大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

世の中には、「カッコいい人」と「それ以外」しかいない。

   

「MISUMIぃ、お前さぁ、化粧品減って仕方ないだろぉ〜。
ハ〜ッハッハッハッハッハ〜」

 

まだ駆け出しだった頃、
ジャニーズの超売れっ子アイドル、
T・Tさんのサポートのお仕事で、
(まぁ、わかりますわね〜)
全国ツアーをまわっていた時のことです。

エレベーターに乗り合わせたT・Tさんが、
いきなり、そんな風に言って、
例の声で、かんらかんらと笑ったのです。

今の私なら、
「は?それ、どういう意味ですか?
私、化粧厚い?それとも、顔でかい?」と、
半ば冗談、
半ば本気でご本人に詰め寄ったことでしょうが、

何しろ駆け出し、
& コンプレックスの権化だった私。

誰もがみ〜んな、
相方のKちゃんは可愛くってスタイルもいいのに、
MISUMIはぶっ細工で太ってて、
垢抜けないLoserって思っているのだと、
もう、完全に決めてかかっていました。

あぁ、思い出すだにめんどうくさい女。
自意識過剰もはなはだしい。

 

ハッキリ言って、
人がどう見えようが、他人はどうだっていいんです。

世の中には、
「カッコいい人」と「それ以外」しかいない。

カッコいい人には、
あの人、本当は何才なの?とか、
え〜〜、痩せてる!!身長何センチ?
体重どのくらいなのかな〜?
やっぱり!痩せてる〜〜!
と、どんどん興味が沸きます。

どんな化粧品使ってるのかな?
あの服はブランド物?
やっぱりお高いのかな〜。
と、憧れがさらなる興味に変わります。

どんなおうちに住んでるのかな?
パートナーはどんな人かな〜?
あぁ〜、やっぱり素敵ね〜。

などなどと、
カッコいい人ほど、
パパラッチやストーカーに追いかけられるのも、
なるほど、私だって、
カッコいい人や素敵な人に対して興味が沸きますから、
よ〜くわかります。

 

でもね。

人は他人のことを、
そうそうネガティブチェックするほど暇じゃない。

本気で
「顔でかくて、ぶっ細工だなー。
化粧品どんだけ使ってんだよ。」

なんて、思うような人には、
そもそも、話しかけたりもしないんですね。

・・・たぶん。

 

落ち込んだり、
卑屈になったりするのは、
本当に時間の無駄で、

やっぱり、本物の自信を身につけたかったら、
どっかの時点で、
えいやと一念発起して、
限りなく思い込みと勘違いを育てる努力が必要になります。

例えば、ダイエットに励んだり、
反対に、カラダを思いっきり大きくしてキャラを立てたり、
お化粧や髪型や服装を変えて、変身してみたり。

環境を変えて、
自分自身を磨いてくれる人と、
時間を共にしたり。

なにより、
自分をいつも見てくれて、
大切にしてくれる、
評価してくれる人と一緒にいるようにしたり。

もう年だからとか、
今さらとか、
毎日家にいるからとか、
レースを棄権しちゃったらゲームオーバー。

人に会うたび、
人前に出るたびに、
なーんか言い訳している自分に気づいたら、
一念発起のしどころですわね。

(「お前もな〜」と心の声)

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。
無料登録はこちらから。バックナンバーも読めますよ。

 - A面Blog, Life

  関連記事

「嫌い」なものは「嫌い」

人の好みはいろいろです。   納豆が大好きな人もいれば、あの匂いには我 …

12月17日 PINKS FUNK Live

*BlogをAB面統合したので、 これからはこちらにも時々ライブinfoが登場し …

予定調和をぶっ壊せ!

どんなにイケててカッコいい人にだって、 だっさい時代やダメダメな瞬間は絶対あった …

おとなになるって、素敵なことだぜ

おとなって、なんて純粋に音楽を追いかけるんだろう・・・ 最近そんな風に感じるシー …

音楽をどうやって聴くか?

言いたかないけど、レコードの時代に音楽に目覚めた私。 その後、さまざまな音楽メデ …

「美しき手順」を持つものに、運命の女神は微笑むのだ。

「はじめて日本に行って、 お店でちょっとしたおみやげを買ったとき、 本当にびっく …

どうして私はがんばれない?

「なんか、最近、がんばれないんですよ〜。   がんばらなきゃいけないの …

だから、嫌いなものは嫌い!

人の価値観はそれぞれです。 高くても、無理しても、 お気に入りのバッグを買いたい …

そして、戦いは続くのだ。

最近、ブログを読んでくださっているというさまざまな方とお話するたびに、 「あぁ、 …

自分の「スタイル」を持つ

昔のミュージシャンは、ひとつのバンド、1枚のレコードを、 それはそれはこだわり抜 …