大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

本気でやりたいなら、「なんか」やれ。

   

アーティストやタレント、声優の、
新人育成を担当させていただく機会が多々あります。

事務所やレコード会社の方々が期待しているのは、
歌そのものの上達はもちろん、
日常生活の送り方、
毎日の練習方法、
レコーディングや本番の準備など、
プロとして必要なマインドを育てること。

何ごとも最初が肝心。
お仕事どころか、
レッスンすら初体験の若者たちの教育係は、
実に責任重大で、
毎回身の引き締まる思いで担当しています。

「毎日、なにしてるの?」

若者たちのレッスンは、
初回のこんな質問ではじまります。

起床時間、就寝時間、食事時間、
通学時間やバイトの通勤時間、
勉強や運動に充てている時間、

そして、もちろん、
毎日、どんな風に歌に取り組んでいるのか。

こうした質問をして、
毎回、本気で驚くのが、

「歌を志している」はずなのに、
日常的な練習の習慣を持っている子が、
びっくりするくらい少ないこと。

楽器を志している人には考えられないことでしょう。

歌は、それくらい、
「何をやったらいいかわからない」もののようです。

しかしね。

根本的な「歌いたい」というパッション、
「うまくなりたい」という欲求がなければ、
歌は絶対に上達しません。

「歌いたい」というエネルギーがない人が、
歌で成功するほど、音楽の世界は甘くないし、

いや、少なくとも私はそう信じたいし、

「うまくなりたい」という欲求がない人に、
レッスンをするのは、時間の無駄というもの。

若者たちに、そんなことを、
根気よく伝えていきます。

別に、発声練習をしろと言うのではありません。

本気の子たちは、
自分で方法論を模索しながら、
がむしゃらに前に進んでいきます。

大好きなシンガーのアドリブやフェイク集をつくって、
徹底的にマネをしたという子がいました。

マライヤ・キャリーの難曲を、
何ヶ月もかけて完コピーしたという子がいました。

上達のためにSNSに、
定期的に自分の歌をアップしていた子がいました。

 

そこまでやれなかったとしても、

歌えない曲を、
毎日音源に合わせて一緒に歌う、でもいい。

カラオケやスタジオに通って、
大きな声で好きな歌を歌いまくる、でもいい。

本気でやりたかったら、
「なんかやる」もんです。

「やる気のエネルギー」は
人から与えられるものではありません。
自分自身の内側から沸き起こるもの。

火をつけて差し上げることはできても、
エネルギーそのものを注入することはできません。

日常が人をつくる。

本気で何かに取り組む心構えがなければ、
人の心を動かす仕事はできません。

そんなメッセージを真摯に受け止め、
自分自身のやる気のエネルギーを呼び覚ませる子だけが、
どんどん上達していくのです。

最後に試されるのは、「本気」と「やる気」なんですね。

 11月23日(月・祝)13:00〜 幾多のJ-popアーティストのレッスンを手がけてきたMISUMIによる、初のJ-POPバージョンアップセミナー。バージョンUP zoomセミナー / J-POP篇』

 - B面Blog, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, ある日のレッスンから

  関連記事

自分自身のフィードバックシステムを磨く

オープンレッスン12、全6日間の3日目が終了しました。   発声と歌の …

遠慮すんな!

自分の意見をハッキリ言うせいか、 疑問をすぐに口に出すせいか、 はたまた、やりた …

「じっくり聴けない人」の3つの言い訳

歌の上達のポイントは、音源をじっくり聴いて、 そこから可能な限り、たくさんの情報 …

「これでいいのだ」と言い切る勇気。言い切れるまで追い込む努力。

中学時代、先生や英会話部の先輩たちが口々に、 「カーペンターズの英語はきれい」 …

焦燥感や無力感が、 明日の自分をつくるエネルギー

もしも、人間のカラダに、 「歌がうまくなるスイッチ」というものがついているなら、 …

「はい、はい。わかった、わかった。」

「あんた、あんたって、、、んん〜〜っもう、ったくぅ〜〜。 く・・・くやしいぃいい …

オリジナリティ

「オリジナリティにこだわってるんで。」 と、オリジナル曲をやっているバンドや、 …

「ジャストフィット」を探せ!

初めて手に入れたギターは、ピアノのおまけにと、 お店の人がサービスでつけてくれた …

バンドとカラオケは全然違うっ!

カラオケ育ちの若者たちは、バンド内のコミュニケーションが実に苦手です。 &nbs …

アドリブ上達の唯一の方法

「音程感のないアドリブをやるくらいだったら、 素直にストレートメロディだけ歌って …