大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

世界観を限定するほど、多くの人に刺さる!

   

先日『THE GUILTY ギルティ』というデンマーク映画を見ました。

あまり詳しくは語りたくありませんが、
電話の向こうで起きる事件を題材にした映画で、
主人公が電話を通じて、
さまざまな人と情報交換をすることで、
ストーリーがどんどん進行していきます。

映画が終わって、
解説のイラストレーター・信濃八太郎さんが、

「この映画を見た人は、みんな違う顔、
違う情景を見ているんだと思ったら、
とても不思議な気持ちになった」というようなことを言っていて、

あぁ、だからこそ、ストーリーに広がり感、
奥行き感があるんだよなと、しみじみ共感しました。

歌しかり。
小説しかり。

例えば、私、高校時代、
レイモンド・チャンドラーの探偵小説にしびれまくりまして。
主人公のフィリップ・マーロウのセリフも、
どれだけ暗記したかしれません。

ある日、そのフィリップ・マーロウ・シリーズの中でも、
名作中の名作と言われる作品を洋画劇場でやるというので、
それはそれは楽しみに、テレビの前に陣取りました。

ところがです。違うんです。

顔も違う。
声も違う。
洋服のセンスも、髪型も。。。

もうどれを取っても「あんた、誰や?」なんです。

じゃ、どんな顔なら、どんな声ならいいのか?

・・・そういえば、そんなこと、
考えたこともなかったことに、
そのときはじめて気づきました。

ただ、知っている。
私のマーロウは、この人じゃないっ!
そんな感覚でした。

 

先日、MTLネクスト・エッセンシャルズの受講生のおひとりが、

「私、いつも、この歌をつくった人は、どんな景色を見ていたんだろうと、
一所懸命思い浮かべようとするんですが、うまくいかなくて・・・」

というようなことをおっしゃっていて、

そうそう。それは無理なんです。
と、お話しました。

 

自分が大好きな曲の中で降っている「雨」は、
自分だけの、これ以上ないくらいプライベートな「雨」。

歌手が歌っている「雨」とも違う。
作詞家が表現したかった「雨」とも絶対違う。

もしも、誰かが、その「雨」を映像化したら、
「違ぁ〜〜うっ!」って叫ぶくらい違う。

100人いたら、100の風景がある。
100の雨音があって、
100の匂いと温度がある。

だからこそ、アートって、素晴らしい。

 

表現者は、とにもかくにも、
自分の「雨」を表現しきる。

その表現がリアルであるば、あるほど、
聞き手は、自分だけの「雨」を見る、
感じることができる。

そんな歌い手でありたいと思うわけです。

 

◆6日間で基礎を終わらせる。【MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12】第9期のお申込み受付中。
◆ワンランク上を目指すシンガーのためのスーパー・ワークショップ“MTLネクスト”、満席です。キャンセル待ち受付中。

 - B面Blog, ある日のレッスンから, 歌を極める

  関連記事

歌を学ぶ人の3つのステージ

私は歌を学ぶ人には、 3つのステージがあると考えています。 ひとつめは楽器として …

「フィルター」をぶっ壊せ

ティーンエイジャーの頃、 とにかくテレビに出ている「タレント」や「アイドル」 そ …

「なんで電話番号わかったんですか?」

今日、来客中に電話が鳴り、 リビングにいたジェフ夫さんが対応してくれたようなので …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話③

当初、編集は誰かに頼む予定でした。 映像編集なんてやったこともないし、 できる気 …

よき時代のよきものを、 いい形で後世に伝える方法

高校時代、何が嫌いって「古文」の授業くらい 嫌いな授業はありませんでした。 使わ …

練習するのは、全てを忘れるため

「テクニックなんかどうでもいいんですよ、歌は。」 ピッチだ、リズムだ、表現力だと …

正しい「シャウト声」の出し方!

高校時代の自分のバンドのライブ音源という、 恐ろしいものが存在しています。 少し …

ぶっ壊すことを恐れない。

CMの作詞のお仕事を依頼されたときのことです。 某大企業のCMの歌詞を書かせてい …

フェイスシールドって、ハウりません?

ずいぶん昔のお話です。 サポートコーラスのお仕事で、 大きな会場を何本か回るとい …

音楽時間を最大化するためのコツ。

仕事の精度の高い人は、切り替えがうまい。 昨今、私の周辺の「できる人」を見ている …