大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「結局、誰よりも渇望した人間が・・・」

      2020/03/16

「なんで歌の学校なんか行くの?
歌なんか、習うもんじゃないでしょ?」

大学4年の春。
どんなにサークル活動をがんばってもなにも起こらないと悩みに悩んだ末、
とある雑誌に広告を出していた新しい歌の学校に、
決死の覚悟で飛び込みました。

誰にも相談せず、全部自分で決めました。

楽器科にはすでにプレイヤーとして活躍する若者もたくさんいたし、
ヴォーカルの同級生たちは、
みんなびっくりするくらいうまくて、
いろんなことを知っていて、
レッスンに出かけるたびにうちひしがれて・・・

あれは確か、大学卒業を目の前に、
その歌の学校の進級試験を落とされ、
「もうあかん。プロなんてなれないんだ。」
と、納得しようとしても、音楽の道以外考えられず、
救いようのない気持ちで
毎日、ただただがむしゃらに歌っていた頃のことです。

大学の友人の行きつけのバーで、
店主に言われたのです。

「なんで歌の学校なんか行くの?
歌なんか、習うもんじゃないでしょ?」

その当時は、本当に会う人会う人、
いや、もうすれ違いざま、くらいの勢いで、
音楽を、歌を、仕事にしたいと考えていることの甘さを、
さまざまなことばで批判されました。

歌なんか習うもんじゃない。
そもそも、習わなくちゃならないんなら、
お前には才能がないんだ。

被害妄想でしょうか。
そんなことばが言外に隠されているのが感じ取れて、
あぁ、執念深い、
もう何十年も前のことなのに、
あの夜の、苦い気持ちを忘れることができません。

 

コンマリさんの『人生がときめくお片付けの魔法』の編集者として、
世界的に知られる高橋朋宏(タカトモ)さんがご自身のメルマガにて、
こんなことばを紹介していました。

「結局、誰よりも渇望した人間が、
ベストセラーを書く著者となり、
ベストセラーをつくる編集者となる」

『ビリギャル』の著者である、
ベストセラー作家・坪田信貴さんが、
「どうするとベストセラーは生まれるのか?」と問われたとき、
答えたことばといいます。

 

どんな世界もきっと同じ。

「昨今は音楽の仕事がない」
「ミュージシャンで食べていくのは難しい時代」、
そんな風に言う人は本当にたくさんいます。

しかし、一方で、
寝る暇がないくらい制作の仕事に追われているミュージシャンも、
(コロナ騒ぎ以降は違うとしても)
全国をサポート仕事で飛び回っているミュージシャンも、
レコーディングにひっきりなしに呼ばれるヴォーカリストも、
確実に存在しています。

若者の人口がこれだけ減っている今、
プロとして生活が成立している若者ミュージシャンの比率は、
かつてのベビーブーマーたちの時代と変わらないのではないか。

世の中がミュージシャンフレンドリーだった時代なんて、
いまだかつてありません。
これからもないでしょう。

才能があるからプロになれるんじゃない。
プロになるまで粘るから、実力がつくんだ。

 

「結局、誰よりも渇望した人間が・・・」

この後ろを埋める言葉を決めるのは自分自身。

今日もStay Hungryで行きましょう!

◆6日間で基礎を終わらせる。【MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12】第9期いよいよ4月11日スタート!
◆ワンランク上を目指すシンガーのためのスーパー・ワークショップ“MTLネクスト”、満席です。キャンセル待ち受付中。

 

 - B面Blog, プロへの突破口, 夢を叶える

  関連記事

自分が生きてきた時間を過小評価しない。

誰にでも、自分が取るに足らないと感じるときはあるものです。 傍からは、順風満帆に …

こんな人は、ボーカリストに向いている!?

仕事の向き不向きは、その人の体格や、 持っているスキルだけで決まるものではありま …

一生ヴォイストレーナーのいらない人になる。

「歌なんか、人にならうもんじゃないだろう。」 そんなことばをどれだけ言われてきた …

「絶対売れる戦略」ってなんだ?

ずいぶん前のことになります。 某大手事務所さんが非常に力を入れていた新人がいまし …

「完全無欠」を更新する。

「自分の頭の中にあることのすべてを文字化したい」などという、 イカれた考えに捕ら …

「今に見ていろこのヤロー」

フリーターで、アマチュアで、 仕事もお金も彼氏もなくて、 地を這うどころか、 地 …

「学校なんかいくら通ったって、 人を感動させられる歌なんか歌えるようにならないだろ?」

音楽やりたい、バンドやりたい、と思った瞬間を覚えているでしょうか? お兄ちゃんが …

アーティストたちの「本気度」

プロのアーティストや、その卵たちにとって、 もっとも大切なことは「結果を出すこと …

すごいミュージシャンって、ここがすごい。

MTLワークショップ in 東京vol.3の受講生のご感想から。 先日はR&am …

「気づけない」から上手くならないってことに早く気づく。

中学1年の夏休み、 長年の夢だったピアノを、 やっとの思いで買ってもらいました。 …