大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「いいわけ」100連発。

   

お金がない、
時間がない、
ノウハウがない、
若さがない、
美貌がない、
エネルギーがない。。。

何かをはじめよう、
はじめなきゃ、
はじめたら?
というタイミングで、
口をつく「いいわけ」は100通りくらいあるでしょう。

しかし、実際の理由はひとつです。

そこまでして、やりたくない。

これに尽きます。

人はそれぞれ事情はありますから、
それは、今すぐ実現することではないのかもしれない。

でも、
本気でやりたかったら、
何年かかっても実現するまで取り組む。

だから、
「いいわけしたくなるなら、やめておいた方がいい」
というのも真実です。

 

たとえば、
「ギターリストになりたい!」と願う、
多くの少年の胸の内では、
こんなことばが、嫌というほど巡ります。

手が小さい、腕が短い、指も短い、
ルックスがカッコよくない、
へたくそだ、
耳が悪い、
いいギターがない、
練習する場所がない、
田舎だから無理だ、
両親が反対する、
友だちに馬鹿にされる、
どうせ食えない、
相手にされない、
コネもない、
老後が心配だ、
どうやってなったらいいかわからない、
彼女と結婚しなくちゃ、
ギターの先生になんかなりたくない、
どんな音楽やったらいいのかわからない、
曲ってどうやってつくるんだ?
所詮うまくなんかいくわけがない・・・・・etc.etc.

人それぞれ、置かれている立場は違いますから、
反芻することばも違うでしょう。

もちろん、いつの世にも、
容姿や才能や環境に恵まれ、
おまけに自信と思い込みと勘違いに恵まれる、
天才と言われる人はいるわけですが、
そんな一握りのヤツらをのぞき、
すべてのプロと呼ばれる人たちは、
多かれ少なかれ、
うんざりするような心の声と戦いながら、
プロへの道を1歩ずつ、歩いてきた人たちです。

1歩引いて、他人ごととして俯瞰すれば、
世の中には、身体的にけしてギターリスト向けとは言えないにも関わらず、
優れたギターリストとして成功している人だってたくさんいます。

ギターはカラダに合わせればよいし、
お金がないなら、がんばって働いて貯金をすればよい。
誰だって最初はへただから練習するわけだし、
東京に来たかったら何が何でも上京すればよいし、
親が反対するのは心配だからという理由なのだから、
石にかじりついても成功するまでがんばればよいし、
反対するような彼女とはさっさと別れたらよろしい。
とにかく自力で人に会い続ければ、
コネなんかできるもんだし、
そのうちにやるべき音楽性も見つかるものだし、
かっちりハマる「売り」さえ見つかれば、
どんな仕事も必ずうまく行くものだし・・・

とにもかくにも、そう信じる。
自分で自分を信じ込ませる。
信じられるまで、がむしゃらにがんばる。

そして、なにより、
本気の人とは、そういうことのひとつひとつを、
「いいわけ」せず、迷いなく、
颯爽とクリアしていくものなんですね。

「困難にぶつかったら、これまでの人生で成し遂げたこと、
成功したときのことを思い出せ。
けしてできないと思っていたことができたときの、
何ともいえない恍惚感を思い出せ。
そして、けしてできないと思っていた昔の自分に言いきかせるように、
今の自分に言いきかせるんだ。
ほーら、できたでしょ?なんてこと、なかったでしょ?」

そんな風に教わったことがあります。

あと1センチ。あと1回。もう1日…
情熱に耳を傾けて、
もうちょいがんばってみましょうか。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。
無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, プロへの突破口, 夢を叶える

  関連記事

「向いてない」って、なんだよ?

つい数日前、はじめて訪れた耳鼻科の先生に、 「この声帯の形からすると、あなた、 …

「努力」なんか好きじゃないっ!

「あなたみたいに、努力するのが好きな人のマネはできないわ。」 一緒にお仕事をやっ …

キラキラ✨してなんぼ。

最近あんまり聞かなくなりましたが、少し前まで、 SNSで自分の毎日の生活が充実し …

同じ音を、同じ音色、同じ音圧で、 100発100中で出す

人間のカラダは「まったく同じ音」を2回以上出すことはできない楽器。 そんなことを …

人はみんな、違うのだ。だから、おもしろいのだ。

音楽というのはある種のトリガーで、 サウンドやフレーズや声が 感情とか記憶とか、 …

カラダに染みこませたものは裏切らない。

若かりし頃から、使った「歌詞カード」を 大切に取っておく習慣があります。 「ネッ …

歌い手の声の印象はこれで決まる!

プロアマ問わず、 さまざまなシンガーの歌にアドバイスをしていて、 もっとも気にな …

「オケ」じゃなくて、プレイヤーの顔のついた「音」を聞くんですよ。音楽って。

年寄り自慢をするつもりは毛頭ありませんが、 (あたりまえ) 一昔前は歌を歌いたか …

それで、いい声、出せますか?

先日、とある生徒さんのレッスンをしていた時のこと。 ずいぶん小柄な彼女なのに、 …

すごいミュージシャンって、ここがすごい。

MTLワークショップ in 東京vol.3の受講生のご感想から。 先日はR&am …