大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

アチチュードが、結果をつくる。

      2020/01/06

なにから始めたらいいかわからないなら、
憧れの人がやっていることを観察して、マネすればいい。

憧れの人が、何をやっているか、わからないなら、
わかるまで調べる。想像する。調査する。

検討違いでも、勘違いでも、
なんにもしないで、ぼーっとただ時を過ごすよりずっといい。

 

その人と自分の違いが圧倒的過ぎて、
マネしようがない要素が多すぎて、
落ち込んだり、
自己嫌悪に陥ったり、
腐ったりするのもいい。

どうせ、あたしなんてと、
やさぐれて、
自暴自棄になって、
やめてやるぅ〜〜と、泣きわめくのもいい。

そんなんでやめられるなら、
やめられるうちに、さっさとやめた方がいい。

いや。絶対にその方がいい。

さっさと違うことをはじめた方がいい。

 

心捕まれて、逃げられなくて、
必死で食らいついて行く人だけが前に進める。

それはもう、そういうものだから。

何からマネしたらいいかわからないなら、
とりあえず、気になることから、片っ端にやってみる。

「音が」とか「フレーズが」とか言うのとおんなじくらい、
髪を伸ばしたり、
ロンドンブーツ買いに走ったり、
マルボロをくゆらせたりすることが、
大事だった時代がある。

メイク習って、
ファッションを思いきり変えて、
ダイエットして、
ライフスタイルも背伸びして、
ちょっといい気になったら、
いきなり、いい声が出たりすることだって、
いや、ごめん、本当にある。

 

そんな、まさか、と思う人ほど、試して見る価値があるんです。

見た目が変われば、人の見る目が変わる。

昨日まで、打ち合わせの時に、
相方の顔と胸の谷間ばかり見ていたディレクターが、
いきなり自分の方を向いて語り出すようになる。

現場の居心地が、圧倒的に変わる。

自分はどう思われているんだろうと、
おどおど、びくびくしている人間と、

期待されてる、注目されてると感じ、
自分が出す結果は、
その期待を大きく上回る自信さえある人間とが、

同じ声で歌うはずはない。

ポテンシャルの問題じゃなくて、
そういう空気をつくれるかどうか。

つまり、アチチュードが、声をつくり、結果をつくる。

体験的、絶対的な事実です。

自分自身を高めるためにできることは無限にある。
ウンザリするほど、たくさんある。

 

目をそらさない勇気を育てながら、
今年も突っ走りましょう。

◆ほぼ週1回、ブログ記事からさらに1歩進んだお話をお届けしているメルマガ。バックナンバーも読めます。無料登録はこちらから。

 - B面Blog, 夢を叶える

  関連記事

自分の「本気」が試されるとき

このブログを通して、ポジティブシンカーで、 挫折知らずのような印象を与えているか …

「奥さんのとこ、まだテレビ、白黒なんですか?」

先日、生徒さんと話していたら、 「え?先生、Youtube、まだパソコンで見てる …

情報か?経験か?

生まれて初めて弾いたギターは、 姉が持っていたクラシックギターでした。 中学入学 …

「なぜ創るか」、「何を造るか」と同じくらい、「どう魅せるか」にこだわる

名曲といわれる歌は、 それを演じていた歌手たちのイメージやパフォーマンスと共に蘇 …

【MTL 配信Live 2020終了いたしました!】

ご試聴いただいたみなさん、ありがとうございました! MPCのみなさんの渾身のパフ …

「空気読め」とか、違くないか?

生まれて初めてアルバイト情報雑誌を買って、 バイトを探した時は、 一体みんな、何 …

「バンドやりたい!」を叶える5つのチャレンジ

「バンド、やりたい!」 そう思ってはいても、なかなか、一歩を踏み出せない。 &n …

「やってみたいこと」を「できること」「やったこと」に変える

「やってみたい」と思うことは、いくつくらいありますか?   特定の場所 …

「プロ」「アマ」という線引きは、 もうそろそろ卒業したい。

「俺なんか、ただのセミアマだからさー」。 高校時代に、 一緒にバンドをやっていた …

「出せない音」「イマイチ鳴らない音」を克服する方法

何度練習しても高いところが歌えない、 全体に低くて気持ちよく鳴らせない・・・ そ …