大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

上澄みをすくい取って「わかった気」にならない。~Singer’s Tips#21~

   

ちょっと昨日のブログの続編的なお話です。

ひとつの曲が生まれて、
受け手の手元に届くまで、
どのくらいの工程と時間がかかるか。
考えてみたことはありますか?

曲が生まれるスピードは、
人によっても、時と場合よっても、千差万別。

数十分でメロも歌詞も書けてしまう人もいれば、
何時間も、何週間も、かかる人もいる。
作曲家から、作詞家へバトンが渡される時もある。

こうして生み出されたたくさんの曲の中から、
コンペや会議をかいくぐった曲だけが、
制作の現場にまわるのです。

シンガーソングライターの場合も例外ではなく、
100曲もあるストックの中から、
ふるいにかけられた曲だけが、日の目を見る。
それでも、何度も手直しさせられることはザラです。

曲が決まってからが、本格的な制作作業です。

アレンジャーがアレンジをするのに、10時間〜数十時間。

そのオケに乗るように、
どんなスタイルで歌うか、
どう歌えばカッコよく聞こえるかと、
歌手たちが模索し練習する数時間があって。

レコーディングスタジオで、
演奏をレコーディングするのに、数時間。
歌を録音するのに、また数時間。
ミックスダウンとマスタリングに数時間。

曲が完パケして、お店に並ぶまで、
ビジュアル系、デザイン系の作業があり、
プレスがあり、流通に乗せる過程があり、
広告宣伝があり・・・。

ひとつの曲が、受け手の耳に届くまでには、
プロフェッショナルたちの、
何十時間分もの愛と叡智とエネルギーが詰まっているわけです。

かけられた時間とエネルギーが、
人を感動させるのです。

ちょちょっと曲を聴いて、
「あ、ここ、こんな感じで歌えばいいのね」と、
上澄みだけすくい取るような練習をして、
わかった気になる。

送り手でありたいなら、
これでは全然ダメなんです。

本当の価値は、
自分が聞こえている、
見えていると思っている音の、
裏側、奥深いところに存在している。

そんなことに思いを馳せて、
1曲1曲、向かい合っていきたいものです。

“MTL ヴォイストレーナーズ・メソッド” 開講します!
業界トップクラスのメソッドで、圧倒的な結果を出す。ヴォイストレーナーとして活躍されている方はもちろん、ヴォイストレーナーを目指す方、トレーナーという仕事に興味があるという方も。

 - B面Blog, Singer's Tips, The プロフェッショナル, 夢を叶える, 音楽, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

ロックはエネルギー!

先日のロック・セミナーで、 「ロックはエネルギーだ」というお話を、 繰り返し、し …

「バンドとやる」の本当の意味

大学の授業に「アンサンブル・レッスン」というのがあります。 なんだかカチッとした …

コンサートの楽しみ方は、ホントにいろいろ

仕事柄いろんなコンサート会場に足を運んできました。 その度に、コンサートの楽しみ …

作品づくりは美意識のせめぎ合い

優秀なミュージシャンというのは、 自分がたった今プレイしたテイクが、 どんな出来 …

「いい音」出したいっ!

いいプレイヤーか否かは、1音聴いただけでわかる。 そんな風に言う人がいます。 そ …

「もっとうまくなってから」と言う『完璧主義のぐず』

バンド、どうして組まないの? 「もうちょっと、うまくなってからメンバー探そうと思 …

人を感動させる力の秘密は”HOW”じゃなく、”WHY”にある。

ピカソやゴッホをお手本に、 「この青は何番をつかって」 「ここの線はくっきり描い …

何がやりたいかわかんない人に教えるのが一番ムツカシイ。

たいがいの無理難題は受けて立つタイプですが、 レッスンを担当することになって、な …

分解して聞く。分解して練習する。~Singer’s Tips#27~

「片手ずつ練習しなさい。 右手と左手、一緒に弾いていたら、 間違っていることに気 …

「で?いくら稼ぎたいの?」

「で?MISUMIさんは、いくら稼ぎたいの?」 不躾に、こんな質問をされたことが …