最大限に発 …

「自分らしさ」ってなんだ?

らしくあれ。 女子校時代、嫌と言うほど聞かされた言葉です。 本校の生徒らしく、 …

「上達」は、いきなりやってくる。

スポーツジムなどでトレーニングを受けると、 「今日より明日、明日より明後日という …

「結局、誰よりも渇望した人間が・・・」

「なんで歌の学校なんか行くの? 歌なんか、習うもんじゃないでしょ?」 大学4年の …

不安を煽る「洗脳営業」に騙されない!

心が弱くなる時というのは誰にでもあります。 不安なとき。 自信が揺らいでいるとき …

「プロ」「アマ」という線引きは、 もうそろそろ卒業したい。

「俺なんか、ただのセミアマだからさー」。 高校時代に、 一緒にバンドをやっていた …

自分の行動には自分で責任を持つ。

コロナウィルス問題、 本当に大変なことになっていますね。 影響を受けている方、対 …

みんな勝手なこといいやがる。

今でこそ、プロアマ、セミプロ問わず、 「アーティスト」なんて、 定義のふわっとし …