大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「こちとら何年やってると思ってんのよ!」

      2023/06/06

「こちとら何年やってると思ってんだっ!?」

誰かに自分の専門分野を誉められた時に、
半分照れ隠しのように、ジョークっぽくつかわれる時の、
このことばの語感が好きです。

一方で、大まじめにこんなことを言って、
若者に偉ぶるおじさんを見かけると、
結果が出せてないからって、年齢を振りかざすなんて、だっさー
・・・と、なるのが常です。

先日、MTL12のDay6、パフォーマンスレッスンをやったときのこと。

受講生に、私のパフォーマンス経験を紹介しようと、

お客さんよりメンバーの方が多いようなライブハウスから、
中野サンプラザや厚生年金クラス、
サポートのお仕事だと、横浜スタジアムや武道館も経験した、と話したら、

いきなり「すっげー」と感嘆の声を漏らす人がいて。

思わず、
「いやいやいやいや、こちとら何年やってると思ってんのよ。
ミュージシャン長くやってりゃ、そこそこ経歴あるの、当たり前なんだから。」

と言ってから「ところで」と、
その彼の年齢をたずねたら、なんと、私の仕事歴よりお若い。。。

まいったなぁ、年ばれるじゃないのとばかり、
「ね?あたしゃ、キミが生まれる前から、プロやってんだわ」と言うと、
さらに「いや、すっげー。まじですげーわ」と連呼されて、
年寄り自慢をした自分が妙に恥ずかしくなりました。

 

それで、ふと思ったわけです。
芸歴、むにゃ十むにゃ年。

積み重ねてきた時間は、確かに重い。

立ってきたステージの数、
歌って来た曲の数、
参加してきたレコーディングの数、
残してきた作品の数、
共演してきたミュージシャンの数、
歌を聴いてくれたお客さんたちの数、、、

一つ一つの数字に、音があって、顔があって、匂いがあって。

意味があるのは「数」じゃない。
積み重ねること、そのものが、財産なのだなと。

そう思うと、あの「年の功おじさん」のことばにも、
ちょっぴりだけど、共感できるというものです。

ひとつ、またひとつと、自分の日常を積み重ねてきただけで、
「すっげー」に値するキャリアがあるかどうかは、自分ではわからないけれど、
少なくとも、しこたま積み上げてきたことだけは間違いない。

積み石の高さが高くなるほどに、上に積むのが怖くなる。
これが最後のひとつになるんじゃないかとか、
この石を積んだら、もろとも崩れ落ちてしまうんじゃないだろうかとか、
そんな風に、躊躇したりする。

けどさ、
所詮、ひとつひとつはただの石ころ。
積み石の高さより、「積み重ねる」という行動にこそ、意味がある。

大袈裟なこと、がんばらなくていいのよね。

石ころひとつ。またひとつ。
肩の力抜いて、いこう。




■一流のトレーニングノウハウを、あなたも。第2期MTLトレーナーズメソッド、7月開講です。

■パワーアップしたメルマガ『声出していこうっ!』。ブログから、さらに1歩進んだお話をしています。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。読み応えのある冊子です。ご購読はこちらから。

 - Life, ある日のレッスンから, 夢を叶える

  関連記事

習慣化するための3つのコツとくふう

自主ロックダウンスタート以来、 新しい習慣がいくつかできました。 毎朝のヨガ(3 …

「マネをする」という選択も、自分のオリジナリティの一部なんだ。

人に習うと、自分のスタイルが確立できないとか、 人のマネをすると、オリジナリティ …

「好き」を極める。

「好き」にもいろいろあります。 なんとなく好き。 どちらかと言えば好き。 結構好 …

多感なこどもたちにジョークは通用しない

小学生の音楽の授業のときの話です。 「ではこの曲を、誰かに歌ってもらいましょう。 …

何才までロックします?

「外タレのチケットの値段をつり上げているのは、 ストーンズとポール・マッカートニ …

ロックはエネルギー!

先日のロック・セミナーで、 「ロックはエネルギーだ」というお話を、 繰り返し、し …

「なんで電話番号わかったんですか?」

今日、来客中に電話が鳴り、 リビングにいたジェフ夫さんが対応してくれたようなので …

忙しいときほど立ち止まる〜複数の仕事をきっちりこなすためのヒント〜

よほど恵まれた状況にいるミュージシャンでない限り、 いや、恵まれた状況にいるミュ …

その心ないことば、目の前の本人に直接言えますか?

どんな作品にも、どんなアーティストや活動にも、 批判的な意見やネガティブな気持ち …

「夢喰って生きられないぞ」

大学3年だったか、それとも4年生だったか。 アルバイトをしていた東京タワーのおみ …