大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

うっそくっさいブランディングは、いい加減やめよう。

   

かつて業界では、
ミュージシャンでも、タレントでも、
デビューさせるにあたり、
とりあえず名前を覚えてもらうために、
音楽性や歌詞、曲名はもちろんのこと、
タイアップや出演番組、
ネーミングやビジュアルにいたるまで、
その道のプロといわれる人が集まって、
いわゆる「イメージ戦略」というのを展開していました。

今風に言うと「ブランディング」ですね。

わかりやすくて、
覚えやすくて、
目立って・・・

そんなんで、あの手この手、

お決まりのアイドル・ファッションに身を包んで、
台本通りのMCをして、
私生活までコントロールされて・・・
というわかりやすい昭和のアイドルから、

奇抜なメイクやファッションに身を包んで、
エキセントリックなキャラを演じていた、
ビジュアル系の走りのような人や、

写真を撮られるときはけして笑わない、
ワンレンで(昭和〜)
アンニュイなおねえさまキャラを気取っていた人、

隣の●●ちゃん系の、
どこにでもいそうな、女の子を演じていた人・・・

かつての有名人(今も現役の方もたくさんいるけれど)は、
ほんっとうにわかりやすかったと、
今さらながら関心します。

 

90年代の初頭。
私ももっとわかりやすいことやらなくちゃと、
自分で事務所の社長に企画書を提出して、
近未来TOKYOのディーヴァだったか、
なんだったか、
思い出すのも小っ恥ずかしいキャッチをつくって、
グラムっぽい、シルバーの衣装かなんか着ちゃって、
中途半端なパワーJロックみたいな曲書いて、
不思議なアレンジつけてもらって、
歌っていたことがあります。

プロジェクトとしては、
某コンテストで100万円ゲットしたのが、
最初で最後の華々しい活動で、
すぐに行き詰まりました。

あたり前です。

そのときは懸命でしたが、
結局は取ってつけた虚像。

今思い出しても、
数枚残る写真を見ても、
あら、うっそくっさいと、
顔が赤くなります。

どんなに上手にとりつくろっても、
どんなに上手に自分を騙したつもりでも、
ウソはやっぱりウソ。

そして、人は、ウソはわかるもの。

今、誰もが自分自身のプロデューサーとして、
好きなように自己発信できる時代となりました。

どこにこだわるか、
何を大切にするかは、
ひとそれぞれ、みんな違って。

一昔前のアイドル路線よろしく、
「わかりやすい」「覚えやすい」「目立つ」を
徹底的に追求するのも、

数字にこだわって、
タグやSEOをめっちゃがんばって、
サムネイルを目立たせて、
とにもかくにも、拡散を狙うのも、

徹底的にこだわって、
クオリティを追求するのも、

きっと全部が正解。

でも、だからこそ、
自分自身を裏切らない。
自分自身にウソをつかない。

ウソはやっぱりウソだから。

うっそくっさい匂いは、
絶対の絶対に消し去れない。

そして、人はウソが嫌いなものだから。

どんなことばを発しても、
どんな風に見せかけても、
あー鼻につく、むかむかする、

そんな悪臭を放つ文章を書いていないか、
映像を、写真を、音楽を発信してないか。

どんな稚拙な作品よりも、
ウソを世に出すことだけは、
あってはならないことだよなと、
胸に刻むのです。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。
無料登録はこちらから。バックナンバーも読めますよ。

 - B面Blog, Life, プロへの突破口

  関連記事

We Gotta Get Out Of This Place!

夢中で毎日を過ごすうちに、気づけばずいぶんおとなになっていた。 あまりにもずっと …

「もっと遊べ!」という謎のワード

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」 来る日も来る日も歌のことばかり …

年齢は、ただの数字。

先日、外国人の友人家族とスキー旅行に出かけた時のこと。 「ホテルに泊まるのに、な …

残念な人

ずいぶん前にちょっとだけ一緒にやったことのある、 かなり腕のいいドラマーがいまし …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

当たり前に続けることが、「特別な力」になる。

中学、高校と、 6年間も練習をしまくったにも関わらず、 ピアノもギターも「残念」 …

ロックもデートも飲み会も、ぜんぶ投資なんだ!

起業の勉強をはじめたばかりで、 あまりのアウェイさに、 毎日、本気で吐きそうなく …

空白の美学

「アマチュアはね〜、ソロ弾いてっていうと、 全部音で埋めちゃうんですよ。 弾かな …

人生は声帯様!

新年おめでとうございます! 2020年初ブログです。 お正月三が日は毎年、 今年 …

コツコツ積み重ねる微差が、逆転勝ちを演出する

自分の生まれは選べません。 生まれたときから、才能やルックスや音楽環境に恵まれて …